【途中で次々と別のことを始めて、腰が不安定になった!】からだ言葉セラピーカルテより

すべり症で不安定になった腰を、安定させた言葉

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

《人物》
60代女性、主婦
腰が不安定で歩きづらく、病院で「すべり症」と言われたと悩んでいた

《性格》
器用・機転が利く
アバウト・落ち着きがない

《原因となっている言葉》

「そうだ、あれもしなくちゃ」
何かしていても、ついこの言葉を思って、途中で次々と別のことを始めていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「腰を据えて、一段落させてから、次のことをしている!」
この言葉を20回言って歩いたら、「グラグラしない!」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜、10回以上ずつ言うことを提案しました。
また、「そうだ、あれもしなくちゃ」と思ったら、その都度すぐに、この言葉を3回以上言って、実行もするよう提案しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1週間後の報告で、
「腰がだいぶ安定してきました。歩いていても、前みたいにグラつかない」
と言っていました。

1カ月後には、
「腰が安定して、ちゃんと歩けるようになりました。途中で別のことを始めて鍋を焦がすようなことも、なくなりました」と言っていました。

あなたも「そうだ、あれもしなくちゃ」と思っていたら、

「腰を据えて、一段落させてから、次のことをしている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の腰が、安定しますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【腰痛その6・中途半端に仕事をして腰にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

じわじわと進む腰痛を解消した言葉
8e1d76e86dc656a6d3f6474ed7bf1713_m
《人物》
30代女性、会社員
数か月前からの腰痛が、じわじわとひどくなってきて心配だと悩んでいた

《性格》
おおらか・好奇心旺盛
移り気・無責任

《原因となっている言葉》

「どうせ結婚するまでだから」
婚約が決まってから、この言葉を思って、中途半端に仕事をしていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「腰を据えて仕事を楽しんでいる!」
この言葉を20回言ってもらうと、「もろに痛みが減りました!」と言っていました。

この言葉を、毎日30回以上言うことを提案しました。
特に仕事中にたくさん言うことも、提案しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2週間後の報告で、
「腰は順調に快復しました。時々は多少重たく感じることがあっても、痛くはありません。腰を据えて仕事をするようになって良かったです。浮ついていた毎日が充実しています」
と言っていました。

あなたも「どうせ〇〇までだから」と思って仕事をしていたらいたら、

「腰を据えて仕事を楽しんでいる!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の腰が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【腰痛その5・休み中に仕事のことを考えたら腰にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

痛くて身動きできないギックリ腰を解消した言葉
60e61dbe3a64c2358d0fb708e8a087b6_l
《人物》
50代男性、ビジネスマン
休日にギックリ腰になった。痛くて身動きができないと訴えていた

《性格》
親分肌・情熱的
せっかち・ひとりで抱え込む

《原因となっている言葉》

「休んではいられない」 
この言葉を思って、リーダーとして進めている仕事のことをいつも考えていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「しっかり休息もして、余裕で仕事をはかどらせている!」
この言葉を3分間言いつづけてから、ゆっくり動いてもらうと、「痛いけど動ける。腰が安定してきた」と言っていました。

この言葉を、
その日は寝るまで何度も繰り返し言うこと、
翌日から、回復するまで日に30回以上言うことを提案しました。

また、
休息することを、必要なこと良いことと認める方が、良い仕事をしやすいとアドバイスしました。
51e9c1855de73657546e2159364df86d_l
3日後の報告で、
「不思議です!翌日から動けました。痛みが少しあり不安な気持ちもあったので、ゆっくり動いていましたが、何だかもう大丈夫そうな気がします」
と言っていました。

1週間後に、
「痛みもなく、もとどおり動けて、バンバン仕事をしています。でも休む時は、しっかり休んでますから大丈夫です」
と言っていました。
あなたも「休んではいられない」と思っていたら、

「しっかり休息もして、余裕で仕事をはかどらせている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の腰が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【居場所が無いと思うと、坐骨にくる!】からだ言葉セラピーカルテより

坐骨を楽にした言葉
1978203623a30d47325e3c52703d090d_l
《人物》
50代男性、銀行員
椅子に座ると坐骨が当たって痛く、仕事に支障をきたす

《性格》
穏やか・職人肌
自己評価が低い・頑固

《原因となっている言葉》
「オレの居場所がない」
会社で、家庭で、何かにつけてこの言葉を思っていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「ここが今、オレの居場所だ!」
椅子に座って坐骨の具合を確認してから立ち上がり、この言葉を20回言いました。
そしてまた座ると、「坐骨が前ほど気にならない」と言いました

この言葉を、坐骨が全く気にならなくなるまで、毎日30回以上言うことを提案しました。
b0394c7a7aa62e82dc12c6f16ba17c73_l
1ヶ月後に下記の報告がありました。
「10日ほどたった頃から、坐骨が全く気にならない時間が、急に増え始めました。今、坐骨は何ともないです。このごろ『勢が良い』とか『堂々としてカッコ良い』と、人からよく誉められます」

あなたも「オレ(私)の居場所がない」と思っていたら、

「ここが今、オレ(私)の居場所だ!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の座骨が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【セクシュアリティーの否定が腰にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

最悪な腰を活性化した言葉
52932367b0778c4943a7f843a77e33e7_l
《人物》
50代男性 ビジネスマン
腰の調子が悪くて、何をしても今まで通りにいかないと、嘆いていた。

《性格》
男性的・ロマンチスト
過去にこだわる・自信がない

《原因となっている言葉》

「衰えてきた」
自分が男性として衰えてきたと思い、何かにつけこの言葉を思って嘆いていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「増す増すいい男になっている!」
この言葉を20回言ってもらうと、「腰のあたりがポカポカしてきた!」と言っていました。

この言葉を、毎日30回以上言うことを提案しました。
男性として衰えたと思ったときは、この言葉を直ぐに3回以上言うことも、提案しました。

☆女性の読者の方は、「いい男」を「いい女」にかえて、活用してくださいね。
a84152e392991bd1e454c573db801589_l
1週間後の報告で、
腰の重苦しさが減ってきました。
徐々にですが、腰を気にせず動けるようになってきたので、嬉しいです。
と言っていました。

1ヶ月後の報告で、
ほとんど腰は気にならなくなりました。
変な腰痛も起きなくなったし、スムーズに動けて快適です。
女の子に姿勢が良くなってカッコイイと言われました。
気分いいですよー。つづけます!
と言っていました。

あなたも「衰えてきた」と思っていたら、

「増す増すいい男(女)になっている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の腰が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【自分の居場所じゃないと思ったらヘルニアに!】からだ言葉セラピーカルテより

ヘルニアと診断された腰を癒した言葉
848801950b89300450c1cd97f2f18e8c_l
《人物》
30代男性、ビジネスマン
腰が不安定で痛み、ヘルニアとの診断も受けていた。

《性格》
観察力がある・理想が高い
愚痴っぽい・環境依存

《原因となっている言葉》

「自分の居るとこじゃない」
会社でいつもこの言葉を思っていました。

《セラピーで処方した言葉》

「今、自分にベストなとこに居る!」
この言葉を20回言ったところ、「腰がしっかりした気がする」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜、10回以上ずつ言うことを提案し、
会社にいる時は、常にこの言葉を思っていると良いと、アドバイスしました。
3fd1cffd6104c7a13445ff7f2e51d116_l
その後の報告で、
「腰の痛みは1週間ほどでだいぶ減り、その頃から腰も安定してきました。病院にも通っていますが、回復がすごく早いとビックリされています!」
と言っていました。

あなたも「自分の居るとこじゃない」と思っていたら、

「今、自分にベストなとこに居る!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の腰が、楽になりますように !
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【自信をなくして腰にきた!】 からだ言葉セラピーカルテより

ひどい腰痛を解消した言葉
901fa952e799c0ac45d8bebdfbbcdc91_l
《人物》
40代男性、管理職
2ヵ月ほど前からの腰痛がひどくなり、腰を守りながら、やっと歩いていた

《性格》
真面目・責任感が強い
自分を責める・後悔する

 

《原因となっている言葉》

「ぜんぜん自信がなくなってしまった、、、」
2ヶ月前のある出来事をきっかけに、自信を無くしてていました。

 

《セラピーで処方した言葉》

「自信満々で総てチャンスにしている!」

この言葉を10回言うと、
「変だな、急に楽になってきた。今までより腰を気にせずに歩ける」と言いました。

腰の痛みが消えるまで、この言葉を毎日朝昼夜10回以上ずつ言うことを、提案しました。
ふと「ぜんぜん自信がなくなってしまった、、、」と思った時には、すぐに3回以上言うことも提案しました。
d990ca634ec73e84b2c89effe7f30b38_l
2週間後の報告で、
「あの日、夜寝るまで、言葉を繰り返しずっと言っていました。翌日は腰痛があまり気にならなくなっていました。それ以後も言われた回数以上は言ったと思います。3日ほどでほとんど気にならなくなりました。今のところ腰痛は出ていません」と言っていました。

あなたが「ぜんぜん自信がなくなってしまった、、、」と思っていたら、

「自信満々で総てチャンスにしている!」って、言ってくださいね。

あなたの腰が楽になりますように !

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。
ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
但し、一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちらから

からだ言葉セラピーとは

【仕事に消極的だったのが、ギックリ腰にでていた!】 からだ言葉セラピーカルテより

5年来のぎっくり腰を解消した言葉
3a9171252ce564a9617f0d2d54964139_l
《人物》
30代男性エンジニア
腰の具合が悪くて、5年ほど前から、たびたびぎっくり腰になっていた

《性格》
家族思い・がまん強い
消極的・受け身

 

《原因となっている言葉》

「仕事をしたくない」でした。
会社にいても休みの日でも、何かにつけてこの言葉を思っていたのです。

 

《セラピーで処方した言葉》

「仕事をするのが嬉しい!」

この言葉を、その場で20回言ってもらいました。
それだけで、少し楽になって、腰を気にせず歩けると言われました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3か月後に聞いたところ、「言葉を言い始めてからは、ぎっくり腰になっていない。仕事をしたくないことは今もあるが、前よりはずっと積極的な気持ちが出てきたと思う」との報告をいただいています。

 

あなたが「仕事をしたくない」という言葉を思っていたら、

「仕事をするのが嬉しい!」って、言ってくださいね。

あなたの腰が楽になりますように !

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。
ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
但し、一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちらから

からだ言葉セラピーとは

【腰痛その3・職場がイヤで腰痛がでた!】 からだ言葉セラピーカルテより

数年来の腰痛を解消した言葉
769f2327358198ebbd890161ec7205b3_l
《人物》
20代女性、販売員
しょっちゅう腰が痛くなる。何もしていないのに。と訴えていた

《性格》
よく気づく・夢を大事にする
欠点に目がいく・完璧主義

《原因となっている言葉》

「この会社イヤ!」

職場で、ことあるごとに、この言葉を思っていたのです。

《セラピーで処方した言葉》

「この会社大好き」

この言葉を、その場で20回言ってもらいました。
それだけで、腰痛が少し楽になったと言われました。

(「この会社」の部分を「会社の固有名詞」や「このお店」「このクラブ」「この教室」など、ご自身が普段呼んでいる職場の呼び名にかえて活用して下さい)

c2169e78659fe08c55601a6e53be91f5_l
その日に、50回以上言ってもらったところ、その日のうちに腰痛は半分以下になったとのことです。

「それ以後も毎日、通勤中に言いつづけて、腰痛はなくなり、
職場の良いところに気づくようになって、仕事のやりがいが出てきた」との報告をいただいております。

 

あなたが「今の職場がイヤ!」という言葉を思っていたら、

「今の職場が大好き」って、言ってくださいね。

あなたの腰が楽になりますように !

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。
ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
但し、一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちらから

からだ言葉セラピーとは

【仕事に不安があると腰にくる!】 からだ言葉セラピーカルテより

ひどいぎっくり腰が、その場で歩けるようになった言葉
9b577c64fa8b89738cdf3c2ca32928c4_l
《人物》
30代女性、イベント運営業
仕事中にぎっくり腰

《性格》
責任感が強い・働き者
自信がない・あわて者

 

《原因となっている言葉》

「仕事、続けられるかな」

仕事中、たびたびこの言葉を思って、仕事に不安を抱いていました。
(この方の場合は特に、重い物を持ったり、体力的に疲れを感た時)

 

《セラピーで処方した言葉》

「仕事を楽々続けている!」
この言葉を、その場で30回言ってもらいました。

自力で立つことも歩くこともできず、支えられてやっと来院した方が、
言葉を言った後、ゆっくり立ち上がり、3メートルほど歩きました。

1ef26c53660c8cedc23f4e643e027743_l

セラピーでは、以下の提案をしました。

① 今から、この言葉を寝るまで繰り返し思い続ける
② 朝、起き上がる前や、動く前に言葉を10回ずつ思う
③ 職場に行く前、仕事をする前、仕事中も、この言葉をなるべくたくさん思う

5日後の報告では、

「翌日は痛みが3分の1以下になって、ゆっくり歩けるようになました。
それ以後も言いつづけたら、3日後には痛みもすっかり消えました。
今はもう元通りガンガン働いてます!」

と言っていました。

あなたが「仕事、続けられるかな」という言葉を思っていたら、

「仕事を楽々続けている!」って、言ってくださいね。

あなたの腰が楽になりますように!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。
ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
但し、一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちらから

からだ言葉セラピーとは