【ストレスを誤魔化していたら頭痛が起きた!】からだ言葉セラピーカルテより

突然の激頭痛を癒した言葉
efd74b4ccab6b017917f27b9f8a42a26_l
《人物》
40代男性、会社員
夜中に突然、頭の中の目の奥に激痛が起き、夜も眠れず苦しんでいた。数夜つづいた激頭痛は収まったが、またいつ起きるか不安だと訴えていた

《性格》
我慢強い・円満
目をそらす・感情を抑える

《原因となっている言葉》

「幸せに生きなきゃ損だ」
この言葉を思って現状から目をそらし、無理に明るくしてストレスを誤魔化してきました。

《セラピーで処方した言葉≫

「現状に目を向けて改善し、幸せに生きて得している!」
この言葉を20回言うと「目玉を揉まれているような感じがする」と言っていました。

この言葉を、毎日20回以上言うことを提案しました。
また、この言葉を意識して実行すると良いと、提案しました。
aab391d2de8f4981638ac80b9954c237_l
1ヶ月後、
「今のところ頭痛は起きていません。頭も楽だし不安感もなくなってきました。いろいろありますが、目をそらさずに改善する方が、かえって楽だし幸せかもしれません」と言っていました。

あなたも「幸せに生きなきゃ損だ」と思ってストレスを誤魔化していたら、

「現状に目を向けて改善し、幸せに生きて得している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の頭が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【頭痛その6・自己評価の低さが頭痛にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

頭を締め付けるられるような痛み解消した言葉

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

《人物》
30代男性、公務員
頭を締め付けられるような痛みがあり、原因が解らないと訴えていた

《性格》

正直・理想を持っている
自分を責める・プライドが高い

《原因となっている言葉》
 
「自分はクズだ」
ある出来事を契機に、何かにつけてこの言葉を思って、自分の価値を貶めていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「自分は最高に価値がある!」
この言葉を20回言うと「頭がすごく楽です。呼吸も楽です」と言っていました。

この言葉を毎日30回以上ずつ言うことと、「自分はクズだ」と思ったら、その後直ぐに3回以上言うことを提案しました。
2
1ヵ月後に報告があり、
「頭痛が起きる回数も痛みの程度も、1週間ほどで半分ぐらいになりました。頑張って言葉を言っていたら、2週間ほどで頭痛がほとんど起きなくなりました。今は頭痛は起きていませんが、言葉を紙に書いて目につくところに貼り、言ったり思ったりしています。契機となった出来事も、自分が良くなるために起きたと、思えるようになりました」
と言っていました。

あなたも「自分はクズだ」と思っていたら、

「自分は最高に価値がある!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の頭が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【頭痛その5・方法が解らない苛立ちで、おでこが痛んだ!】からだ言葉セラピーカルテより

おでこが締め付けられる痛みを、解消した言葉
b581809fe5ee9aa11a907506c7848ea8_l
《人物》
40代男性、パソコン教室経営
おでこが締めつけられるよう痛みが、たびたびあると訴えていた

《性格》
真面目・自信がある
せっかち・知識偏重

《原因となっている言葉》

「どうやって教えりゃいいんだ」
仕事中に、たびたび、この言葉を思って苛立っていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「楽しんで簡単に教えている!」
この言葉を20回言ってもらうと、「おでこが楽だ。目までよく見える」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜、10回以上ずつ言うことを提案しました。
a77dba2fa8ef398353c9d0f25b358c43_l
その後すぐの報告で、
「だいぶ楽になって、前に比べると重苦しさを感じている時間が6割りぐらいに減った。締めつけられる痛みも前ほどひどくないし、起きる回数が減った」
と言っていました。

2週間後の報告で、
「おかげさまで、おでこの痛みも起きずに、楽しんで仕事をしています」と言っていました。

あなたも同じように「どうやって教えりゃいいんだ」と思っていたら、

「楽しんで簡単に教えている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人のおでこが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【頭痛その4・ぜんぜん解らなくて頭にきた!】からだ言葉セラピーカル

原因不明の頭痛を解消した言葉

0a6139ff250583c1c3bad2895b7f1706_l

《人物》
40代男性、会社員
頭がつねに重く、時に締めつけられるような頭痛に襲われる

《性格》
芸術家タイプ・即決力がある
人任せ・自己能力を低くみる

《原因となっている言葉》

「ぜんぜん解らない」
何かにつけて、この言葉を思っていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「全部、解っている!」
この言葉を、1分間繰り返し言ってもらいました。すると、「頭が軽くなった気がする」と言っていました。

この言葉を、1日30回以上言うことと、
「ぜんぜん解らない」と思った時は、その都度すぐに、この言葉を3回以上言うことを提案しました。

また、「ぜんぜん」ということはあり得ないから、
「解っているところ」はどこか「解らないところ」はどこかを、考えてみるとどうかとも提案しました。
a34235f121626ab6a8458a9916f118fd_l
1週間後の報告では、
「頭の重さを感じない時間が増えました。1度だけ頭痛に襲われましたが、前に比べると50%程度のものでした」
と言っていました。

その後の報告で、
「頭が軽くなりました。仕事のストレスも減って、仕事が面白くなってきました。頭痛も起きる前に気がつくようになり、言葉を言うと起きずにすんでいます」と言っていました。

あなたも「ぜんぜん解らない」と思っていたら、

「全部、解っている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の目まいが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【自分をダメだと思うと、頭痛になる!】 からだ言葉セラピーカルテより

15年来の頭痛が解消した言葉
0a6139ff250583c1c3bad2895b7f1706_l
《人物》
40代男性、エンジニア

《性格》
謙虚・向上心がある
自己評価が低い・欠点ばかりみる

 

《原因となっている言葉》

「自分は、なんてダメなんだ」

何かにつけてこの言葉を思って、自分を否定していたのです。

 

《セラピーで処方した言葉》

「自分は能力がある」

何かにつけて、この言葉を言ったり思ったりすること、
特に「自分は、なんてダメなんだ」と思ったら、そのつど「自分は能力がある」と3回以上言うことを提案しました。

「週に2~3回は頭痛になっていた」とのことでしたが、1か月後の報告では、「毎日、朝、昼、晩に、処方された言葉を10回以上言うようになって、ほぼ頭痛にならなくなった」と言っていました。

d149fb4ed3c6bf5ada20b992cbe9f836_l

あなたが「自分は、なんてダメなんだ」という言葉を思っていたら、

「自分は能力がある」って、言ってくださいね。

あなたの頭痛が楽になりますように !

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。
ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
但し、一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちらから

からだ言葉セラピーとは

【悲観的に考えると頭痛になる!】 からだ言葉セラピーカルテより

おでこ(前頭部)の重苦しい痛みを解消した言葉
b00b5dc5071e8066153f20169de11b28_l
《人物》
60代男性、自由業
前頭部の痛みが半年前からつづいていた

《性格》
計画性がある・理想が高い
心配性・悲観的になる

 

《原因となっている言葉》

「この先いったいどうなるんだろう・・・」

先のことを考えるたびに、悲観的になっていました。

 

《セラピーで処方した言葉》

「未来は良いことばかりある!」 

この言葉を、その場で10回言ってもらうと、
おでこが軽くなったと言われました。

さらに10回言ってもらうと、
「ウソみたいだ!すっごく軽い」と言われました。

本気で思えなくても良いから、毎日この言葉を30回以上言うよう提案しました。
2610ff3279b382985c48f10275cf8c81_l
1ヶ月後に、下記の報告をいただきました。

1. 翌日から痛みが減ってきました。
2. それでも1日中痛みがありました。
3. 3日目ぐらいから痛みを感じない時間が増えてきました。
4. 2週間ほどたったころには、痛みがほとんど出なくなりました。
5. その後も、痛みはたまに出ます。
6. 言葉を言うとすぐ解消するし、気分も良いので続けます。

 

あなたも「この先いったいどうなるんだろう・・・」と思っていたら、

「未来は良いことばかりある」って、言ってくださいね。

 

あなたの頭痛が楽になり、未来に良いことがたくさんありますように!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。
ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
但し、一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【自分を嫌っていたら頭痛にでた!】 からだ言葉セラピーカルテより

長年つづいた頭痛を解消した言葉
97ba373ed64ff107860b688f235524c7_l
《人物》
30代女性、経理事務
10年ものあいだ、週に数回出る頭痛に悩まされてつづけてきたと訴えていた

《性格》
向上心がある・記憶力が良い
自己評価が低い・減点主義

《原因となっている言葉》

「自分が嫌い」でした。
自分の容姿を見ても、自分のしてきたことを思い返しても、
何かにつけて自分を否定していたのです。

《セラピーで処方した言葉》

「私は自分が大好き!」
この言葉を1分間言いつづけると、「カラダが暖かくなってきた気がする」と言っていました。
毎日、朝、昼、夜に、20回以上言葉を言うことを提案しました。

また、「自分が嫌い」と思ったことに気づいたら、すぐにこの言葉を3回以上言うことも提案しました。
a84fe992450e2497532c064229e72f44_l
その後、「2週間後には頭痛になる頻度が半分以下になり、それ以後も言葉を言いつづけて、今は頭痛薬を飲むことはなくなりました」と報告をいただいております。

実は、自分が嫌いな方は自覚がないことが多いです。

「自分のことを嫌いかどうか」を判定するためには、自分に「自分のことが好き」かを、問いかけてください。
その時に「自分が好き」と答えられない方は、多かれ少なかれ「自分が嫌い」です。

あなたも「自分が嫌い」と思っていたら、
又は「自分が好き」って答えられなかったら、

「私は自分が大好き!」って、言ってくださいね。

あなたやあなたの大事な人の頭痛が、楽になりますように !

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。
ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
但し、一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちらから

からだ言葉セラピーとは