【立場を下にし過ぎて、足の裏にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

足裏の痛みと荒れを解消した言葉
72affc588480daa1b8fd4da29bd1bf7f_l
《人物》
40代男性、会社員
歩く時は何でもないが、立っていると足の裏に響いて痛く、足裏の皮膚も荒れていると悩んでいた

《性格》
配慮がある・客観視できる
引っ込み思案・人の思惑を気にする

《原因となっている言葉》

「生意気だと思われたらイヤだ」
人から生意気だと思われたくなくて、自分の立場を下にし過ぎていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「望まれていると思って、自分の立場を上に進めている!」
この言葉を10回言って立ち上がると「今は、足の裏に響いていない」といっていました。

足の裏の状態が良くなるまで、この言葉を毎日30回以上ずつ言うことと、
言葉を意識して実行することを提案しました。
0619ec6b85d160d07ce1cf4716a1dd17_l
1週間後、
「立っていても足の裏に響かなくなりました。皮膚の荒れも、だいぶ良くなりましたが、まだ荒れていますので、つづけます」と言っていました。

あなたも「生意気だと思われたらイヤだ」と思って立場を下にし過ぎていたら、

「望まれていると思って、自分の立場を上に進めている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の足裏が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【吐き気その3・やりこなせないと思ったら吐き気にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

突然の吐き気を解消した言葉
5e9c80d0b278e52efff1f9e19c4bbe84_l
《人物》
50代女性、主婦
街中で突然吐き気に襲われて、うろたえていました。

《性格》
世話好き・社交家
完璧主義・気が散る

《原因となっている言葉》

「いろいろやることがあって大変だ」
この言葉を思いながら、目的地に移動中でした。

《セラピーで処方した言葉≫

「総て余裕で楽々こなしている!」
この言葉を20回言うと「吐き気がおさまった!」と言っていました。

「いろいろやることがあって大変だ」と思ったら、即この言葉を3回以上言うよう提案しました。
また、やろうとする事の要不要の判断や、優先順位を決めることも提案しました。
870d8f5a16d07da5a102dd6a8c8daa73_l
1週間後の報告で、
「あれから吐き気は1度も起きていません。気持ちにも余裕ができました」
と言っていました。

あなたも「いろいろやることがあって大変だ」と思っていたら、

「総て余裕で楽々こなしている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の胃が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【素直に感謝できなくて首にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

頭を下げると痛む首を癒した言葉
1
《人物》
50代男性、教職
頭を下げると首が痛い。心当たりは無く原因も分からないと嘆いていた

《性格》
指導力がある・向上心がある
プライドが高い・負けず嫌い

《原因となっている言葉》

「下になりたくない」
こう思って、素直に相手に感謝できず、御礼を伝えること(頭を下げること)もできずにいました。

《セラピーで処方した言葉≫

「素直に相手に感謝して、素直に御礼を伝えている!」
この言葉を10回言うと「首の付け根が楽になった」と言っていました。
相手を意識してさらに10回言うと「頭を下げても、首が痛くない」と言っていました。

この言葉を、首の痛みが取れるまでは毎日30回ずつ言って、必要なら実行することを提案しました。
af330ffa3301ca4560da14d4d09e3251_l
1週間後に、
「あの日、夜寝るまで言葉を何度も言いました。翌日首はまだ痛かったのですが、相手に御礼を言ったら、夕方ごろ首が痛くなくなりました。それからずっと痛みは出ないです」
と言っていました。

あなたも「下になりたくない」と思って素直に感謝できずにいたら、

「素直に相手に感謝して、素直に御礼を伝えている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の首が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【自分を責めて胸の痛みがでた!】からだ言葉セラピーカルテより

胸の奥の辛い痛みを解消した言葉
85729eae8a3155bcfd681d8eca807bb8_l
《人物》
50代女性、ヘルパー
胸の奥深くが辛く痛み、時々強い不安感に襲われると訴えていた

《性格》
責任感がある・いちず
自分を責める・結果にこだわる

《原因となっている言葉》

「取り返しがつかないことをしてしまった」
かつて人の信頼を裏切ったことで、自分を責めていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「チャンスにして成長して、すでに信頼に応えている!」
この言葉を3分間言うと「この頃いつもある漠然とした不安感が、今消えている」と言いました。

この言葉を、毎朝、昼、夜、10回以上ずつ言うことを提案しました。
また、不安感に襲われた時は、落ち着くまで何も考えずに、この言葉を言いつづけることを提案しました。
fac8c7d49f262d1df89af2cebbeb9dd9_l
2日後に、
「朝起きてから仕事を始めるまで、この言葉を言っていたら、今までになく明るい気持ちで一日過ごせました。胸の痛みもなかったです」
と言っていました。

1ヶ月後の報告で、
「胸が辛くなる度合いも回数も、2割ぐらいになりました。不安感に襲われることはなくなりました」
と言っていました。

あなたも「取り返しがつかないことをしてしまった」と思っていたら、

「チャンスにして成長して、すでに信頼に応えている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の胸が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【休息をないがしろにしてたら、ヒザにきた!】からだ言葉セラピーカルテより

痛くてしゃがめない膝を癒した言葉
8c54f66e2775b48376fe09646952ca90_l
《人物》
40代男性、会社員
しゃがもうとするとヒザが痛くてしゃがめない。太ももの前側も突っ張る。と訴えていた

《性格》
働き者・まじめ
自己評価が低い・心配性

《原因となっている言葉》

「ゆっくりしてなんかいられない」
この言葉を思い、何かをしていないと気が済まない癖がありました。

《セラピーで処方した言葉≫

「休息を大事にして、楽にはかどっている!」
この言葉を20回言ってしゃがもうとすると「ヒザは痛いけど今までの6割ぐらい。太ももは突っ張っていない」と言っていました。

この言葉を、ヒザの痛みが解消するまで、毎日30回以上言うことと、
「ゆっくりしてなんかいられない」と思ったら、この言葉を3回以上言ってから、休むか行動を起こすか決めるよう提案しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1ヶ月後の報告で、
「ヒザの痛みは日毎に減ってきて、1週間ほどで2、3割になり、2週間ほど経ったら消えました。太ももの突っ張りも全然気にならなくなりました。膝もですが、仕事や日常がすごい楽です」
と言っていました。

あなたも「ゆっくりしてなんかいられない」と思っていたら、

「休息を大事にして、楽にはかどっている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人のヒザが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【過去に対してドライすぎて便が硬くなった!】からだ言葉セラピーカルテより

コチコチの便を柔らかくした言葉
de1aaaae39bef3da3701d1110f931992_m
《人物》
40代女性、パートタイマー
規則正しくお通じはあるものの、便が硬くて排泄が辛いと悩んでいた

《性格》
現実を大事にする・さっぱりしている
諦めが早い・誤魔化す

《原因となっている言葉》

「終わったことだからもういい」
ドライに割り切ったつもりが、解消しないまま放って置いていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「過去のことでも、必要なことを解消して、スッキリしている!」
この言葉を10回言うと「下腹部が柔らかくなった気がする。ウエストのあたりも動かしやすい。明日が楽しみだ」と言っていました。

この言葉を、夜10回以上、朝起きた後10回以上ずつ言うことを提案しました。
また、「終わったことだからもういい」と思った時は、直ぐこの言葉を3回以上言って実行することも、提案しました。
0c6a34e60ae7ecb98d0322de3ae9ac7d_l
1週間後の報告で、
「あの日、言葉を夜寝るまでつぶやいていました。翌朝、便が硬いとはいえ、前よりかなり柔らかくなっていました。その後、便は柔らかくなりつづけて、今はもう毎朝天国です」
と言っていました。

あなたも「終わったことだからもういい」と思っていたら、

「過去のことでも、必要なことを解消して、スッキリしている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人のお通じが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【ハラの中でバカにしてたら腹痛にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

右腹の気になる痛みを解消した言葉
d4699b5a6a7b506ff79f91b2f8f2a799_l
《人物》
30代男性、公務員
腹痛がたびたび起きるが、いつも右側だけが痛くなると訴えていた

《性格》
よく気づく・冷静
表面的・本音を言わない

《原因となっている言葉》

「かわいそうに」
相手に本音を言わず、お腹の中でバカにしていました。

※右腹が痛くなるこのケースでは、バカにしている相手は「男性」ですが、
左腹が痛くなる時は相手が「女性」です。
参考にしてください。

《セラピーで処方した言葉≫

「相手を尊敬して、必要なことを本音で言っている!」
この言葉を10回言うと「はぁ〜」と、大きな息を吐きました。
相手をイメージしてさらに10回言うと「お腹が楽になりました」と言っていました。

この言葉を毎日20回以上言うことと、
相手と一緒にいる時は、この言葉を何度も思うことを提案しました。
79a92d392925f84470f6662d57f0426f_l
1ヶ月後の報告で、
「あれから腹痛は起きませんでした。正確に言うと、起きかけたことが4、5回ありましたが、言葉を思ったら起きずに済みました。相手をバカにしていたことに気づけたことも良かったです」
と言っていました。

あなたも「かわいそうに」と思って相手をバカにしていたら、

「相手を尊敬して、必要なことを本音で言っている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人のお腹が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【手を貸さなかったことを後悔してたら、ヒジにきた!】からだ言葉セラピーカルテより

ヒジの痛みを解消した言葉
20003f5f362c18bad3ffa5a9e1e672bd_l
《人物》
40代女性、会社員
ヒジの曲げ伸ばしが痛くて、ヒジの裏側の皮膚もヒリヒリすると訴えていた

《性格》
人を尊重する・洞察力がある
後回しにする・自分を責める

《原因となっている言葉》

「分かっていたのに、手を貸さなかった」
落ち込んでいる友達を見るにつけ、手を貸さなかったことを後悔していました。

《セラピーで処方した言葉≫

「今からは、相手の自力も信頼して、必要な時には直ぐ手を貸している!」
この言葉を20回言うと「ヒジが楽に伸ばせるようになった。皮膚の痛みもなくなった」と言っていました。

この言葉を、3日間毎日30回以上言って、必要なことがあれば実行するよう提案しました。
228bc5bc110b4f0da8abf430f0369c9a_l
1週間後の報告で、
「あの日以来、ヒジも皮膚も痛くなかったです。友達の相談に乗って、自分ができることをしてあげたら、気持ちもスッキリしました」と言っていました。

あなたも「分かっていたのに、手を貸さなかった」と思っていたら、

「今からは、相手の自力も信頼して、必要な時には直ぐ手を貸している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人のヒジが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【ストレスを誤魔化していたら頭痛が起きた!】からだ言葉セラピーカルテより

突然の激頭痛を癒した言葉
efd74b4ccab6b017917f27b9f8a42a26_l
《人物》
40代男性、会社員
夜中に突然、頭の中の目の奥に激痛が起き、夜も眠れず苦しんでいた。数夜つづいた激頭痛は収まったが、またいつ起きるか不安だと訴えていた

《性格》
我慢強い・円満
目をそらす・感情を抑える

《原因となっている言葉》

「幸せに生きなきゃ損だ」
この言葉を思って現状から目をそらし、無理に明るくしてストレスを誤魔化してきました。

《セラピーで処方した言葉≫

「現状に目を向けて改善し、幸せに生きて得している!」
この言葉を20回言うと「目玉を揉まれているような感じがする」と言っていました。

この言葉を、毎日20回以上言うことを提案しました。
また、この言葉を意識して実行すると良いと、提案しました。
aab391d2de8f4981638ac80b9954c237_l
1ヶ月後、
「今のところ頭痛は起きていません。頭も楽だし不安感もなくなってきました。いろいろありますが、目をそらさずに改善する方が、かえって楽だし幸せかもしれません」と言っていました。

あなたも「幸せに生きなきゃ損だ」と思ってストレスを誤魔化していたら、

「現状に目を向けて改善し、幸せに生きて得している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の頭が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【恥ずかしがって実行しなかったら、足の指の間の皮膚が剥けた!】からだ言葉セラピーカルテより

剥けた足の指の間の皮膚をキレイにした言葉
2b94310fe83dad5892b66ffcc4f3f07d_l
《人物》
20代女性、フリーター
足の指の間の皮膚が剥けてかゆい、薬をつけても治らないと悩んでいた

《性格》
正直・女らしい
考え方が一方的・プライドが高い

《原因となっている言葉》

「そんなこと恥ずかしくって・・」
自分の気持ちを行動に移せずにいました。

《セラピーで処方した言葉≫

「自分の気持ちに誇りをもって、楽に行動に移している!」
この言葉を10回言うと「足の指の付け根が、強烈にじわっとしている」と言っていました。

この言葉を毎日朝昼夜に10回ずつ言うことと、なるべく実行もするよう提案しました。
919611ae978c3889140e55aaed6fa76c_m
1週間後の報告で、
「翌日見ると、足の指の皮膚は、かなりキレイになっていました。しかしその後、あまり変化はありませんでした。思い当たることがあったので、言葉を何度も言ってから、思いきって実行しました。その翌日、すっかりキレイになっていました。不思議です」
と言っていました。

あなたも「そんなこと恥ずかしくって・・」と思っていたら、

「自分の気持ちに誇りをもって、楽に行動に移している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の足の指の皮膚が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは