【してもらえなくて人差し指の痺れにでた!】からだ言葉セラピーカルテより

人差し指の痺れを解消した言葉
0e4b6aed4d0f6a5b52e4309a2cc7b456_l
《人物》
50代女性、自由業
人差し指が変だと思ったら、痺れて感覚がなくなっていたと訴えていた

《性格》
奥ゆかしい・辛抱強い
ハッキリ言わない・八方美人

《原因となっている言葉》

「何でしてくれないの」
頼んだことはもとより、当然してもらえると思ったことも、してもらえず苛立っていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「はっきり伝え、必要なことは直ぐしてもらっている!」
この言葉を10回言うと「痺れが減って、指の感覚が戻ってきた」と言いました。

この言葉を、毎日30回ずつ言うことを提案しました。
a53a9dfb89d92e1e91a00965af2b5b4a_l
1週間後の報告で「人差し指の痺れは消えました」と言っていました。

あなたも「何でしてくれないの」と思っていたら、

「はっきり伝え、必要なことは直ぐしてもらっている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の人差し指が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【手伝えなくて手が冷えた!】からだ言葉セラピーカルテより

氷のような手を温めた言葉
手首 1日 
《人物》
60代女性、ヘルパー
手首から指先まで氷のように冷たくなって、冬が辛いと嘆いていた

《性格》
想像力豊か・きめ細やか
気をつかう・完璧主義

《原因となっている言葉》

「どうしてあげたら良いんだか・・」
相手に気をつかって迷い、手を出しかねていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「自分が良いと思ったことをして、喜ばれている!」
この言葉を10回言うと「あら、さっきとだいぶ違う」と言っていました。

この言葉を毎日20回ずつ言うことと、
手伝う時には、この言葉を思って実行することを提案しました。
142844edf8e826155a17382138f430b7_l
1週間後の報告で、
「手はまだ少しは冷たいですが、辛いほどではなくなりました。気をつかうストレスも減りました。これからも言葉をつづけます」
と言っていました。

あなたも「どうしてあげたら良いんだか・・」と思っていたら、

「自分が良いと思ったことをして、喜ばれている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の手が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【欲しいのに貰わなかったら手首にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

外側にひねると痛かった手首を癒した言葉言葉
18abb4306cdb7f65794d5a9e8aa8e154_l
《人物》
50代女性、主婦
朝起きたら、手首が痛くて外側にひねれず、仕事ができないと嘆いていた

《性格》
奥ゆかしい・思慮深い
本音を言わない・諦める

《原因となっている言葉》

「ほんとは欲しかったのに貰わなかった」
この言葉を思って後悔していました。

《セラピーで処方した言葉≫

「今回は貰うのをやめて良かったと思って、今後は要るものを素直に貰っている!」
この言葉を10回言うと「ひねっても全然痛くない!」と言っていました

この言葉を、手首に痛みが出なくても、毎日20回以上3日間、言うことを提案しました。
また「要るものを素直に貰うこと」を、実行するよう提案しました。
cf06ba2b8d5cc87fb9927315d57f1451_l
3日後の報告で、
「手首は快調です。背中の凝りまで取れました」と言っていました。
と言っていました。

あなたも「ほんとは欲しかったのに貰わなかった」と思っていたら、

「今回は貰うのをやめてよかったと思って、今後は要るものを素直に貰っている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の手首が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【手を貸さなかったことを後悔してたら、ヒジにきた!】からだ言葉セラピーカルテより

ヒジの痛みを解消した言葉
20003f5f362c18bad3ffa5a9e1e672bd_l
《人物》
40代女性、会社員
ヒジの曲げ伸ばしが痛くて、ヒジの裏側の皮膚もヒリヒリすると訴えていた

《性格》
人を尊重する・洞察力がある
後回しにする・自分を責める

《原因となっている言葉》

「分かっていたのに、手を貸さなかった」
落ち込んでいる友達を見るにつけ、手を貸さなかったことを後悔していました。

《セラピーで処方した言葉≫

「今からは、相手の自力も信頼して、必要な時には直ぐ手を貸している!」
この言葉を20回言うと「ヒジが楽に伸ばせるようになった。皮膚の痛みもなくなった」と言っていました。

この言葉を、3日間毎日30回以上言って、必要なことがあれば実行するよう提案しました。
228bc5bc110b4f0da8abf430f0369c9a_l
1週間後の報告で、
「あの日以来、ヒジも皮膚も痛くなかったです。友達の相談に乗って、自分ができることをしてあげたら、気持ちもスッキリしました」と言っていました。

あなたも「分かっていたのに、手を貸さなかった」と思っていたら、

「今からは、相手の自力も信頼して、必要な時には直ぐ手を貸している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人のヒジが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【出来なくて悪いと思ったら、腕にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

前腕(ヒジから手首まで)の筋の痛みを解消した言葉
aa5d0e55f01346ae46113a9b4fc218dd_l
《人物》
20代男性、調理師
腕を伸ばすと、ヒジから手首にかけての筋がつれて痛く、作業がし難いと悩んでいた

《性格》
真面目・気を使う
せっかち・面倒くさがる

《原因となっている言葉》

「なかなか出来なくて悪いな」
新しい技術がなかなか習得できなくて、教えてくれた相手に悪いと思っていました

《セラピーで処方した言葉≫

「直ぐ習得して喜ばれている!」
教えてくれた相手をイメージして、この言葉を10回言うと「腕を伸ばしても前ほど痛くない。肩が楽だ」と言っていました。

この言葉を、痛みが解消するまで毎日30回言うことを提案しました。
88dd6628905738a9887e136a2dafdfd9_l
1週間後の報告で、
「痛みが取れました。肩から腕全体が前より楽です」と言っていました。

あなたも「なかなか出来なくて悪いな」と思っていたら、

「直ぐ習得して喜ばれている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の腕が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【自分のことができない苛立ちで、両手にしびれがきた!】からだ言葉セラピーカルテより

両手のしびれを解消した言葉
61d1a52fe4e9789e51a0f5b298b6ea71_l
《人物》
50代女性、主婦
両手がしびれて気になるが、忙しくて病院に行く時間もないと嘆いていた

《性格》
責任感がある・計画性がある
融通が利かない・任せられない

《原因となっている言葉》

「時間を取られて何もできない」
自分のやりたいことができないと、苛立っていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「時間を充分にとって、自分のやりたいことができている!」
この言葉を10回言うと「肩から腕にかけて、じわっと暖かくなってきた」と言っていました。
さらに10回言うと「今は、しびれをほとんど感じない」と言っていました。

しびれが取れるまで、この言葉を毎日30回以上言うことと、
「何もできない」と思った時に、即この言葉を3回以上言うことを提案しました。
79fdb78910a6825d6fbf7b52cb8f680f_l
1週間後の報告で、
「しびれている感覚は、半分以下になりました。肩が楽になった気がします」と言っていました。

その数日後、
「自分を優先して1日の計画を立てて行動していたら、他のこともはかどるようになりました。結局今までは、自分で自分を忙しくしていたと思います。しびれは、ほとんど取れました」と言っていました。

あなたも「時間を取られて何もできない」と思っていたら、

「時間を充分にとって、自分のやりたいことができている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の両手が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【腱鞘炎その2・ 「もっと、もっと」が腱鞘炎にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

腱鞘炎を解消した言葉
b122f7352ffa9df72c89a71045b1ee76_l
《人物》
50代女性、主婦
手が腫れぼったく、動かすと痛くて力が入らない。腱鞘炎と言われたと嘆いていた

《性格》
継続力・集中力
完璧主義・現実逃避する

《原因となっている言葉》

「もっとやる」
この言葉を思って、いつまでも止められない癖がありました。

《セラピーで処方した言葉≫

「もう充分だと思って手を休めている!」
この言葉を20回言うと「指先がピリピリしてきた。手が暖かくなった。動かしてもさっきより痛くない」と言っていました。

この言葉を、症状がとれるまで、毎日30回以上言うことを提案しました。
「もっとやる」と思ったら、すぐにこの言葉を3回以上言って、実行もするよう提案しました。
5265f9e968af890852a677fb01e11284_l
1週間後の報告で、
「手の動きはイマイチですが、痛みは3割りほどになりました。腫れぼったい感じも半分ぐらいになりました」と言っていました。

2週間後の報告では、
「日常的には、ほとんど気になりません。大好きな編み物も、自分の癖を意識して、ほどほどにやっています」
と言っていました。

あなたも「もっとやる」と思って、いつまでも止められずにいたら、

「もう充分だと思って手を休めている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の手が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【中指その2・人間関係の亀裂が中指にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

中指の深い赤ギレを塞いだ言葉
faf7037256f8d23f2dbb57bc24cd1529_l
《人物》
40代女性、飲食関係
中指の爪の際に深い赤ギレができて、痛いと訴えていた

《性格》
細かい気づかいができる・温和
気にし過ぎる・本音が言えない

《原因となっている言葉》

「何か嫌だなこの人」
この言葉を思って、仲の良かった同僚を避けていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「本音で接して、さらに良い関係を創っている!」
この言葉を10回言うと、「痛みが無くなった」と言っていました。

赤ギレが治るまで、この言葉を毎日30回以上ずつ言うことを提案しました。
0fa8fb6227ffaf206c3e7be84ac66fae_l
1週間後に、
「今まで薬をつけても治らなかったのに、翌日には、赤ギレが半分塞がっていました。今はすっかり塞がっています」と言っていました。

あなたも「何か嫌だなこの人」と思っていたら、

「本音で接して、さらに良い関係を創っている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の中指が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【「母親らしくしろよ」と思ったら、親指が痺れた!】からだ言葉セラピーカルテより

親指の痺れを解消した言葉
326648706c198cfa2acd392e559c2489_m
《人物》
40代男性、会社員
数年前から親指に痺れがあり、ひどくなってきたと訴えていた

《性格》
家族思い・観察力がある
感情的・常識的

《原因となっている言葉》

「もっと母親らしくしろよ」
妻に対して、何かにつけてこの言葉を思っていました。

※「母親」は左親指に「父親」は右親指に症状が出ます。

《セラピーで処方した言葉≫

「充分に母親らしくしているからよい!」

痺れが取れるまで、この言葉を毎日30回以上言うことを提案しました。
また、「もっと母親らしくしろよ」と思った時に、即この言葉を3回以上言うことも提案しました。
601f57ada8758881aad0db519bed731e_l
1週間後の報告では、
「痺れはだいぶ良くなって、今までと比べると、波はありますが30%ぐらいです」と言っていました。
1ヶ月後に、
「あの後ずっと、痺れがなかなか良くならなかったのですが、頑張って、「もっと母親らしくしろよ」と思った時に、即、言葉を3回以上言っていたら、すっかり良くなりました」と言っていました。

あなたも「もっと母親らしくしろよ」と思っていたら、

「充分に母親らしくしているからよい!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の親指が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【腱鞘炎その1・手を貸し過ぎて腱鞘炎にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

腱鞘炎を解消した言葉

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

《人物》
50代女性、パート社員
手首から指にかけて腫れぼったく、曲げ伸ばしが痛い。腱鞘炎と言われたと訴えていた

《性格》
親切・気づかい上手
独占欲が強い、一方的

《原因となっている言葉》

「私がしてあげなくちゃ」
何かにつけ、人に任せられず、この言葉を思って手を貸し過ぎていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「信頼して何でも任せている!」
この言葉を20回言うと、「手が、前より動かしやすくなった気がする」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜、10回以上ずつ言うことを提案しました。
また、「私がしてあげなくちゃ」と思った時は、この言葉を3回以上言うことと、実行することを、提案しました。
ca03ef6b1541d1f375b0cdf9905f2f3f_l
1週間後の報告で、
「実行するのはなかなか難しいけど、言葉は言ってます。腱鞘炎の痛みは半分ぐらいになりました」
と言っていました。

1カ月後に、
「腱鞘炎は良くなりました。人に任せるのは相変わらず苦手ですが、相手のためにも良いと分かったので、やっています。」
と言っていました。

あなたも「私がしてあげなくちゃ」と思っていたら、

「信頼して何でも任せている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の手の曲げ伸ばしが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは