【過去に基準を置いていたら背中にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

背中のダルさを解消した言葉
440d71cdf14f1b2021f173045c5f5ba3_l
《人物》
40代女性、自営業
背中がダルくて仕方ない。体に異常はないのに、、と嘆いていた

《性格》
記憶力が優れている・想像力豊か
結果にこだわる・心配性

《原因となっている言葉》

「やっぱりダメだろうな」
始める前から、知らずのうちに、過去に上手くいかなかったことを基準に考えて、始めづらくしていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「過去の基準より今の自分を信頼して、うまくいっている!」
この言葉を10回言うと「変化は感じない。気分はいい」と言っていました。

この言葉を、毎朝昼夜に10回ずつ言うことを提案しました。
また、何かにつけて、始める前にこの言葉を数回繰り返してから始めるとよいと、アドバイスしました。
a8b1f7918a15e3ed2a3e8de724990bc8_l
1週間後の報告で、
「特に何かが変わったわけではないけど、背中が楽です」と言っていました。

あなたも「やっぱりダメだろうな」と思っていたら、

「過去の基準より今の自分を信頼して、うまくいっている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の背中が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【不健康な行為を責めて肩甲骨が凝った!】からだ言葉セラピーカルテより

肩甲骨周辺の不快な凝りを解消した言葉
0eea948bbaca63e16c5d60f0034d6da1_l
《人物》
30代男性、フリーター
肩甲骨周辺が凝って不快でたまらないと悩んでいた

《性格》
分析力がある・洞察力がある
自制心が弱い・自分を責める

《原因となっている言葉》

「カラダに悪いよな、、」
つい不健康な行為をしながら、そのたびに自分を責めていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「自分はいつも健康に最適なことをしている!」
この言葉10回言うと「肩甲骨の不快感が減った」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜に10回以上ずつ言うこと
「カラダに悪いよな、、」と思ったら直ぐに3回以上言うことを提案しました。
eabf183631aa23d84339a3451eb2dcdf_l
5日後に、
「その日は言葉をずっと繰り返していました。言うと背中が楽な気がしました。翌日起きたら肩甲骨の不快感は半分ぐらいになっていました。今は20%ぐらいかな。スッキリするまでつづけます」と言っていました。

あなたも「カラダに悪いよな、、」と思っていたら、

「自分はいつも健康に最適なことをしている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の肩甲骨が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【仕方なく背負って背中が凝った!】からだ言葉セラピーカルテより

ガチガチの背中の凝りを解消した言葉
6da9b262929ed1138cb319c865603996_l
《人物》
40代男性、自由業
ガチガチに背中が凝って痛いと訴えていた

《性格》
責任感が強い・親分肌
頼めない・協調性がない

《原因となっている言葉》

「結局自分が背負うしかない」
この言葉を思って、何でもかんでも背負っていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「気楽に頼んで協力し合っている!」
この言葉を20回言うと「背中がざわざわしてきた。楽に動く」と言っていました。

この言葉を毎朝、昼、夜に10回ずつ言うことを提案しました。
4dcca60d62413b1a991edb586271c00f_l
1ヶ月後に下記の報告がありました。
「2,3日で、背中の凝りが感覚的には半減した気がします。気持ちもすごく楽になったと言うか。実際に人に頼むのは、最初抵抗がありましたが、やっています。それをやりだしてから、背中の凝りがさらに楽になって、今はほとんど気になりません」

あなたも「結局自分が背負うしかない」と思っていたら、

「気楽に頼んで協力し合っている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の背中が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは