【うまく行動できない苛立ちが足腰の痺れにでた!】からだ言葉セラピーカルテより

腰から足にかけての痺れを解消した言葉
5b286ded5226e250e668093fca4f3576_l
《人物》
50代男性、自治体職員
腰から足にかけての痺れが気になるが、原因が解らないと悩んでいた

《性格》
律儀・配慮がある
引っ込み思案・自己卑下する

《原因となっている言葉》

「自分だけ変だ」
周りと同じ行動ができないことで、皆の足を引っ張っていると思い、苛立っていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「自分らしく行動して、皆を先導している!」
この言葉を10回言うと「さっきまでの痺れは消えた」と言っていました。
さらに10回言うと「腰から下が暖かい。特に右足が暖かい」と言いました。

この言葉を毎朝、昼、夜に10回ずつ言うことを提案しました。
b210fd4a9a0a4e5f42982eff7b96596d_l
1週間後には「痺れを感じている時間が短くなりました。今までの半分ぐらいです」との報告がありました。

3週間後には「痺れを感じている時間が、ほとんど無くなりました。痺れた時には言葉を言うと消えます。言葉のおかげでしょうか、結構リーダーシップがとれるようになって、皆の役にも立っています」と言っていました。

あなたも「自分だけ変だ」と思って、周りと同じ行動ができないことに苛立っていたら、

「自分らしく行動して、皆を先導している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の足腰が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【一歩踏み出すことを諦めて足裏にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

足裏の荒れを解消した言葉
316f939338943a107fbdcfe952a9ef91_l
《人物》
40代男性、ビジネスマン
足の裏が荒れて、薬をつけても治らないと嘆いていた

《性格》
頭が良い・冷静
自己評価が低い・画一的な見方をする

《原因となっている言葉》

「ここら辺で止めといた方がいいだろう」
自分の尺度で判断し、一歩踏み出すことを諦めていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「自分の尺度を外して、一歩踏み出している!」
この言葉を10回言うと、「スネから足の裏までジワァ〜っとしている」と言っていました。

この言葉を、足裏の荒れがとれるまで、毎日、朝昼夜10回ずつ言うことと、実行することを提案しました。
4f1ccfe6bb5391073897efc846ca0abe_l
1週間ほど経ったころ、
「足裏の荒れは気にならなくなりました。足全体がとても軽いです」と言っていました。

あなたも「ここら辺で止めといた方がいいだろう」と思っていたら、

「自分の尺度を外して、一歩踏み出している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の足裏が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【「金無いし・・」が、カカトの荒れにきた!】からだ言葉セラピーカルテより

ガサガサに荒れたカカトを、滑らかにした言葉
1eae5696aa03e1320489e15d2bd8f355_l
《人物》
30代男性、会社員
カカトが荒れて赤ギレのように裂け、靴下は引っかかるし歩くと痛い

《性格》
客観的な見方ができる・計画性がある
人のせいにする・自己評価が低い

《原因となっている言葉》
 
「金無いし」
何につけてこの言葉を思い、お金が無くて、やりたいことができてないと思っていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「経済的に潤って自分の望む行動ができている!」

最初、この言葉を言うことに、抵抗感がありました。
しかし「無理に思う必要はない。言葉をただ繰り返すだけで良い」と分かり10回言ってみました。

「足の裏がジンジンしてきた。カカトも足首もジンジンしてきた。ジンジン感が膝まできた!」と言っていました。
この言葉を、カカトの状態が良くなるまで、毎日30回以上ずつ言うように提案しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2週間後に報告があり、
「カカトの赤ギレは塞がりました。カカトの皮膚がしっとりしてきました。良くなるまでやりつづけます。実は臨時収入もありました」と言っていました。

あなたも「金無いし」と思っていたら、

「経済的に潤って自分の望む行動ができている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人のカカトが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【外反母趾その2・親から離れたがって外反母趾にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

外反母趾を解消した言葉
1d6e44f2bb22b08480af647b0c58421f_m
《人物》
20代女性、アルバイト
足の親指の付け根の関節が出っぱって、歩くと痛いと訴えていた

《性格》
独自性がある・理想が高い
自分勝手・人のせいにする

《原因となっている言葉》

「早く出ていきたい」
何かにつけて、この言葉を思い、親から離れたがっていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「親と最適な距離にいて、必要なことを吸収している!」
この言葉を20回言うと「足の親指の付け根が、締め付けられるように感じたあと、急にほぐれた」と言っていました。

この言葉を、毎日30回以上言うことを提案しました。
また、親を否定的に思った時は、この言葉を3回以上言うことも、提案しました。
12e6214d2038bdb67deeb5d52d437453_l
1週間後の報告で、
「足の指がほぐれて足先がよく動きます」
と言っていました。

1ヶ月後には、
「あれから足の指が全体に開いてきて、親指の関節の出っぱりがへこみました。今は歩いても痛くないし、足全体がすごい楽です」と報告がありました。

あなたも「(親元から)早く出ていきたい」と思っていたら、

「親と最適な距離にいて、必要なことを吸収している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の足が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【外反母趾その1・しょっちゅう親元に行きたがって、外反母趾にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

外反母趾を解消した言葉
cd0a5b7790f7658167a8663d94fddb7f_l
《人物》
30代女性、OL
足の親指の付け根の関節が出っぱってきて、靴を履くと痛いと訴えていた

《性格》
律儀・思いやりがある
依存心が強い・気が弱い

《原因となっている言葉》

「行きたいのに行けない」
親を頼りにして、しょっちゅう親元に行きたがっていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「親から最適に離れて自立している!」
この言葉を20回言うと、「固まっていた足の指が開いた!親指の付け根が気持ち良い!」と言っていました。

この言葉を朝、昼、夜に10回ずつ言うことを提案しました。
また、この言葉を、靴を履く前や歩いている時にも意識すると良いとアドバイスしました。
36b84ab684f01df16687bf3982a6a013_l
1ヶ月後の報告です。
「言葉を言い始めて2,3日経ったころから、靴を履いても全く痛くなくなりました。その後、関節は出っぱったままでしたが、このところ急にへこんできました。気分的にも親離れできたかな」

あなたも「(親のところに)行きたいのに行けない」と思っていたら、

「親から最適に離れて自立している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の足が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【冷え症その2・行けないストレスで足が冷えた!】からだ言葉セラピーカルテより

頑固な足の冷えを解消した言葉
915c62e93bf852ab8361183eb17d9207_l
《人物》
40代女性、主婦
足の冷えが半端でない、何をしても改善しない、と悩んでいた

《性格》
働き者・行動的
自分を後回しにする・義務感が強い

《原因となっている言葉》

「なかなか行けない」
仕事が忙しく、老齢の母親のいる実家に行けないと、しょっちゅう嘆いていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「必要な時には、すぐに行けている!」
この言葉を10回言うと、「膝から下がジワジワしてきた」と言っていました。
次に行き先をイメージして、さらに10回言うと「足首やつま先もジワジワしてきた」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜10回以上ずつ言うことを提案しました。
bf9bd6b4bd737518f79fed074cfd4c14_l
3日後の報告で、
「言葉を言うと、そのつど足のいろんな場所がジワジワして、冷えがやわらぎます」
と言っていました。

2週間後の報告で、
「足を触ると、前よりずい分温かいです。冷えも気にならなくなってきました。言葉を言うと気分も楽になります」
と言っていました。

あなたも「なかなか行けない」と思っていたら、

「必要な時には、すぐに行けている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の足が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【くじけた気持ちでやりつづけていたら、足首をくじいた!】からだ言葉セラピーカルテより

くじいた足首を癒した言葉
eb3b484f8b01028254b9df93da4e3406_l
《人物》
40代男性、営業マン
足首をくじき、歩こうとして更に悪化させた、と訴えていた

《性格》
許容範囲が広い・温和
消極的・諦めが早い

《原因となっている言葉》
「今さら仕方がない」
この言葉を思って、くじけた気持ちのまま、仕方なくやりつづけていました

《セラピーで処方した言葉≫

「チャンスにして、ベストな方向に行っている!」
この言葉を20回言ったところ、「くじいた足首から足の甲、指の付け根まで、ジワジワしてきた」と言っていました。
この言葉を、毎日30回以上言うことを提案しました。
また、この言葉を言っている時や、言った後で、ふと思いついたことを実行すると良いと、アドバイスしました。
0796701f8fb4f213a8f345642a53a165_l
1ヵ月後の報告で、
1.  翌朝、足首の腫れと痛みが半分ほどにおさまっていた。
2.  3日ほどで腫れはすっかり引いたが、歩くと痛いし、その時は怖くて杖が離せなかった。
3.  言葉を言っていたら、幾つかアイディアを思いついたので、やってみた。
4.  諦めていたことが、良い方向に行きだした。
5.  ほぼ同じころから、足も一気に快復しだした。
6.  今はすっかり良くなって、ジョギングもしている。
と言っていました。

あなたも「今さら仕方がない」と思っていたら、

「チャンスにして、ベストな方向に行っている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の足首が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【行動のズレを気にして靴ズレにでた!】からだ言葉セラピーカルテより

悪化した靴ズレを解消した言葉
1e862d3c4a95ad52dff2211954d8825e_l
《人物》
20代男性、公共施設職員
靴ズレが治らず悪化したと悩んでいた

《性格》
繊細・個性的
自己評価が低い・依存心が強い

《原因となっている言葉》

「どうもズレてしまう」
この言葉を思って、自分の行動が皆とズレることを、気にしていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「自分らしい行動を肯定して、皆と協調している!」

この言葉を10回言うと「痛みが和らいだ気がする」と言いました。
さらに10回言うと「今まで包帯しても、痛くて履けなかった靴が履けた」と言っていました。
さらに10回言うと「ゆっくり歩けば、痛いけれど歩ける」とも言っていました。

この言葉を、靴ズレが良くなるまで「毎日20回以上言うことを提案しました。
f2177d3678b42c63276b3c1dda61fb08_l
翌日、
「靴ズレの表面が乾いてきて、赤みと痛みが減ってきました」
と言っていました。

1週間後に、
「靴ズレは良くなりました。今まで感じていたストレスが減って、職場でも楽です」
と言っていました。

あなたも「どうもズレてしまう」と思っていたら、

「自分らしい行動を肯定して、皆と協調している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の足が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【冷え症その1・自信なく行動していたら、足が冷えた!】からだ言葉セラピーカルテより

冷え症の足を暖かくした言葉
9640ac327526dd5448b29dbb48c59fa1_l
《人物》
40代女性、事務員
膝から下が冷える、辛くて眠れない時もあると悩んでいた

《性格》
真面目・協調性がある
自信がない・自分で決めない

《原因となっている言葉》

「これでいいかな?」
何かにつけて、この言葉を思って、自信なく行動していました。

《セラピーで処方した言葉≫

「自信をもって行動している!」
この言葉を20回言ってもらうと、「足の裏がじわじわしてきた。足首のあたりからポカポカしてきた」と言っていました。

この言葉を、毎日30回以上言うことを提案しました。
特に複数の人と行動を共にする時には、意識するようにアドバイスしました。
37ccb661c3000a99d26b2f2eb88d8856_m
1週間後の報告で、
「足が暖かくなってきました。触ると良く分かります。寝つきが楽で助かります」
と言っていました。

あなたも「これでいいかな?」と思っていたら、

「自信をもって行動している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の足が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【行動を非難されたと思い込み、太モモがかぶれた!】からだ言葉セラピーカルテより

太モモのかぶれを解消した言葉
e90c1979f83daa651a915a385b368b43_l
《人物》
40代男性、会社員
太モモの裏がかぶれて、すごく痒いと悩んでいた

《性格》
感性豊か・真面目
自己評価が低い・過剰反応する

《原因となっている言葉》

「『しなきゃよかったのに』と思われている」
何かにつけて、自分の行動を非難されたと思い込んでいました。

《セラピーで処方した言葉≫

「して良かったと誉められている!」

この言葉を10回言うと、「何だか、足全体に血が通ってきた気がする」と言っていました。
次は、非難されたと思って気になっていることを、イメージして10回言ってもらうと、「太もものかゆみが治まってきた」と言っていました。

この言葉を、毎日20回以上言うことを提案しました。
加えて、「『しなきゃよかったのに』と思われている」と思ったら、その都度すぐに、この言葉を3回以上言うことも、提案しました。

bdbf6dd7260ffb5419bed56582570c41_l

1週間後の報告で、
「翌日から、太もものかぶれは、かゆみが和らいできて3日で気にならなくなった。かぶれた痕は、まだ少し残っているが、数日で消えると思う」
と言っていました。

あなたも「『しなきゃよかったのに』と思われている」と思っていたら、

「して良かったと誉められている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の太ももが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは