【限界を感じていたら気が遠くなった!】からだ言葉セラピーカルテより

気をとり戻した言葉
4e7526dadfc2f15d0bd0b8990d0bcc67_m
《人物》
40代女性、商店経営
洗濯物を干すなど、上を向くと気が遠くなり、時には気を失いそうになると悩んでいた

《性格》
理想を持っている・優秀
自己評価が低い・人と比べる

《原因となっている言葉》

「上を見たらキリがない」
自分に限界を感じていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「自分は何でもできるから、楽に望みを叶えている!」
この言葉を10回言うと「今までより長い時間、上を向いていても大丈夫だ」と言っていました。

下記の3つの提案をしました。
① この言葉を、毎日20回以上言うこと
②「上を見たらキリがない」と思ったらすぐ、この言葉を3回以上言うこと
③ 上を向く時は、この言葉を3回以上言ってから向くこと
fea248b657923b101a8e871bb5e47a59_l
10日後の報告で、
「昨日、電球を取り替えようと思って上を向いたら、何ともないのでビックリしました」と言っていました。

あなたも「上を見たらキリがない」と思っていたら、

「自分は何でもできるから、楽に望みを叶えている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の気が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【迷いが足首にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

捻挫した足首を快復させた言葉
b9b669d733653ee22d9ded9516379ee4_l
《人物》
20代男性、会社員
もともと不安定でだった左足首を捻挫して、いつまでも治らないと嘆いていた

《性格》
感性豊か・慎重
優柔不断・リスクを恐れる

《原因となっている言葉》

「うまくいかなかったら、めげるよなぁ」
フラれることをつい考えてしまい、彼女に対する行動に迷いが生じていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「思ったことを実行して、最高にうまくいっている!」
この言葉20回言うと「足首がジワジワして気持ちが良い」と言っていました。

この言葉を、足首が安定して歩けるようになるまで、毎朝、昼、夜に10回以上ずつ言うことを提案しました。
749cd011d4582f9b1ab742be8673911e_l
1週間後の報告で、
「翌日から、足首の腫れが引きました。今は、サポーターをしっかり着ければ、痛みもさほど感じないでゆっくり移動できます」と言っていました。

1ヶ月後、
「普通に歩けるようになりました。彼女ともうまくいっています。行動に迷うことも減ったので良かったのだと思います」と言っていました。

あなたも「うまくいかなかったら、めげるよなぁ」と思っていたら、

「思ったことを実行して、最高にうまくいっている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の足首が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【してもらえないと思っていたら、人差し指が痺れた!】からだ言葉セラピーカルテより

人差し指の痺れを解消した言葉
4507bc863af5c62d67194eb74f1a251f_l
《人物》
50代女性、自由業
人差し指が変だと思ったら、痺れて感覚がなくなっていたと訴えていた

《性格》
奥ゆかしい・辛抱強い
ハッキリ言わない・八方美人

《原因となっている言葉》

「何でしてくれないの」
頼んだことはもとより、当然してもらえると思ったことも、してもらえず苛立っていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「必要なことは直ぐしてもらっているからよい!」
この言葉を10回言うと「痺れが減って、指の感覚が戻ってきた」と言いました。

この言葉を、毎日30回ずつ言うことを提案しました。
3f0969d1237525e6f99ded600b7e8be0_l
1週間後の報告で「人差し指の痺れは消えました」と言っていました。

あなたも「何でしてくれないの」と思っていたら、

「必要なことは直ぐしてもらっているからよい!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の人差し指が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【後ろ髪を引かれる思いで、後頭部が薄くなった?!】からだ言葉セラピーカルテより

後頭部の髪を復活させた言葉
d7df797651901df5966027a0d0cb7973_l
《人物》
40代男性、商社マン
海外に赴任して元気でやっている。後頭部がずい分薄くなったと言われて気にしている。と言っていた

《性格》
優しい・責任感がある
心配性・人を蔑む

《原因となっている言葉》

「残して来ちゃったけど大丈夫かな」
独り暮らしの母親を、後ろ髪をひかれながら、本国に残してきていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「母のためにもよかったと確信し、安心して大活躍している!」
この言葉を10回言うと「特に変化はないけれど、言葉を言うと嬉しくなる」と言っていました。

この言葉を毎日20回以上言うこと、
「残して来ちゃったけど大丈夫かな」と思ったら、即この言葉を3回以上言うことを、
提案しました。

※この言葉は、
「母」を「両親、父、妻、子供」などなどにかえても、活用できます。
3cb4ce68f69c86187807624e3f07d379_l
1ヶ月後の報告で、
「後頭部の髪が、少し濃くなってきたと言われました。母はすごく元気にやっているようです。安心して仕事に専念しています」と言っていました。

あなたも「残して来ちゃったけど大丈夫かな」と思っていたら、

「母のためにもよかったと確信し、安心して大活躍している!」と言ってくださいね。
(「母」を「両親、父、妻、子供」などなどにかえても、活用できます)

あなたとあなたの大事な人の後頭部が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【自主性を欠いたら首のつけ根にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

顔を前に出すと痛む首のつけ根を癒した言葉
d9c1c39165dcbf503be344067978f860_l
《人物》
30代女性、団体職員
顔を前に出そうとして首を伸ばすと、首のつけ根に痛みが走ると訴えていた

《性格》
真面目・仲間を大事にする
自己評価が低い・依存心が強い

《原因となっている言葉》

「皆に遅れないようにしなくちゃ」
皆についていこうとして、自主性に欠ける傾向がありました。

《セラピーで処方した言葉≫

「自分から皆をリードしている!」
この言葉を10回言うと「今、首のつけ根が動いたような気がした!」と言っていました。

この言葉を毎日30回以上言うことを提案しました。
608e774a7abd3e29be6997d3d603b2fd_l
2週間後の報告で、
「首のつけ根は痛まなくなりました。自分では気づかなかったですが、友達から、姿勢が良くなったと言われました」と言っていました。

あなたも「皆に遅れないようにしなくちゃ」と思っていたら、

「自分から皆をリードしている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の首が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【やり残し感が不眠にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

寝つけない不眠を解消した言葉
1840718fc24dbbd6f21df41ccd5a8409_l
《人物》
40代男性、ビジネスマン
得意な仕事を任されて張り切っていたのに、夜寝つけなくなり、辛いと訴えていた

《性格》
綿密にできる・責任感がある
完璧主義・先を急ぐ

《原因となっている言葉》

「今日中にやっておきたかった」
仕事をやり残したという気持ちを引きずっていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「今日必要なことは、総てやり終えた!」
この言葉を20回言うと「頭と肩が楽になった」と言って大きなあくびをしました。

この言葉を、仕事を終えてから夜寝るまでに、30回ずつ言うことを提案しました。
2915775685798c67fb491ad43be17d98_l
3日後、
「寝つく時間はかわりませんが、言葉を言いながら眠ると、辛さが半分以下です」と言っていました。

1ヶ月後の報告で、
「よく寝つけるようになりました。グッスリ眠れてカラダは楽だし、仕事はもともと好きだし、楽しいです」と言っていました。

あなたも「今日中にやっておきたかった」と思っていたら、

「今日必要なことは、総てやり終えた!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の睡眠が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【手伝えなくて手が冷えた!】からだ言葉セラピーカルテより

氷のような手を温めた言葉
f240b07153be2901a50dcd41f378b26d_l
《人物》
60代女性、ヘルパー
手首から指先まで氷のように冷たくなって、冬が辛いと嘆いていた

《性格》
想像力豊か・きめ細やか
気をつかう・完璧主義

《原因となっている言葉》

「どうしてあげたら良いんだか・・」
相手に気をつかって迷い、手を出しかねていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「自分が良いと思ったことをして、喜ばれている!」
この言葉を10回言うと「あら、さっきとだいぶ違う」と言っていました。

この言葉を毎日20回ずつ言うことと、
手伝う時には、この言葉を思って実行することを提案しました。
ad1ec2dfb7744ecc77fc7228415463fa_l
1週間後の報告で、
「手はまだ少しは冷たいですが、辛いほどではなくなりました。気をつかうストレスも減りました。これからも言葉をつづけます」
と言っていました。

あなたも「どうしてあげたら良いんだか・・」と思っていたら、

「自分が良いと思ったことをして、喜ばれている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の手が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは