【邪魔されていると思ってコレステロール値にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

高かったコレステロール値を下げた言葉
39b66ad322a78ca79a2051f28d37e199_l
《人物》
30代男性、会社員
自覚症状はないがコレステロール値が高いと言われたと訴えていた

《性格》
信念がある・独自性がある
人のせいにする・思い込む

《原因となっている言葉》

「やろうとするといつも邪魔される」
この言葉を思って、やりたいことがスムーズにできないと嘆いていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「いつも協力してもらって、総てがスムーズに運んでいる!」
この言葉を10回言うと「気持が楽になった。肩から背中にかけて暖かい」と言っていました。

この言葉を、毎日20回以上言うこと、
「邪魔されている」と思ったら、直ぐにこの言葉を3回以上言って、気持ちをきりかえることを提案しました。
また、先入観をはずして、本当に邪魔されているのか考えると良いとのアドバイスもしました。
b3efcfa1944b20d2aae8ebc45405b32d_l
1ヶ月後、
「この頃、邪魔されていると思うことが、ずいぶん減ってきました。結局は、できないのを人のせいにしていたんだと思います。そう思いだしてから、いろんなことがスムーズにいくようになりました。」と言っていました。

その後、
「会社の健康診断で、今年はコレステロール値が正常でした」と言っていました。

あなたも「やろうとするといつも邪魔される」と思っていたら、

「いつも協力してもらって、総てがスムーズに運んでいる!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の血管が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【許せなくて後頭部にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

後頭部の不快な鈍痛を解消した言葉
cab5756544b2f5e32b4c0074980038d7_l
《人物》
40代女性、編集者
後頭部に重く不快な鈍痛があり、何をしても治らないと嘆いていた

《性格》
正義感がある・理論的
被害者意識が強い・執着心が強い

《原因となっている言葉》

「絶対許せない」
過去にあったことを、思い出しては憤っていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「そのことを価値ある学びと考えて、寛大に許している!」
「絶対許せない」と思っていることをイメージして、この言葉を10回言うと「頭がすごい軽くなった」と言っていました。

この言葉を、毎日30回以上言うことと、
出来事を思い出すたびに、この言葉を3回以上言うことを提案しました。
e980887a5871fab259f882c691eec796_l
1週間後、
「ウソのように頭がスッキリしました」と言っていました。

あなたも「絶対許せない」と思っていたら、

「そのことを価値ある学びと考えて、寛大に許している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の後頭部が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【身につかない焦りが激痩せにきた!】からだ言葉セラピーカルテより

激やせにストップをかけた言葉
5dbbb4a07aefa9ffdb92cd207f48e410_l
《人物》
40代男性、ビジネスマン
体重が急に減りだし止まらない。原因が解らず心配だと訴えていた

《性格》
自分に厳しい・優秀
人と比べる・結果にこだわる

《原因となっている言葉》

「いつまでやっても、こんなんじゃダメだ」
やっていることが、なかなか身につかないと、焦っていました。

※このケースでは「身につかない焦り」で痩せましたが、
逆に太るケースもありますので参考にしてください。

《セラピーで処方した言葉≫

「最適なペースで、必要なことを総て身につけている!」

「いつまでやってても、こんなんじゃダメだ」と思っていることをイメージして、この言葉を20回言うと、
「カラダの芯が温かくなってきた。みぞおちやお腹の中も」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜、に10回ずつ言うことと、
「いつまでやってても、こんなんじゃダメだ」と思ったら直ぐに、この言葉を3回以上言うことを提案しました。
e56954b212ec533097a2b3fdcdd0e170_l
10日ほど経って、
「体重が減るのは、どうも止まったようです」と言っていました。

1ヶ月後の報告で、
「体重は元に戻って、良い感じでキープしています」と言っていました。

あなたも「いつまでやっても、こんなんじゃダメだ」と思っていたら、

「最適なペースで、必要なことを総て身につけている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の体重が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【上を望むのを諦めたら首にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

上を向けなかった首の痛みを解消した言葉
ba7323cc4950bc6076a2e16b2839861e_l
《人物》
20代女性、会社員
首を反らすと痛くて上を向くのが辛いと訴えていた

《性格》
家庭的・奥ゆかしい
憶病・保守的

《原因となっている言葉》

「私はせいぜいこんなモンだから」
この言葉を思って、上を望むのを諦めていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「自分は能力があるから、上を望んで当然だと納得している!」
この言葉を10回言うと「上を向いても首が痛くない」と言っていました。

この言葉を、毎日30回ずつ言うことを提案しました。
8645d4330a27220a09c1513bdfe7f92c_l
1週間後の報告で、
「翌日、首の痛みは気にならなくなり、翌々日には消えました。肩凝りも楽になりました。望んでいること、諦めずに頑張ります」と言っていました。

あなたも「私はせいぜいこんなモンだから」と思っていたら、

「自分は能力があるから、上を望んで当然だと納得している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の首が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【おおっぴらにできない過去が、肛門の皮膚にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

肛門の皮膚の炎症を解消した言葉
a04a2e52baffd871297e6aba84f15c9f_l
《人物》
20代男性、会社員
肛門のまわりの皮膚が、炎症を起こしてヒリヒリ痛いと悩んでいた

《性格》
気づかいができる・慎重
常識的・取り繕う

《原因となっている言葉》

「おおっぴらにしたらマズいよな」
過去の或ることがオープンにできず、ぎこちない気持ちで人と接していました。

《セラピーで処方した言葉≫

「総て公然のことと考えて、自由に人と接している!」

「おおっぴらにしたらマズいよな」と思うことをイメージして、この言葉を20回言うと「お尻のヒリヒリ感が薄れた。肛門も楽だし、何だか背中も楽だ」と言っていました。

この言葉を毎日30回以上言うことを、提案しました。
8e6815aadbf9804fa84c4ece6006d325_l
1週間後、
「肛門の皮膚の炎症は消えました」と言っていました。

あなたも「おおっぴらにしたらマズいよな」と思っていたら、

「総て公然のことと考えて、自由に人と接している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の肛門が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【情報収集にハマって耳鳴りにでた!】からだ言葉セラピーカルテより

耳障りな耳鳴りを解消した言葉
f8f68ead1993c08a92fc60906608dd24_l
《人物》
30代女性、会社員
新しい部署にきてから耳鳴りがするようになり、人の話が聞き取りづらいと悩んでいた

《性格》
綿密・優秀
完璧主義・ずるい

《原因となっている言葉》

「何!?」
自分の知らないことがあるのがイヤで、情報を集めようと聞き耳を立てていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「必要な情報は入ってくる!」
この言葉を10回言うと「耳の奥の方の、頭の中が動いている」と言っていました。

この言葉を、1日に30回以上言うこと、
特に職場にいる時には、たくさん言うことを、提案しました。
1b5fcfbdd7f17aa436565c1a14d508c4_l
1週間後、
「3日ぐらいで耳鳴りは収まりました。人の話は気にならなくなって、仕事に集中できます」と言っていました。

あなたも「何!?」と思っていたら、

「必要な情報は入ってくる!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の耳が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【腰痛その11・力量不足を嘆いて腰痛にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

腰の中心部の痛みを解消した言葉
a64399b1b10006dbaf913274fdd51c03_l
《人物》
40代男性、会社員
腰の中心部に慢性的な痛みがあり、カラダをしゃんとするのが辛いと訴えていた

《性格》
真面目・努力家
自己評価が低い・悲観的

《原因となっている言葉》

「自分のチカラじゃ、とても支えられない」
何かにつけてこの言葉を思い、自分の力量不足を嘆いていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「充分な力量で総てを楽に支えている!」
この言葉を10回言うと「ウエストのあたりが楽になってきた。椅子にもたれなくても辛くない」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜、10回以上ずつ言うことを提案しました。
また、力量不足を感じた時には、即この言葉を3回以上言うことも提案しました。
fe532eedf7f563be9114d0e19b1f1282_l
1ヶ月後の報告で、
「1週間ほどは、言葉を言った後だけ腰が楽で、直ぐ元に戻っていました。2週間目から、普段でも腰が楽な時間帯が増えてきました。今は腰痛が気になることは、ほとんどありません。痛みの度合いも出る頻度も、前と比べると15%ぐらいの感じです」と言っていました。

あなたも「自分のチカラじゃ、とても支えられない」と思っていたら、

「充分な力量で総てを楽に支えている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の腰が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【欲しいのに貰わなかったら手首にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

外側にひねると痛かった手首を癒した言葉言葉
18abb4306cdb7f65794d5a9e8aa8e154_l
《人物》
50代女性、主婦
朝起きたら、手首が痛くて外側にひねれず、仕事ができないと嘆いていた

《性格》
奥ゆかしい・思慮深い
本音を言わない・諦める

《原因となっている言葉》

「ほんとは欲しかったのに貰わなかった」
この言葉を思って後悔していました。

《セラピーで処方した言葉≫

「今回は貰うのをやめて良かったと思って、今後は要るものを素直に貰っている!」
この言葉を10回言うと「ひねっても全然痛くない!」と言っていました

この言葉を、手首に痛みが出なくても、毎日20回以上3日間、言うことを提案しました。
また「要るものを素直に貰うこと」を、実行するよう提案しました。
cf06ba2b8d5cc87fb9927315d57f1451_l
3日後の報告で、
「手首は快調です。背中の凝りまで取れました」と言っていました。
と言っていました。

あなたも「ほんとは欲しかったのに貰わなかった」と思っていたら、

「今回は貰うのをやめてよかったと思って、今後は要るものを素直に貰っている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の手首が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【嫌悪のまなざしが、顔面の痙攣にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

頬から目にかけて、顔面の痙攣を解消した言葉
553fb038a62c188c10e86adad14a5b77_l
《人物》
50代男性、公務員
左頬から左目にかけて痙攣が起き、強さも頻度も増していると悩んでいた

《性格》
敏感・我慢強い
好き嫌いが激しい・気が弱い

《原因となっている言葉》

「イヤな女だ」
この言葉を思って、異性に嫌悪のまなざしを向けていました。

※このケースのように
相手が女性の場合は、左側に痙攣が起きますが、
相手が男性の場合は、右側に痙攣が起きます。

《セラピーで処方した言葉≫

「相手の良いところを認めて微笑んでいる!」
この言葉を10回言うと「左の頬骨のあたりがジワァっとしている」と言っていました。
「イヤな女だ」と思う相手をイメージしてさらに10回言うと「左の目玉や頬っぺたの肉が動いているみたいで変だ」と言っていました。

この言葉を、毎日30回ずつ言うことと、
「イヤな女だ」と思ったら直ぐに3回以上言うことを提案しました。
4f0d52739abdfb4481a9cf9e57f6d497_l
1週間後の報告で、
「痙攣の起きる回数は3割りぐらいに減り、痙攣の強さは半分ほどになりました」と言っていました。

1ヶ月後の報告で、
「痙攣は2週間ほどで気にならない程度になり、今は起きていません。相手に対する嫌悪感も、気づくたびに言葉を言っていたら、なくなってきました」と言っていました。

あなたも「イヤな女だ(イヤな男だ)」と思っていたら、

「相手の良いところを認めて微笑んでいる!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の顔面が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【いろいろ考え過ぎて髪にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

まとまらなかった髪をまとめた言葉
0ea25d7c2d7dba7767481d8558abafe7_l
《人物》
40代女性、地域活動家
朝、髪を整えようとしても上手くまとまらず、出がけの準備に時間がかかると嘆いていた

《性格》
聡明・計画的
考え過ぎる・せっかち

《原因となっている言葉》

「いろいろあり過ぎて、まとまらない」
この言葉を思って、考えをまとめられずに焦っていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「落ち着いて考え、最適にまとめている!」
この言葉を、10回言うと「気持ちが落ち着きました」と言っていました。

この言葉を、毎夜20回ずつ言うことと、「いろいろあり過ぎて、うまくまとまらない」と思ったら、すぐに3回以上言うことを提案しました。
ceb2100adb0c437da83c065311d02092_l
3日後の報告で、
「不思議なことに、あんなにまとまりが悪かった髪が、翌日からまとまるようになりました」と言っていました。

1週間後の報告で、
「髪はちゃんとまとまっています。考えも、まとまりやすくなりました」と言っていました。

あなたも「いろいろあり過ぎて、まとまらない」と思っていたら、

「落ち着いて考え、最適にまとめている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の髪が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは