【やり残し感が不眠にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

寝つけない不眠を解消した言葉
1840718fc24dbbd6f21df41ccd5a8409_l
《人物》
40代男性、ビジネスマン
得意な仕事を任されて張り切っていたのに、夜寝つけなくなり、辛いと訴えていた

《性格》
綿密にできる・責任感がある
完璧主義・先を急ぐ

《原因となっている言葉》

「今日中にやっておきたかった」
仕事をやり残したという気持ちを引きずっていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「今日必要なことは、総てやり終えた!」
この言葉を20回言うと「頭と肩が楽になった」と言って大きなあくびをしました。

この言葉を、仕事を終えてから夜寝るまでに、30回ずつ言うことを提案しました。
2915775685798c67fb491ad43be17d98_l
3日後、
「寝つく時間はかわりませんが、言葉を言いながら眠ると、辛さが半分以下です」と言っていました。

1ヶ月後の報告で、
「よく寝つけるようになりました。グッスリ眠れてカラダは楽だし、仕事はもともと好きだし、楽しいです」と言っていました。

あなたも「今日中にやっておきたかった」と思っていたら、

「今日必要なことは、総てやり終えた!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の睡眠が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【邪魔されていると思っていたら、コレステロール値にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

高かったコレステロール値を下げた言葉
91ee2fb84f2f21ba116f7039bc362221_l
《人物》
30代男性、会社員
自覚症状はないがコレステロール値が高いと言われたと訴えていた

《性格》
信念がある・独自性がある
人のせいにする・思い込む

《原因となっている言葉》

「やろうとするといつも邪魔される」
邪魔されて、やりたいことがスムーズにできないと嘆いていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「協力してもらって、いつもスムーズに進んでいる!」
この言葉を10回言うと「気持が楽になった。肩から背中にかけて暖かい」と言っていました。

この言葉を、毎日20回以上言うこと、
「邪魔されている」と思ったら、直ぐにこの言葉を3回以上言って、気持ちをきりかえることを提案しました。
また、先入観をはずして、本当に邪魔されているのか考えると良いとのアドバイスもしました。
06bbac84d4b5878be7257f6719724675_l
1ヶ月後、
「この頃、邪魔されていると思うことが、ずいぶん減ってきました。結局は、できないのを人のせいにしていたんだと思います。そう思いだしてから、いろんなことがスムーズにいくようになりました。」と言っていました。

その後、
「会社の健康診断で、今年はコレステロール値が正常でした」と言っていました。

あなたも「やろうとするといつも邪魔される」と思っていたら、

「協力してもらって、いつもスムーズに進んでいる」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の血管が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【身につかない焦りで激痩せに!】からだ言葉セラピーカルテより

激やせにストップをかけた言葉
a04c660fdcc0cb60950a09c53117ba89_l
《人物》
40代男性、ビジネスマン
体重が急に減りだし止まらない。原因が解らず心配だと訴えていた

《性格》
自分に厳しい・優秀
人と比べる・結果にこだわる

《原因となっている言葉》

「いつまでやっても、こんなんじゃダメだ」
やっていることが、なかなか身につかないと、焦っていました。

※このケースでは「身につかない焦り」で痩せましたが、
逆に「身につかない焦り」で太るケースもあります。

《セラピーで処方した言葉≫

「必要なことは充分に身につけている!」

「いつまでやってても、こんなんじゃダメだ」と思っていることをイメージして、この言葉を20回言うと、
「カラダの芯が温かくなってきた。みぞおちやお腹の中も」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜、に10回ずつ言うことと、
「いつまでやってても、こんなんじゃダメだ」と思ったら直ぐに、この言葉を3回以上言うことを提案しました。
6b0b95eae15b6c479baf9b9d298fd957_l
10日ほど経って、
「体重が減るのは、どうも止まったようです」と言っていました。

1ヶ月後の報告で、
「体重は元に戻って、良い感じでキープしています」と言っていました。

あなたも「いつまでやっても、こんなんじゃダメだ」と思っていたら、

「必要なことは充分に身につけている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の体重が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【否定的な思考や会話が二日酔いにきた!】からだ言葉セラピーカルテより

癖になった二日酔いを解消した言葉
60830ff1528df2193461c276292b171b_l
《人物》
40代男性、会社員
アルコールには強かったのに、飲むたびに二日酔いになると、落ち込んでいた

《性格》
観察力がある・正義感がある
権威に弱い・人のせいにする

《原因となっている言葉》

「全くイヤになるよな」
この言葉を言ったり思ったりして、お酒を飲んでいました。

《セラピーで処方した言葉≫

「総てが楽しい!」
この言葉を20回言うと「気分は変わらないけどカラダが暖かい」と言っていました。

この言葉を、今から家に帰るまで何度も繰り返すことと、
お酒を飲む前、飲んでいる時、飲んだ後、この言葉を繰り返し思うことと、
普段「全くイヤになるよな」と、思った時も言った時も、その後すぐにこの言葉を3回以上言うことを、提案しました。
13c26c608a4c8fea476b8e4acf2e6b56_l
その後の報告で、
「最初はアホらしいと思ったけれど、言葉を言いつづけたら、なぜか気分がスッキリした。騙された気で実行したら、本当に二日酔いにならなくなった。だから普段も言葉を言っている」と言っていました。

あなたも「全くイヤになるよな」と思っていたら、

「総てが楽しい!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の体調が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【糖尿その2・自分を甘やかしていたら糖尿にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

進んだ糖尿を癒した言葉
068064ad606e98975b21b3b9e3dbc1ec_l
《人物》
50代女性、自営業
糖尿が進んできた、眠気や疲れがひどく、足にしびれが出てきたと悩んでいた

《性格》
多才・楽観的
誤魔化す・先送りする

《原因となっている言葉》

「分かっているけど今はやらない」
この言葉を思って、大事なことから逃げる癖がありました。

《セラピーで処方した言葉≫

「大事なことに、今取り組んでいる!」
この言葉を「大事なこと」をイメージして10回言うと、「抵抗感がある」と言っていました。
さらに10回言うと、「足のしびれ感が少し減った」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜に10回以上ずつ言うことを提案しました。
また、実際にも実行する方が良いと提案しました。
fff3753d3e0589e2f05be9bc8a72bae3_l
1ヶ月後の報告で、
「足のしびれは気にならなくなりました。血糖値は波がありますが、少しずつ正常値に近づいているみたいです。疲れを感じる程度は、ひどい時の半分ぐらいです」
と言っていました。

あなたも「分かっているけど今はやらない」と思っていたら、

「大事なことに、今取り組んでいる!」と言って、取り組んでくださいね。

あなたとあなたの大事な人の血糖値が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【糖尿その1・自分に厳し過ぎて糖尿にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

血糖値を下げた言葉
5d8ce5c94531bf2eb04fcf9b9e44cd37_l
《人物》
50代男性、会社員
疲れやすくて体調がすぐれず、食後にすごい眠気に襲われていた
血糖値が高いと言われたと訴えていた

《性格》
勉強家・真面目
自分を責める・依存傾向

《原因となっている言葉》

「やるべきことをやっていない」
しょっちゅう、この言葉を思って、自分を責めていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「やるべきことを、充分にやっている!」
この言葉を10回言ってもらうと、「気分が落ち着いた気がする」と言っていました。
「やるべきことで、やっていないと思うこと」をイメージして、さらに10回言ってもらうと、「すごく疲れていたのに、楽になった気がする」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜に10回以上ずつ言うことを提案しました。
ad241f4fdb7efe4e1e71d4b88b0b2ffa_l
1週間後の報告で、
「疲れがとれてきました。食後の眠気も軽くなってきました」
と言っていました。

1ヶ月後に、
「血糖値がほぼ正常になりました。体調も良くなりました。検査で褒められました。言葉、つづけます」
と言っていました。

あなたも「やるべきことをやっていない」と思っていたら、

「やるべきことを、充分にやっている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の血糖値が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【焦り過ぎて熱が出た!】からだ言葉セラピーカルテより

原因不明の突然の高熱を解消した言葉
c5162ba36b172ba98a950c18496c4462_l
《人物》
40代女性、デザイナー
突然の高熱でフラフラになり、原因も解らないと訴えていた

《性格》
責任感がある・情熱家
自分で抱え込む・きっちり性

《原因となっている言葉》

「間に合わない!どうしよう」
この言葉を思って、焦り過ぎて、文字通り熱くなっていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「必要な時までに、余裕をもって楽にできている!」
この言葉を20回言ってもらうと、「フラフラした感じが少し減った」と言っていました。
下記2点の提案をしました。
その日は、この言葉を、繰り返し言ったり思ったりすること。
翌日からは、平常に戻るまで、この言葉を1日に30回以上言うこと。
6cb8a4c963c0a3eb7e1cd0fa9392616a_l
3日後の報告で、
「その日は、言葉を言っているうちに、ぐっすり眠ってしまいました。翌朝はスッキリ目が覚めて、熱も下がっていました。多少フラフラしていましたが、言葉を言いながら仕事をしているうちに元気になりました」

あなたも「間に合わない!どうしよう」と思っていたら、

「必要な時までに、余裕をもって楽にできている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の体温が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【イヤがられていると思っていたら、体臭が!】からだ言葉セラピーカルテより

洗っても出てくる体臭を消した言葉
5f50e4f69c672a1a6acd39d398bc01ec_l
《人物》
40代男性、会社員
体臭がひどくなり、人からも言われ、気になるが何をしても消えないと悩んでいた

《性格》
感受性豊か・個性的
疑い深い・自己評価が低い

《原因となっている言葉》

「イヤがられている」
この言葉を思い、周りの人を気にしてビクビクしていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「好感をもたれている!」
この言葉を10回言ってもらうと、「気分が落ち着いた気がする」と言っていました。
特に気になる相手をイメージして、さらに10回言ってもらうと「頭や肩が楽な気持ちだ」と言っていました。

この言葉を、人といる時にいつも思うよう提案しました。
また、人と会う前に、この言葉を10回以上言うことも提案しました。
88ebdb5405c5276bfb86bc9841dabb76_l
1週間後の報告で、
「体臭が減っています。前ほど気にならなくなりました」
と言っていました。

また、すぐその後、
「体臭が、自分では全く気にならなくなりました。本当に消えたのか心配だったので、友達に嗅いでもらったら、全然大丈夫だと言われました」
と言っていました。

あなたも「イヤがられている」と思っていたら、

「好感をもたれている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の体臭が、癒されますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【人とのギクシャクがフシブシにきた!】からだ言葉セラピーカルテより

全身の関節の痛みを解消した言葉
f159a342e55242af451b35f98577dd77_l
《人物》
50代女性、地域活動リーダー
カラダのフシブシが急に痛くなり、毎日が辛いと訴えていた

《性格》
自信がある・積極的
一方的・せっかち

《原因となっている言葉》

「どうもギクシャクしている」
今進めている企画で人と上手く連携できず、落ち込んでいました。

《セラピーで処方した言葉≫

「スムーズに連携している!」
この言葉を20回言ってもらうと、「身体が楽だ。特に首から肩が楽に感じる」と言っていました。

この言葉を、毎日30回以上言うことを提案しました。

このケースでは、スムーズに連携するためのポイントが「相手を尊重すること」でした。
その場合は、上記の言葉にそのポイントを加えて「相手を尊重して、スムーズに連携している!」と言う言葉にすると効果的です。
c0ef59e52ea5258e8daba52b80cb9e07_l
2週間ほど後の報告で、
「この言葉を毎日言ったり思ったりしていたら、カラダ全体が徐々に楽になってきました。日によって、肩や首が気になったり腰が気になったりと、波はありましたが、今はそれもありません」
と言っていました。

あなたも同じように「どうもギクシャクしている」と思っていたら、

「スムーズに連携している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人のカラダのフシブシが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【自分の能力を低く見積もって、貧血になった!】からだ言葉セラピーカルテより

慢性的な貧血を解消した言葉
ff94a5b0ae12a978941a38350485b65b_l
《人物》
40代女性、進学塾経営
慢性的な貧血があり、時々ひどい立ちくらみを起こす、と悩んでいた

《性格》
謙虚・努力家
自己評価が低い・完璧主義

《原因となっている言葉》

「私なんかが」

何かにつけて、この言葉を思って、自分の能力を低く見積もっていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「私には素晴らしい能力がある!」

この言葉を20回言ってもらいました。
その時は特に変化はありませんでしたが、帰り際に「気持ちが軽くなった気がする」と言っていました。

下記の2点を提案しました。
1. この言葉を、朝、昼、夜に、10回以上ずつ言う
2.「私なんかが」と思っていることに気づいた時は、すぐにこの言葉を3回以上言う
eff9a312cab43e70ccbc33374e51f2d5_l
1ヶ月後の報告では、
「立ちくらみの回数は30%ぐらい、程度は20%ぐらいになった」
とのことでした。

半年後の報告では、
「その後、数回立ちくらみが起きたが、言葉を言うとすぐおさまった。今は立ちくらみは起きてない。健康診断の結果、貧血がかなり改善されていることが分かった」
とのことでした。

あなたも「私なんかが」と思っていたら、

「私には素晴らしい能力がある!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の血液が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは