【自主性を欠いたら首のつけ根にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

顔を前に出すと痛む首のつけ根を癒した言葉
d9c1c39165dcbf503be344067978f860_l
《人物》
30代女性、団体職員
顔を前に出そうとして首を伸ばすと、首のつけ根に痛みが走ると訴えていた

《性格》
真面目・仲間を大事にする
自己評価が低い・依存心が強い

《原因となっている言葉》

「皆に遅れないようにしなくちゃ」
皆についていこうとして、自主性に欠ける傾向がありました。

《セラピーで処方した言葉≫

「自分から皆をリードしている!」
この言葉を10回言うと「今、首のつけ根が動いたような気がした!」と言っていました。

この言葉を毎日30回以上言うことを提案しました。
608e774a7abd3e29be6997d3d603b2fd_l
2週間後の報告で、
「首のつけ根は痛まなくなりました。自分では気づかなかったですが、友達から、姿勢が良くなったと言われました」と言っていました。

あなたも「皆に遅れないようにしなくちゃ」と思っていたら、

「自分から皆をリードしている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の首が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

カテゴリー: タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です