【恋の迷いが足首にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

捻挫した足首を快復させた言葉
666be2feaabe9dc59e2d971f51a20e8e_l
《人物》
20代男性、会社員
もともと不安定でだった左足首を捻挫して、いつまでも治らないと嘆いていた

《性格》
感性豊か・慎重
優柔不断・リスクを恐れる

《原因となっている言葉》

「失敗したら、めげるよなぁ」
フラれることをつい考えてしまい、彼女に対する行動にも迷いが生じていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「良いと思ったことを実行して、最高にうまくいっている!」
この言葉20回言うと「足首がジワジワして気持ちが良い」と言っていました。

この言葉を、足首が安定して歩けるようになるまで、毎朝、昼、夜に10回以上ずつ言うことを提案しました。
980adaa7340ca295f267e6ef20277430_l
1週間後の報告で、
「翌日から、足首の腫れが引きました。今は、サポーターをしっかり着ければ、痛みもさほど感じないでゆっくり移動できます」と言っていました。

1ヶ月後、
「普通に歩けるようになりました。彼女ともうまくいっています。行動に迷うことも減ったので良かったのだと思います」と言っていました。

あなたも「失敗したら、めげるよなぁ」と思っていたら、

「良いと思ったことを実行して、最高にうまくいっている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の足首が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【立場を下にし過ぎて、足の裏にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

足裏の痛みと荒れを解消した言葉
7111ee18e478e3365a8514b4e7ada6de_l
《人物》
40代男性、会社員
歩く時は何でもないが、立っていると足の裏に響いて痛く、足裏の皮膚も荒れていると悩んでいた

《性格》
配慮がある・客観視できる
引っ込み思案・人の思惑を気にする

《原因となっている言葉》

「生意気だと思われたらイヤだ」
人から生意気だと思われたくなくて、自分の立場を下にし過ぎていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「良いと思って、自分の立場を上に進めている!」
この言葉を10回言って立ち上がると「今は、足の裏に響いていない」といっていました。

足の裏の状態が良くなるまで、この言葉を毎日30回以上ずつ言うことと、
言葉を意識して実行することを提案しました。
cc3f1803783f9037205b33533861f6f9_l
1週間後、
「立っていても足の裏に響かなくなりました。皮膚の荒れも、だいぶ良くなりましたが、まだ荒れていますので、つづけます」と言っていました。

あなたも「生意気だと思われたらイヤだ」と思って立場を下にし過ぎていたら、

「良いと思って、自分の立場を上に進めている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の足裏が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【休息をないがしろにしてたら、ヒザにきた!】からだ言葉セラピーカルテより

痛くてしゃがめない膝を癒した言葉
8c54f66e2775b48376fe09646952ca90_l
《人物》
40代男性、会社員
しゃがもうとするとヒザが痛くてしゃがめない。太ももの前側も突っ張る。と訴えていた

《性格》
働き者・まじめ
自己評価が低い・心配性

《原因となっている言葉》

「ゆっくりしてなんかいられない」
この言葉を思い、何かをしていないと気が済まない癖がありました。

《セラピーで処方した言葉≫

「休息を大事にして、楽にはかどっている!」
この言葉を20回言ってしゃがもうとすると「ヒザは痛いけど今までの6割ぐらい。太ももは突っ張っていない」と言っていました。

この言葉を、ヒザの痛みが解消するまで、毎日30回以上言うことと、
「ゆっくりしてなんかいられない」と思ったら、この言葉を3回以上言ってから、休むか行動を起こすか決めるよう提案しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1ヶ月後の報告で、
「ヒザの痛みは日毎に減ってきて、1週間ほどで2、3割になり、2週間ほど経ったら消えました。太ももの突っ張りも全然気にならなくなりました。膝もですが、仕事や日常がすごい楽です」
と言っていました。

あなたも「ゆっくりしてなんかいられない」と思っていたら、

「休息を大事にして、楽にはかどっている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人のヒザが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【恥ずかしがって実行しなかったら、足の指の間の皮膚が剥けた!】からだ言葉セラピーカルテより

剥けた足の指の間の皮膚をキレイにした言葉
2b94310fe83dad5892b66ffcc4f3f07d_l
《人物》
20代女性、フリーター
足の指の間の皮膚が剥けてかゆい、薬をつけても治らないと悩んでいた

《性格》
正直・女らしい
考え方が一方的・プライドが高い

《原因となっている言葉》

「そんなこと恥ずかしくって・・」
自分の気持ちを行動に移せずにいました。

《セラピーで処方した言葉≫

「自分の気持ちに誇りをもって、楽に行動に移している!」
この言葉を10回言うと「足の指の付け根が、強烈にじわっとしている」と言っていました。

この言葉を毎日朝昼夜に10回ずつ言うことと、なるべく実行もするよう提案しました。
919611ae978c3889140e55aaed6fa76c_m
1週間後の報告で、
「翌日見ると、足の指の皮膚は、かなりキレイになっていました。しかしその後、あまり変化はありませんでした。思い当たることがあったので、言葉を何度も言ってから、思いきって実行しました。その翌日、すっかりキレイになっていました。不思議です」
と言っていました。

あなたも「そんなこと恥ずかしくって・・」と思っていたら、

「自分の気持ちに誇りをもって、楽に行動に移している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の足の指の皮膚が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【悪いと思いながら実行しつづけて股関節にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

股関節の痛みを解消した言葉
705eff3b15cf20aa11e1d464d1f110b6_l
《人物》
50代男性、会社員
股関節に痛みが出て、せっかく始めた趣味のサッカーが、できないと嘆いていた

《性格》
家族思い・行動力がある
自分を責める・思い込む

《原因となっている言葉》

「自分だけ楽しんで悪い」
休みのたびに、家族を放ったらかしてサッカーをしに出かけて行く自分を、責めていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「皆それぞれの行動を大事にして、家族が仲良くしている!」
この言葉を10回言うと「下半身と背中が暖かい。股関節の痛みが軽くなった」
と言っていました。

下記の3点を提案しました。
この言葉を、毎日20回ずつ言うこと
サッカーに行く前日は言う回数を増やすこと
「自分だけ楽しんで悪い」と思ったら、その後すぐにこの言葉を3回以上言うこと
d33fd6d1c43d042f49050f34f6c01911_l
1ヶ月後の報告で、
「練習を1週間ほど休み、股関節の痛みはなくなりました。練習を再開したら少し痛みが出ましたが、ひどくなることはありませんでした。今は普段もプレー中も、痛みが出ることはなくなりました」
と言っていました。

あなたも「自分だけ楽しんで悪い」と思っていたら、

「皆それぞれの行動を大事にして、家族が仲良くしている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の股関節が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【踏みにじられていると思っていたら、足の指にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

足の親指の痛みを解消した言葉
310187db032dbcad3723a3ca8afd3ec4_l
《人物》
20代男性、会社員
足の親指の付け根が痛み、原因が解らないまま痛みが増してきていた

《性格》
人を立てる・穏和
諦めが早い・被害者意識が強い

《原因となっている言葉》

「踏みにじられている」
親御さんに対して、たびたび思っていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「だいじにされている!」
親御さんをイメージしてこの言葉を10回言ってもらうと「親指のあたりがジリジリしてきた。親指が前より楽に動くようになった」と言っていました。

この言葉を、痛みが解消するまでは、毎朝、昼、夜に10回ずつ言うことを提案しました。
e76784e2392149d3356a23399c7dcd50_l
1ヶ月後の報告で、
「翌日、親指の痛みがすっかり取れたのですが、次の日にまた痛くなりました。その後、全く痛くない日と痛い日がほぼ交互につづきました。ある時ふと、親から本当は大事にされている気がして、感謝の気持ちが少し湧きました。その時から痛みがどんどん取れだして、今はすっかりなくなりました」
と言っていました。

あなたも「踏みにじられている」と思っていたら、

「だいじにされている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の足が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【いつまで経っても同じという思いが、立っている時の腰に痛みに!】からだ言葉セラピーカルテより

原因不明の腰痛を解消した言葉

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
《人物》
40代男性、アスリート
立っていると腰が痛むが、原因が解らないと悩んでいた

《性格》
向上心がある・自分に厳しい
順応性がない・一面的に捉える

《原因となっている言葉》
 
「自分は、いつまで経っても同じだ」
同じところに立ち止まって進歩せずにいると、自分を責めていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「ベストなペースで確実に進歩しつづけている!」
この言葉を10回言って立ち上がると「あれ、変だ。さっきまで痛かったのに」と言っていました。

この言葉を毎日30回以上言うことを提案しました。
cb8a1e8fe69b9bef6ef8c645f643721e_l
1週間後の報告で、
「ウソみたいに、すっかり良くなりました。足が軽くて、歩いていても気分がいいです」と言っていました。

あなたも「自分は、いつまで経っても同じだ」と思っていたら、

「ベストなペースで確実に進歩しつづけている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の足腰が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【実行力がないと思ったら、足にタコができた!】からだ言葉セラピーカルテより

足指の付け根のタコを解消した言葉

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
《人物》
50代女性、会社員
足の裏の指の付け根に、タコができて歩くと痛いと訴えていた

《性格》
やる気がある・発想が豊か
せっかち・用心深い

《原因となっている言葉》

「思ってるだけじゃダメなのに」
思っていることを行動に移せないでいる自分を、責めていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「ベストタイミングで実行しているから良い!」
この言葉を20回言うと「足裏がじわじわしてきたので、指を動かしてみたら楽に動いた」と言っていました。

下記の2つの提案をしました。
この言葉を
① 毎日20回以上言うこと
「思ってるだけじゃダメなのに」と思ったら、その後すぐに3回以上しっかり言うこと
b6d45442d4a45e4f2551cd3cc1df22b9_l
2週間後の報告で、
「あの翌日から、歩いている時の痛みが減ってきて、3日後に痛くなくなりました。その後、タコのあたりの皮膚が柔らかくなりだしました。まだ気になりますので言葉をつづけます」
と言っていました。

あなたも「思ってるだけじゃダメなのに」と自分のことを責めていたら、

「ベストタイミングで実行しているから良い!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の足が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【女性としての自信の無さが、左足腰にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

不安定な足腰を安定させた言葉
1eb6abe301cd0583bb7d9aeeb5b37f94_l
《人物》
40代女性、会社員
左の足腰が不安定で、左足に荷重するとよろけると悩んでいた

《性格》
奥ゆかしい・女らしい
考え方が画一的・自己否定的

《原因となっている言葉》

「私は女としてダメだ」
何かにつけてこの言葉を思い、女性としての自信の無さが、おどおどした行動にも出ていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「女性として自信をもって、行動している!」
実際に左右の足腰の安定感をチェックしてから、この言葉を10回言うと、「左右の差が少し減った」と言っていました。

この言葉を普段も意識することと、毎日30回以上言うことを提案しました。

※なお、男性が「男としてダメだ」と思うと、右側に症状が出ます。
9e8c13f1157081d539d3eea756571314_l
1ヶ月後の報告で、
「この言葉を言っていると、気分も安定します。普段の生活で、左足腰の不安定感は、前ほど気にならなくなりました。趣味のフラダンスでは、バランスが良くなったと誉められました。発表会が楽しみです」
と言っていました。

あなたも「私は女としてダメだ」と思っていたら、

「女性として自信をもって、行動している!」と言ってくださいね。
男性の方は、大事な人に教えてあげてくださいね。

あなたとあなたの大事な人の足腰が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【うまく行動できない苛立ちが足腰の痺れにでた!】からだ言葉セラピーカルテより

腰から足にかけての痺れを解消した言葉
5b286ded5226e250e668093fca4f3576_l
《人物》
50代男性、自治体職員
腰から足にかけての痺れが気になるが、原因が解らないと悩んでいた

《性格》
律儀・配慮がある
引っ込み思案・自己卑下する

《原因となっている言葉》

「自分だけ変だ」
周りと同じ行動ができないことで、皆の足を引っ張っていると思い、苛立っていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「自分らしく行動して、皆を先導している!」
この言葉を10回言うと「さっきまでの痺れは消えた」と言っていました。
さらに10回言うと「腰から下が暖かい。特に右足が暖かい」と言いました。

この言葉を毎朝、昼、夜に10回ずつ言うことを提案しました。
b210fd4a9a0a4e5f42982eff7b96596d_l
1週間後には「痺れを感じている時間が短くなりました。今までの半分ぐらいです」との報告がありました。

3週間後には「痺れを感じている時間が、ほとんど無くなりました。痺れた時には言葉を言うと消えます。言葉のおかげでしょうか、結構リーダーシップがとれるようになって、皆の役にも立っています」と言っていました。

あなたも「自分だけ変だ」と思って、周りと同じ行動ができないことに苛立っていたら、

「自分らしく行動して、皆を先導している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の足腰が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは