【嫌悪のまなざしが、顔面の痙攣にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

頬から目にかけて、顔面の痙攣を解消した言葉
553fb038a62c188c10e86adad14a5b77_l
《人物》
50代男性、公務員
左頬から左目にかけて痙攣が起き、強さも頻度も増していると悩んでいた

《性格》
敏感・我慢強い
好き嫌いが激しい・気が弱い

《原因となっている言葉》

「イヤな女だ」
この言葉を思って、異性に嫌悪のまなざしを向けていました。

※このケースのように
相手が女性の場合は、左側に痙攣が起きますが、
相手が男性の場合は、右側に痙攣が起きます。

《セラピーで処方した言葉≫

「相手の良いところを認めて微笑んでいる!」
この言葉を10回言うと「左の頬骨のあたりがジワァっとしている」と言っていました。
「イヤな女だ」と思う相手をイメージしてさらに10回言うと「左の目玉や頬っぺたの肉が動いているみたいで変だ」と言っていました。

この言葉を、毎日30回ずつ言うことと、
「イヤな女だ」と思ったら直ぐに3回以上言うことを提案しました。
4f0d52739abdfb4481a9cf9e57f6d497_l
1週間後の報告で、
「痙攣の起きる回数は3割りぐらいに減り、痙攣の強さは半分ほどになりました」と言っていました。

1ヶ月後の報告で、
「痙攣は2週間ほどで気にならない程度になり、今は起きていません。相手に対する嫌悪感も、気づくたびに言葉を言っていたら、なくなってきました」と言っていました。

あなたも「イヤな女だ(イヤな男だ)」と思っていたら、

「相手の良いところを認めて微笑んでいる!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の顔面が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【ストレスを誤魔化していたら頭痛が起きた!】からだ言葉セラピーカルテより

突然の激頭痛を癒した言葉
efd74b4ccab6b017917f27b9f8a42a26_l
《人物》
40代男性、会社員
夜中に突然、頭の中の目の奥に激痛が起き、夜も眠れず苦しんでいた。数夜つづいた激頭痛は収まったが、またいつ起きるか不安だと訴えていた

《性格》
我慢強い・円満
目をそらす・感情を抑える

《原因となっている言葉》

「幸せに生きなきゃ損だ」
この言葉を思って現状から目をそらし、無理に明るくしてストレスを誤魔化してきました。

《セラピーで処方した言葉≫

「現状に目を向けて改善し、幸せに生きて得している!」
この言葉を20回言うと「目玉を揉まれているような感じがする」と言っていました。

この言葉を、毎日20回以上言うことを提案しました。
また、この言葉を意識して実行すると良いと、提案しました。
aab391d2de8f4981638ac80b9954c237_l
1ヶ月後、
「今のところ頭痛は起きていません。頭も楽だし不安感もなくなってきました。いろいろありますが、目をそらさずに改善する方が、かえって楽だし幸せかもしれません」と言っていました。

あなたも「幸せに生きなきゃ損だ」と思ってストレスを誤魔化していたら、

「現状に目を向けて改善し、幸せに生きて得している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の頭が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【特別視がマブタにきた!】からだ言葉セラピーカルテより

マブタの腫れとかゆみを解消した言葉
f83474d8bf11533bfd4f0f78a8f78be2_l
《人物》
40代女性、会社員
マブタが腫れて痒くて辛いと嘆いていた

《性格》
向上心がある・協調性がある
嫉妬する・権威に弱い

《原因となっている言葉》

「あの人は特別だから」
上司に認められている同僚を特別視して、自分を下にしていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「自分の価値を認めて、堂々と接している!」

特別視している相手をイメージして、この言葉を10回言うと「目が楽になってきた。マブタがピクピク動いている。痒くなくなった」と言っていました。

この言葉を毎日20回以上言うこと、会社では特にこの言葉を意識することを提案しました。
90677d25276cc413ed1b54677c468349_l
1週間後に、
「翌日、マブタの痒みは半分以下になり、3日ぐらいで消えました。腫れも徐々に収まって、今はさほど気になりません」と言っていました。

あなたも「あの人は特別だから」と思って自分を下にしていたら、

「自分の価値を認めて、堂々と接している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人のマブタが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【涙目その2・ 目を逸らしたら涙目にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

慢性化していた涙目を解消した言葉
3e1f00754c014371589fec362c2515da_l
《人物》
30代女性、家業手伝い
以前からの涙目がひどくなってきて、原因もよく解らず嘆いていた

《性格》
感性豊か・優しい
表面的・偽善的

《原因となっている言葉》

「そんな自分は見たくない」
この言葉を思って、自分の本当の気持ちから、目を逸らしていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「どんな自分もOKだと思って、自分の気持ちを真っ直ぐ見ている!」
この言葉を10回言うと「急に目がハッキリ見えてきた。カラダが暖かい」と言っていました。

この言葉を、毎日20回以上言うことを提案しました。
2e716b182472ce7c526e7c8cd14a6504_l
2週間後の報告で、
「涙目の程度は、今までの30%ぐらいです。涙目になっている時間も半分ぐらいに減ってきました。今まで、いい人ぶっていたことが分かりました。それをやめることにしたら、最初はちょっと辛かったですが、今はその方が楽です」
と言っていました。

あなたも「そんな自分は見たくない」と思っていたら、

「どんな自分もOKだと思って、自分の気持ちを真っ直ぐ見ている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の目が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【蔑みが涙目にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

鬱陶しい涙目を解消した言葉
a5e97acfe2b0846b963a75b863fc23ca_l
《人物》
20代女性、学生
悲しくないのに涙目になり、鬱陶しくて気になってしょうがないと訴えていた

《性格》
優しい・暖かい
自己評価が低い・目先にとらわれる

《原因となっている言葉》

「可哀そう」
何かにつけて、この言葉を思っていました。

*「可哀そう」という言葉には、実は相手を蔑む思考があり、自分のパワーをダウンさせ、相手の足も引っ張ります。
気をつけましょう。

《セラピーで処方した言葉≫

「相手の力量を信頼して、応援している!」
この言葉を10回言うと「鼻の奥が緩んで目がスッキリしてきた」と言っていました。

涙目がおさまるまで、この言葉を毎日30回以上言うことを提案しました。
deedd9107ca1f6e09029d60db58cf65a_l
1ヶ月後に報告があり、
「1週間ほどで、涙目になっている時間が半分ぐらいに減りました。涙の溜る量も半分ぐらいになりました。今はほとんど気になりません。今までの癖で、ふと『可哀そう』と思ってしまうこともありますが、すぐに言葉を言って、きりかえています」
と言っていました。

あなたも「可哀そう」と思っていたら、

「相手の力量を信頼して、応援している!」と言ってくださいね。

なあなたとあたの大事な人の目が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【疑いの目で見たら視野に黒点が現れた!】からだ言葉セラピーカルテより

視野に現れた気になる黒点を消した言葉
98e52837f1be660008f2b37e7fc5149c_l
《人物》
50代男性、店舗経営
視野に黒点が現れ、だんだん大きくハッキリしてきたと訴えていた

《性格》
想像力豊か・多様な考え方ができる
心配性・猜疑心が強い

《原因となっている言葉》

「何か怪しい」
この言葉を思って、ある人を疑いの目で見ていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「信頼のまなざしを向けている!」
この言葉を10回言ってもらうと「目玉の周りがジワジワしてきた」と言っていました。
疑いの目で見ている相手をイメージして、さらに10回言うと「何だか目玉がマッサージされているみたいだ」と言っていました。

黒点が消えるまで、この言葉を、毎朝、昼、夜に10回以上言うことを提案しました。
48235ad285ad94059b9212870f151d8d_l
2週間後の報告で、
「翌朝、黒点が薄くなっていました。黒点は1週間ほど時々出てきましたが、今は出てきません。相手を誤解していたことも分かったので、本当に良かったです」
と言っていました。

あなたも「何か怪しい」と思っていたら、

「信頼のまなざしを向けている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の目が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【下向きな見方が、下まぶたのクマにでた!】からだ言葉セラピーカルテより

下まぶたのクマを解消した言葉
beafd4572f90adfc2dfb22a09e3dcfcd_l
《人物》
30代女性、派遣店員
下まぶたにクマができ、よく眠っても消えないと悩んでいた

《性格》
向上心がある・自分に厳しい
否定的・自己評価が低い

《原因となっている言葉》

「もう最低だ」
何かにつけてこの言葉を思って、自分や状況の否定的なところを見ていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「良くなっているところを見ている!」
この言葉を20回言うと、「下まぶたがピクピク動いてる。目玉の裏側がジワジワしている」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜に10回以上ずつ言うことを提案しました。
また、「もう最低だ」と思った時は、その都度すぐに、この言葉を3回以上言うことも提案しました。
73f5ea4ea5834cd1974c54170b4ebc8e_l
3日後の報告で、
「クマが目立たなくなってきました。言葉を思いながら仕事をしていたら『今日は楽しそうだね』と言われました」
と言っていました。

1週間後、
「クマはほとんど気にならなくなりました。人から『このごろ明るくなった、何かあったの?』と聞かれました」

あなたも「もう最低だ」と思っていたら、

「良くなっているところを見ている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人のまぶたが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【偏った見方が乱視にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

進む乱視の軌道修正をした言葉
f1de0bc3382ccc9a2ec4d0ae8c1307ae_l
《人物》
40代男性、記者
乱視が進み、目の疲れはもとより頭痛や肩凝りにもなると悩んでいた

《性格》
信念がある・準備が良い
決めつける・過去にこだわる

《原因となっている言葉》

「女性はみんな〇〇〇」
この言葉を思って、女性に対して偏った見方をしていました。

「〇〇〇」は→ずるい、冷たい、意地悪だ、裏がある、などなどなど
また、他のことでも、先入観で偏った見方をしがちでした。

 

《セラピーで処方した言葉≫

「先入観を外し、それぞれの良さを見ている!」
この言葉を10回言うと「左目の後ろのあたりが、ジワジワして気持ち悪い」と言っていました。
さらに10回言うと、「目が全体的に楽になってきた」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜、10回以上言うことを提案しました。
また、実際にも、偏った見方をする癖を改善すると良いと提案しました。
27400bf149ae0cb79517cb09f49eafdd_l
2週間後の報告で、
「目の疲れが3割りぐらいになった。頭痛や肩凝りは気にならなくなった」
と言っていました。

半年後に、
「視力検査で、乱視が改善されていることが分かりました。乱視は直らないと聞いていたので驚きました」
と言っていました。

あなたも「□□はみんな〇〇〇」という見方をしていたら、

「先入観を外し、それぞれの良さを見ている!」と言って、実際にもそうしてくださいね。

あなたとあなたの大事な人の目が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【批判的な見方をして目ヤニがたまった!】からだ言葉セラピーカルテより

不快な目ヤニを解消した言葉
29d53e15c4884d805294170014340838_l
《人物》
50代男性、公務員
目ヤニがすごく、不快でしょうがないと悩んでいた

《性格》
正義感がある・良く気づく
攻撃的・人のせいにする

《原因となっている言葉》

「間違っている!」
対抗意識で、何かにつけ人の間違ったところに目がいき、批判的な見方をしていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「味方だと思って見守っている!」
この言葉を20回言うと、「目の不快感が和らいだ気がする」と言っていました。
特に批判的に見ている相手をイメージして、さらに言葉を10回言うと、
「目が楽だ」と言っていました。

この言葉を、毎日20回以上言うことを提案しました。
また、批判的な見方をしていることに気づいたら、この言葉を3回以上言うことを、提案しました。
2c88ffe4c7d271e29c8894b62262d667_l
1週間後の報告で、
「目ヤニはだいぶ少なくなりました。ひどいときの4分の1ぐらいです。それと、目がすごく楽になりました」
と言っていました。

あなたも「間違っている!」と思って、批判的に見ていたら、

「味方だと思って見守っている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の目が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【ドライな見方をしてたら、ドライアイにきた!】からだ言葉セラピーカルテより

カラカラに乾いた目を潤わせた言葉
7ed4c0df79001a354d9d0c1b8f4537d5_l
《人物》
40代女性、公務員
前からドライアイの傾向にあったが、ひどくなってきたと訴えていた

《性格》
サッパリしている・仕事熱心
計算高い・人に無関心

《原因となっている言葉》

「私に関係ない」
自分のことだけ考えて、周りに対してはドライな見方をしていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「潤おった見方をしている!」

この言葉を10回言ってもらうと、「目が楽になった」と言いました。
さらに10回言ってもらうと、「目玉が楽に動かせる」と言いました。

この言葉を、朝、昼、夜に10回以上ずつ言うことを提案しました。
3366663a4ee9351998161448ba236921_l
1週間後に、
「目薬を注さなくても、何とか我慢ができる程度になりました」
と報告がありました。

2週間後に、
「だいぶ楽になりました。まだ少し乾くので、言葉をつづけます」と報告がありました。

あなたも「私に関係ない」と思って、ドライな見方をしていたら、

「潤おった見方をしている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の目が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは