【仲良くしようとし過ぎて中指に出た!】からだ言葉セラピーカルテより

中指の赤切れを塞いだ言葉
5c761a8764b6f586a34a715e2d1195db_l
《人物》
30代女性、主婦
中指に赤切れができて治らず、すごく痛いと悩んでいた

《性格》
気づかいができる・温和
本音が言えない・細かいことを気にする

《原因となっている言葉》

「うまくやっていきたいのに、何かやりにくい、、」

同居するようになったお義母さんに、そう思っていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「〇〇と本音で気楽に接して、最適に仲よくできている!」
「〇〇」に、お義母さんの呼び名を入れて、この言葉を10回言うと「赤切れに触ってもズキズキ痛まない」と言っていました。

この言葉を毎朝昼夜に10回ずつ言うことと、お義母さんと一緒にいる時は、この言葉を意識することを提案しました。
2
その後の報告で、
「翌日から赤切れの痛みがほとんど無くなりました。赤切れは3日ぐらいで塞がりました」と言っていました。

あなたも「うまくやっていきたいのに、何かやりにくい、、」と思って仲良くしようとし過ぎていたら、

「〇〇と本音で気楽に接して、最適に仲よくできている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の中指が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【手伝えなくて手が冷えた!】からだ言葉セラピーカルテより

氷のような手を温めた言葉
f240b07153be2901a50dcd41f378b26d_l
《人物》
60代女性、ヘルパー
手首から指先まで氷のように冷たくなって、冬が辛いと嘆いていた

《性格》
想像力豊か・きめ細やか
気をつかう・完璧主義

《原因となっている言葉》

「どうしてあげたら良いんだか・・」
相手に気をつかって迷い、手を出しかねていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「自分が良いと思ったことをして、喜ばれている!」
この言葉を10回言うと「あら、さっきとだいぶ違う」と言っていました。

この言葉を毎日20回ずつ言うことと、
手伝う時には、この言葉を思って実行することを提案しました。
ad1ec2dfb7744ecc77fc7228415463fa_l
1週間後の報告で、
「手はまだ少しは冷たいですが、辛いほどではなくなりました。気をつかうストレスも減りました。これからも言葉をつづけます」
と言っていました。

あなたも「どうしてあげたら良いんだか・・」と思っていたら、

「自分が良いと思ったことをして、喜ばれている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の手が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【腱鞘炎その2・ 「もっと、もっと」が腱鞘炎にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

腱鞘炎を解消した言葉
b122f7352ffa9df72c89a71045b1ee76_l
《人物》
50代女性、主婦
手が腫れぼったく、動かすと痛くて力が入らない。腱鞘炎と言われたと嘆いていた

《性格》
継続力・集中力
完璧主義・現実逃避する

《原因となっている言葉》

「もっとやる」
この言葉を思って、いつまでも止められない癖がありました。

《セラピーで処方した言葉≫

「もう充分だと思って手を休めている!」
この言葉を20回言うと「指先がピリピリしてきた。手が暖かくなった。動かしてもさっきより痛くない」と言っていました。

この言葉を、症状がとれるまで、毎日30回以上言うことを提案しました。
「もっとやる」と思ったら、すぐにこの言葉を3回以上言って、実行もするよう提案しました。
5265f9e968af890852a677fb01e11284_l
1週間後の報告で、
「手の動きはイマイチですが、痛みは3割りほどになりました。腫れぼったい感じも半分ぐらいになりました」と言っていました。

2週間後の報告では、
「日常的には、ほとんど気になりません。大好きな編み物も、自分の癖を意識して、ほどほどにやっています」
と言っていました。

あなたも「もっとやる」と思って、いつまでも止められずにいたら、

「もう充分だと思って手を休めている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の手が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【腱鞘炎その1・手を貸し過ぎて腱鞘炎にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

腱鞘炎を解消した言葉

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

《人物》
50代女性、パート社員
手首から指にかけて腫れぼったく、曲げ伸ばしが痛い。腱鞘炎と言われたと訴えていた

《性格》
親切・気づかい上手
独占欲が強い、一方的

《原因となっている言葉》

「私がしてあげなくちゃ」
何かにつけ、人に任せられず、この言葉を思って手を貸し過ぎていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「信頼して何でも任せている!」
この言葉を20回言うと、「手が、前より動かしやすくなった気がする」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜、10回以上ずつ言うことを提案しました。
また、「私がしてあげなくちゃ」と思った時は、この言葉を3回以上言うことと、実行することを、提案しました。
ca03ef6b1541d1f375b0cdf9905f2f3f_l
1週間後の報告で、
「実行するのはなかなか難しいけど、言葉は言ってます。腱鞘炎の痛みは半分ぐらいになりました」
と言っていました。

1カ月後に、
「腱鞘炎は良くなりました。人に任せるのは相変わらず苦手ですが、相手のためにも良いと分かったので、やっています。」
と言っていました。

あなたも「私がしてあげなくちゃ」と思っていたら、

「信頼して何でも任せている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の手の曲げ伸ばしが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【つかめないストレスが手にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

握れなかった手が握れるようになった言葉
7d65d7c09df39b5d68d6060c88e0c27b_l
《人物》
20代男性、学生
手が腫れて、握ろうとしても痛くて握れないと訴えていた

《性格》
探求心旺盛・感性豊か
独占欲が強い・お節介

《原因となっている言葉》

「何思ってんだかつかめない」
彼女に対して、何かにつけてこの言葉を思っていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「必要なことは、つかんでいるからよい!」
この言葉を10回言ってもらうと、「さっきより手が楽に動く」と言っていました。

この言葉を、毎日20回以上言うことを提案しました。
また、彼女に対して「何思ってんだかつかめない」と思ったら、直ぐにこの言葉を3回以上言うことも、提案しました。
ed83aedbe0841c8ab0ce1d40d057d5c9_l
3日後の報告で、
「あの日、寝るまでずっと言葉をつぶやいていました。翌朝起きたら、手がちゃんと握れました。もう大丈夫と思ったら、また握れなくなったので言葉を言っています。言葉を言うとしばらくして、楽に握れるようになります」
と言っていました。

2週間後に、
「手が楽に握れるようになりました。時々ヤバいと思ったら言葉を言って戻しています。彼女のことが前よりは解る気がします」
と言っていました。

あなたも「何思ってんだかつかめない」と思っていたら、

「必要なことは、つかんでいるからよい!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の手が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【子供への不満が小指にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

動かなかった小指を動かした言葉
c51fd942ad9e01219fad8a115afa1910_l
《人物》
30代女性、計理士
小指が痛くて動かず、パソコンもうまく打てなくて仕事がはかどらないと、悩んでいた

《性格》
感性豊か・細やか
心配性・お節介

《原因となっている言葉》

「また言うこと聞かないんだから」
何かにつけてこの言葉を思って、子供に不満をつのらせていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「必要ななことは聞いてくれているから、あとはこの子に任せている!」
子供をイメージして、この言葉を10回言ってから小指を動かすと、「あら、動くわ」と言いました。

この言葉を、毎日20回以上言うことと、
「また言うこと聞かないんだから」と思った時に、すぐ3回以上この言葉を言うことを、提案しました。
6f3c7f47d5471278374e9613cc6f0321_l
一週間後の報告で、
「その日のうちに、小指は動くようになりました。最初は動かす時の痛みがありましたが、今は気にならなくなりました。子供のことも、前ほど気にならないし、気持ちが楽です」
と言っていました。

あなたも「また言うこと聞かないんだから」と、自分の子供や人のお子さんにに思っていたら、

「必要ななことは聞いてくれているから、あとはこの子に任せている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の小指が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【仲良くしたいと思ったら中指が!】からだ言葉セラピーカルテより

中指の痛みを解消した言葉
e11c4a2d83b12c34604555ddc3c23211_l
《人物》
60代女性、個人商店主
何もしていないのに中指が痛くて、動かし辛いと訴えていた

《性格》
気さく・社交的
おしゃべり・ひがみっぽい

《原因となっている言葉》

「仲良くしたいのに」
息子さんのお嫁さんに、思っていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「仲良くしている!」
この言葉を10回言って中指を動かし、変化を確認してもらいました。
「痛いけどよく動く」と言っていました。

この言葉を、毎日20回以上言うことを提案しました。
また、「仲良くしたいのに」と思った時は、その都度すぐに、この言葉を3回以上言うことも、提案しました。
ce3a4d66f66ead584018293cdfbb6cce_l
3日後の報告で、
「中指は、言葉を言った後だけ痛くない」と言っていました。

1週間後の報告で、
「中指の痛みは、ほとんど気にならなくなった。お嫁さんのことも、前より気にならなくなってきた。その方が、かえってうまくいくみたいだ」
と言っていました。

あなたも「仲良くしたいのに」と思っていたら、

「仲良くしている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の中指が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは