【腰痛その11・力量不足を嘆いて腰痛にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

腰の中心部の痛みを解消した言葉
a64399b1b10006dbaf913274fdd51c03_l
《人物》
40代男性、会社員
腰の中心部に慢性的な痛みがあり、カラダをしゃんとするのが辛いと訴えていた

《性格》
真面目・努力家
自己評価が低い・悲観的

《原因となっている言葉》

「自分のチカラじゃ、とても支えられない」
何かにつけてこの言葉を思い、自分の力量不足を嘆いていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「充分な力量で総てを楽に支えている!」
この言葉を10回言うと「ウエストのあたりが楽になってきた。椅子にもたれなくても辛くない」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜、10回以上ずつ言うことを提案しました。
また、力量不足を感じた時には、即この言葉を3回以上言うことも提案しました。
fe532eedf7f563be9114d0e19b1f1282_l
1ヶ月後の報告で、
「1週間ほどは、言葉を言った後だけ腰が楽で、直ぐ元に戻っていました。2週間目から、普段でも腰が楽な時間帯が増えてきました。今は腰痛が気になることは、ほとんどありません。痛みの度合いも出る頻度も、前と比べると15%ぐらいの感じです」と言っていました。

あなたも「自分のチカラじゃ、とても支えられない」と思っていたら、

「充分な力量で総てを楽に支えている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の腰が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【坐骨その2・生活を共にするのがイヤで座骨にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

坐骨神経痛を解消した言葉
8ff41410b986ce887391f2da0015c9cb_l
《人物》
40代男性、サラリーマン
尾てい骨のあたりや、臀部の中の方に痺れるような痛みがあり、座っていると特に辛い

《性格》
外向的・ロマンチスト
無精・大ざっぱ

《原因となっている言葉》

「一緒に住みたくない」
妻に窮屈を感じて、生活を共にするのがイヤになってきていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「ゆったり腰を据えて、一緒に住むのが最高に楽しい!」
相手をイメージして、この言葉を20回言うと、「カラダ全体がほぐれてきた。特に腰から太ももの裏にかけて血の循環が良くなったような感覚がある」と言っていました。

この言葉を、毎朝昼夜に10回ずつ言うことを提案しました。
8189d477a94dca4367b7b63492314108_l
1ヶ月後の報告で、
「坐骨の痛みは、ほとんど無くなりました。それでも時々は、痛くなりかけるのですが、言葉を何度も言っていると収まります。妻とは積極的に関わるようにして、うまくいき始めたので、一緒にいても楽しくなってきました」と言っていました。

あなたも「一緒に住みたくない」と思っていたら、

「ゆったり腰を据えて、一緒に住むのが最高に楽しい!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の坐骨が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【いつまで経っても同じという思いが、立っている時の腰に痛みに!】からだ言葉セラピーカルテより

原因不明の腰痛を解消した言葉

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
《人物》
40代男性、アスリート
立っていると腰が痛むが、原因が解らないと悩んでいた

《性格》
向上心がある・自分に厳しい
順応性がない・一面的に捉える

《原因となっている言葉》
 
「自分は、いつまで経っても同じだ」
同じところに立ち止まって進歩せずにいると、自分を責めていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「ベストなペースで確実に進歩しつづけている!」
この言葉を10回言って立ち上がると「あれ、変だ。さっきまで痛かったのに」と言っていました。

この言葉を毎日30回以上言うことを提案しました。
cb8a1e8fe69b9bef6ef8c645f643721e_l
1週間後の報告で、
「ウソみたいに、すっかり良くなりました。足が軽くて、歩いていても気分がいいです」と言っていました。

あなたも「自分は、いつまで経っても同じだ」と思っていたら、

「ベストなペースで確実に進歩しつづけている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の足腰が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【女性としての自信の無さが、左足腰にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

不安定な足腰を安定させた言葉
1eb6abe301cd0583bb7d9aeeb5b37f94_l
《人物》
40代女性、会社員
左の足腰が不安定で、左足に荷重するとよろけると悩んでいた

《性格》
奥ゆかしい・女らしい
考え方が画一的・自己否定的

《原因となっている言葉》

「私は女としてダメだ」
何かにつけてこの言葉を思い、女性としての自信の無さが、おどおどした行動にも出ていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「女性として自信をもって、行動している!」
実際に左右の足腰の安定感をチェックしてから、この言葉を10回言うと、「左右の差が少し減った」と言っていました。

この言葉を普段も意識することと、毎日30回以上言うことを提案しました。

※なお、男性が「男としてダメだ」と思うと、右側に症状が出ます。
9e8c13f1157081d539d3eea756571314_l
1ヶ月後の報告で、
「この言葉を言っていると、気分も安定します。普段の生活で、左足腰の不安定感は、前ほど気にならなくなりました。趣味のフラダンスでは、バランスが良くなったと誉められました。発表会が楽しみです」
と言っていました。

あなたも「私は女としてダメだ」と思っていたら、

「女性として自信をもって、行動している!」と言ってくださいね。
男性の方は、大事な人に教えてあげてくださいね。

あなたとあなたの大事な人の足腰が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【うまく行動できない苛立ちが足腰の痺れにでた!】からだ言葉セラピーカルテより

腰から足にかけての痺れを解消した言葉
5b286ded5226e250e668093fca4f3576_l
《人物》
50代男性、自治体職員
腰から足にかけての痺れが気になるが、原因が解らないと悩んでいた

《性格》
律儀・配慮がある
引っ込み思案・自己卑下する

《原因となっている言葉》

「自分だけ変だ」
周りと同じ行動ができないことで、皆の足を引っ張っていると思い、苛立っていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「自分らしく行動して、皆を先導している!」
この言葉を10回言うと「さっきまでの痺れは消えた」と言っていました。
さらに10回言うと「腰から下が暖かい。特に右足が暖かい」と言いました。

この言葉を毎朝、昼、夜に10回ずつ言うことを提案しました。
b210fd4a9a0a4e5f42982eff7b96596d_l
1週間後には「痺れを感じている時間が短くなりました。今までの半分ぐらいです」との報告がありました。

3週間後には「痺れを感じている時間が、ほとんど無くなりました。痺れた時には言葉を言うと消えます。言葉のおかげでしょうか、結構リーダーシップがとれるようになって、皆の役にも立っています」と言っていました。

あなたも「自分だけ変だ」と思って、周りと同じ行動ができないことに苛立っていたら、

「自分らしく行動して、皆を先導している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の足腰が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【腰痛その8・信頼関係が持てなくて腰にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

慢性的な腰痛を解消した言葉

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
《人物》
50代女性、自社経営
慢性的に腰痛があり、痛みが増してきて辛いと訴えていた

《性格》
自分の世界がある・想像力豊か
権威主義・憶病

《原因となっている言葉》

「深く関わらないでおこう」
この言葉を思って、人との信頼関係を持たずにきました。

《セラピーで処方した言葉≫

「自分も相手も信頼して関わっている!」
この言葉を10回言うと「あら、腰が楽だわ」と言いました。さらに10回言うと「腰も楽ですが、心に響きます」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜に10回以上ずつ言うことを、提案しました。
9e5a68cbaf2622bf28d11cedada33061_l
1週間後に、
「腰は楽です。痛みが来ることはありますが、そのつど言葉を何度も言っていると、おさまります」と言っていました。

1ヵ月後に報告があり、
「腰は楽です。辛い痛みは来なくなりました。何となく腰が気になる時はありますが、言葉を言って解消できています。言葉のせいか、人間関係が良くなってきて楽です」
と言っていました。

あなたも「深く関わらないでおこう」と思っていたら、

「自分も相手も信頼して関わっている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の腰が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【本音をため込んだら、お腹まわりに脂肪がたまった!】からだ言葉セラピーカルテより

お腹まわりを細くした言葉
09253e551175db7fbdad7ee2de9c4c25_l
《人物》
50代女性、ヘルパー
お腹まわりに脂肪がつき始めて、それが止まらないと悩んでいた

《性格》
考えがハッキリしている・配慮がある
保身が強い・八方美人

《原因となっている言葉》

「おとなしくしとこ」
新しく仕事に就いてから、この言葉を思って人に遠慮し、本音を言わずにため込んでいました。

《セラピーで処方した言葉≫

「スムーズに本音を言って、信頼されている!」
この言葉を10回言うと「お腹のあたりが、柔らかくなった気がする」と言っていました。

この言葉を、毎日、朝、昼、夜、に10回以上ずつ言うことと、
仕事に行く時や仕事中も、この言葉を意識して本音を言うと良いと、提案しました。
186d5287ea822bb78fddfb705a1e3857_l
1ヶ月後に、
「ウエスト2センチ減りました!本音を言って信頼されてます。この調子でやって行きます」と言っていました。

あなたも「おとなしくしとこ」と思っていたら、

「スムーズに本音を言って、信頼されている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人のお腹まわりが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【腰痛その7・家族思いが腰にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

午後にひどくなる腰痛を解消した言葉
3a9171252ce564a9617f0d2d54964139_l
《人物》
40代男性、会社員
腰痛がつづき、特に午後はひどくなる。仕事が忙しいので困っていると訴えていた

《性格》
真面目・配慮ができる
気が散る・自分を後回しにする

《原因となっている言葉》

「もっと大事にしたいのに」
仕事に時間を取られて、家族を大事にできないと、自分を責めていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「家族を充分に大事にしている!」
この言葉を10回言うと「腰が楽になってきた」と言いました。
さらに10回言うと「楽だ!腰だけでなく肩も楽だ」と言いました。

※「〇〇したい」という言葉を思うと、
「今は〇〇できていない」というマイナスの思いを作ります。

この言葉を毎朝、昼、夜に10以上回ずつ言うことを提案しました。
b5a2ab009c6f96105ebfb749ad3ba997_l
1週間後の報告で、
「翌日起きたら、腰の痛みが半減していました。その後波はありますが、3割ぐらいの痛みです」
と言っていました。

1ヶ月後には、
「腰痛はおさまりました。仕事中に家族のことが気にならなくなりました。そのせいで集中力が出たのか、仕事がはかどりました。家族と一緒の時間も増えました」

あなたも「(家族を)もっと大事にしたいのに」と思っていたら、

「家族を充分に大事にしている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の腰が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【途中で次々と別のことを始めて、腰が不安定になった!】からだ言葉セラピーカルテより

すべり症で不安定になった腰を、安定させた言葉

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

《人物》
60代女性、主婦
腰が不安定で歩きづらく、病院で「すべり症」と言われたと悩んでいた

《性格》
器用・機転が利く
アバウト・落ち着きがない

《原因となっている言葉》

「そうだ、あれもしなくちゃ」
何かしていても、ついこの言葉を思って、途中で次々と別のことを始めていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「腰を据えて、一段落させてから、次のことをしている!」
この言葉を20回言って歩いたら、「グラグラしない!」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜、10回以上ずつ言うことを提案しました。
また、「そうだ、あれもしなくちゃ」と思ったら、その都度すぐに、この言葉を3回以上言って、実行もするよう提案しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1週間後の報告で、
「腰がだいぶ安定してきました。歩いていても、前みたいにグラつかない」
と言っていました。

1カ月後には、
「腰が安定して、ちゃんと歩けるようになりました。途中で別のことを始めて鍋を焦がすようなことも、なくなりました」と言っていました。

あなたも「そうだ、あれもしなくちゃ」と思っていたら、

「腰を据えて、一段落させてから、次のことをしている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の腰が、安定しますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【腰痛その6・中途半端に仕事をして腰にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

じわじわと進む腰痛を解消した言葉
8e1d76e86dc656a6d3f6474ed7bf1713_m
《人物》
30代女性、会社員
数か月前からの腰痛が、じわじわとひどくなってきて心配だと悩んでいた

《性格》
おおらか・好奇心旺盛
移り気・無責任

《原因となっている言葉》

「どうせ結婚するまでだから」
婚約が決まってから、この言葉を思って、中途半端に仕事をしていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「腰を据えて仕事を楽しんでいる!」
この言葉を20回言ってもらうと、「もろに痛みが減りました!」と言っていました。

この言葉を、毎日30回以上言うことを提案しました。
特に仕事中にたくさん言うことも、提案しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2週間後の報告で、
「腰は順調に快復しました。時々は多少重たく感じることがあっても、痛くはありません。腰を据えて仕事をするようになって良かったです。浮ついていた毎日が充実しています」
と言っていました。

あなたも「どうせ〇〇までだから」と思って仕事をしていたらいたら、

「腰を据えて仕事を楽しんでいる!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の腰が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは