【ハラの中でバカにしてたら腹痛にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

右腹の気になる痛みを解消した言葉
d4699b5a6a7b506ff79f91b2f8f2a799_l
《人物》
30代男性、公務員
腹痛がたびたび起きるが、いつも右側だけが痛くなると訴えていた

《性格》
よく気づく・冷静
表面的・本音を言わない

《原因となっている言葉》

「かわいそうに」
相手に本音を言わず、お腹の中でバカにしていました。

※右腹が痛くなるこのケースでは、バカにしている相手は「男性」ですが、
左腹が痛くなる時は相手が「女性」です。
参考にしてください。

《セラピーで処方した言葉≫

「相手を尊敬して、必要なことを本音で言っている!」
この言葉を10回言うと「はぁ〜」と、大きな息を吐きました。
相手をイメージしてさらに10回言うと「お腹が楽になりました」と言っていました。

この言葉を毎日20回以上言うことと、
相手と一緒にいる時は、この言葉を何度も思うことを提案しました。
79a92d392925f84470f6662d57f0426f_l
1ヶ月後の報告で、
「あれから腹痛は起きませんでした。正確に言うと、起きかけたことが4、5回ありましたが、言葉を思ったら起きずに済みました。相手をバカにしていたことに気づけたことも良かったです」
と言っていました。

あなたも「かわいそうに」と思って相手をバカにしていたら、

「相手を尊敬して、必要なことを本音で言っている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人のお腹が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【要不要を曖昧にしていたら腎臓にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

腎機能の低下を解消した言葉

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
《人物》
顔や手足のむくみが気になっていたが、腎機能が低下していると言われたと悩んでいた

《性格》
順応性がある・温和
優柔不断・目を逸らす

《原因となっている言葉》

「どっちでもいい」
この言葉を思って、何かにつけて、要不要の判断を曖昧にしていました。

《セラピーで処方した言葉≫
「要不要の判断をはっきりさせている!」
この言葉を20回言うと「肩甲骨の下のあたりの凝りがほぐれた」と言っていました。

この言葉を毎朝昼夜に10回ずつ言うことと、この言葉を実行することを提案しました。
9e862556f49f31e24e9c350fd90e440e_l
1週間後、
「顔のむくみが少し取れてきた気がします」と言っていました。

1ヵ月後の報告で、
「尿検査はOKでした。顔や手足のむくみは気にならない程度になりました。要不要の判断をはっきりさせると、今まで気づかなかったことが解ったりして、結構楽しいです」と言っていました。

あなたも「どっちでもいい」と思っていたら、

「要不要の判断をはっきりさせている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の腎臓が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【女として半端だと思っていたら、腰にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

下腹部にひびく重苦しい腰痛を解消した言葉
6fc8ce4fa88ae6c7bdc81fafda459901_l
《人物》
30代女性、派遣店員
下腹部にひびく重苦しい腰痛があり、生理の時は特に辛いと訴えていた

《性格》
女らしい・情熱的
人と比べる・体制的

《原因となっている言葉》

「彼氏いないのは私だけだ」
仲の良い異性がいないことを、女として半端だと思っていました。

《セラピーで処方した言葉≫
 
「自分らしく女らしさを発揮して、自分にベストなタイミングで、自分にベストな異性と出逢い、仲よくしている!」
この言葉を10回言うと「腰の重苦しさが少し減って楽だ。左の腰が中の方からが熱くなってきた」と言っていました。

この言葉を、腰が気にならなくなるまで、1日に30回以上言うことを提案しました。

※男性の方も、「女らしさ」の部分を「男らしさ」にかえて、活用してくださいね。
58f07aa444a5cb99226131b7ca8d41b8_l
2週間後の報告で、

腰の痛みは半分ぐらいに減りました。
今月の生理は楽でした!
言葉を言っていたら、「今、彼氏がいるかどうか」よりも、「自分にとってベスト」ということが大事と思えてきました。
これからも言葉を言います。
「自分に合った素適な彼ができるかも」と、思える時もあります。

と言っていました。

あなたも「彼氏いないのは私だけだ」と思っていたら、

「自分らしく女性らしさを発揮して、自分にベストなタイミングで、自分にベストな異性と出逢い、仲よくしている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の腰が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【不要なことを断れず、尿管結石にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

尿管結石を解消した言葉
df6ed5ab15687dc7214cfdd21259750e_l
《人物》
40代男性、会社員
尿管結石がある。いつまた激痛が起きるかと思うと恐ろしいと訴えていた

《性格》
許容力がある・親切
気が弱い・人に引きずられる

《原因となっている言葉》

「嫌なんだけどしょうがないよな」
この言葉を思いながら、不要なことを断れずに抱え込んでいました。

《セラピーで処方した言葉≫

「不要と思ったら、気楽に断っている!」
この言葉を20回言うと「背中のウエストのあたりや脇腹が楽になってきた」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜に10回以上ずつ言うことを提案しました。
また、この言葉を普段も意識して、実行することも提案しました。
33f50d0fe00c3370aea01b7840daaf53_l
1ヵ月後に報告があり、
「あれから、背中や下半身が楽になってきて、体調も良くなりました。言葉を意識して頑張って実行しています。結石は今のところ、全く何ともありません。消えてしまったのかも」と言っていました。

あなたも「嫌なんだけどしょうがないよな」と思って抱え込む前に、

「不要と思ったら、気楽に断っている!」と言って、実行してくださいね。

あなたとあなたの大事な人の尿管が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【潔癖過ぎて膀胱にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

膀胱炎を解消した言葉
50af07e33ee380d84e12295d33503167_l
《人物》
30代女性、美容師
膀胱炎が癖になってたびたび起きる。起きると長引いてなかなか治らないと嘆いていた

《性格》
丁寧・正確
潔癖症・頑固

《原因となっている言葉》

「全部ちゃんとしてなくちゃイヤ」
何かにつけ、少しのマイナスにも過敏になっていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「ちょうど良い加減がベストだ!」
この言葉を10回言うと「下腹部の、しくしくした痛みが薄れてきた。身体が暖かくなってきた」と言っていました。

膀胱炎が解消するまで、この言葉を毎朝、昼、夜に10回以上ずつ言うことを提案しました。
2d04e1fec4eefff10f308d73798a6405_l
1週間後に下記の報告がありました。

言葉を言いながら家に帰り、寝るまで繰り返し言っていました。
薬でも取れなかった排尿後の痛みが、寝る前には半減していました。
翌日はさらに辛さが和らいで、4日ほどでほとんど気にならなくなりました。
言葉は気に入ったので、今も時々言っています。

あなたも「全部ちゃんとしてなくちゃイヤ」と思っていたら、

「ちょうど良い加減がベストだ!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の目まいが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【やり残しを気にして尿漏れにきた!】からだ言葉セラピーカルテより

不安でやっかいな尿漏れを解消した言葉
132e328690ba3197f5268962e3cfff71_l
《人物》
30代女性、会社員
頻繁に尿漏れが起きるようになったと悩んでいた

《性格》
良く気づく・計画性がある
心配性・完璧主義

《原因となっている言葉》

「あれもまだ全部やってないし」
この言葉を思って、やり残していることをいつも気にしていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「必要なことから順にできているから安心だ!」
この言葉を10回言うと、「気分が落ち着いて少し安心した」と言っていました。
実際に気になっていることをイメージして、さらに10回言うと、「身体の緊張がほぐれて、下半身が楽だ」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜、10回以上言うことを提案しました。
特にやり残しが気になる時には、その時も言うようにアドバイスしました。
2e31439ecd794c627b2f7fd17c9b0e54_l
1週間後の報告で、
「翌日、尿漏れの量が半分ぐらいになりました。その日は、回数はあまりかわりませんでしたが、翌々日から回数も少なくなってきて、今は3分の1ぐらいになりました。尿漏れはまだありますが、不安感から解放されたのが一番嬉しいです」
と言っていました。

1ヶ月後に、
「2週間ほどたったころに、ほとんど気にならなくなりました。今はもうバッチリです」
と言っていました。

あなたも「あれもまだ全部やってないし」と思っていたら、

「必要なことから順にできているから安心だ!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人のおしっこが、楽になりますように!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【自分が出せず、おへそにきた!】からだ言葉セラピーカルテより

腫れて痛がゆいおへそを癒した言葉
2a1c3c26cfae76df452f0a91a2040045_l
《人物》
30代男性、教師
おへそがかゆくてかゆくて、かいたら腫れて痛くなったと悩んでいた

《性格》
理想が高い・ロマンチスト
完璧主義・自己卑下

《原因となっている言葉》

「本当の自分を知られたくない」
この言葉を思って、親しくなった異性に、自分の本音を出せずにいました。

この言葉を自分が思っていたことを知って、「確かにそう思っていました!でも、今まで全く気がつかなかったです」と言っていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「自分を知ってもらうのが楽しいと思って、楽に自分を出している!」

この言葉を10回言ってもらうと、「気分が楽になってきた」と言っていました。
さらに10回言ってもらうと、「おへそのモゾモゾ感が消えた」と言いました。

この言葉を、おへそが気にならなくなるまで、毎日30回以上言うことを提案しました。
彼女といる時は、この言葉を思っていると良いとの提案もしました。
e54818c50a474731df642d53c6e99c8f_l
翌日、
「おへそが、かゆくなくなくなりました」
との報告がありました。

3日後には、
「おへその腫れが消えました。言葉が気に入ったので、これからも言います」
と言っていました。
あなたも「本当の自分を知られたくない」と思っていたら、

「自分を知ってもらうのが楽しいと思って、楽に自分を出している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人のおへそが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【チョイスが正しかったか気にしていたら、尿の出が悪くなった!】からだ言葉セラピーカルテより

尿の出をスッキリさせた言葉
a8f21be74e3d83917dcfb6588e8cc67c_l
《人物》
30代女性、ライター
尿の出が悪く排尿に時間がかかるし、
気になって何度もトイレに通うと悩んでいた

《性格》
きれい好き・多様な考え方ができる
完璧主義・用心深い

《原因となっている言葉》

「ほんとにこれで正しいのかな」
この言葉を思って、自分のチョイスが正しかったかどうかを、気にしていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「正しい選択をした!」
この言葉を20回言ってもらうと、「さっきからトイレが気になっていたのに、おさまってきた」と言っていました。

この言葉を毎日、朝昼夜に各10回以上言うことを提案しました。
1b42ea28f91cc8277adbdfc5fa2643ac_l
3日後の報告で、
「残尿感は50%ぐらいになりました。まだ気になって、相変わらず何度もトイレに通っています」
と言っていました。

1週間後に、
「残尿感は、あったりなかったりです。あっても前ほどではないです。トイレの回数は、さほど不便を感じない程度になりました。言葉をつづけます」
と言っていました。

あなたも「ほんとにこれで正しいのかな」と思っていたら、

「正しい選択をした!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人のおしっこが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【切り開く意欲を失って勃起能力低下した!】からだ言葉セラピーカルテより

低下した勃起能力を回復させた言葉
6e7129af8d1b951909e87bb816602cba_l

《人物》
50代男性、会社経営
「もう年なんだろうか。このごろすっかり立たない」と落ち込んでいた

《性格》
多才・社交家
諦めが早い・横着

《原因となっている言葉》

「こんなところで、もういいか」
このごろ、たびたびこの言葉を思って、事業を切り開く意欲を失くしていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「どんどん切り開いている!」
この言葉を10回言ってもらうと、「身体がぽかぽかしてきた」と言っていました。
さらに10回言ってもらうと、「何だか元気が出てきた気がする」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜、10回ずつ言うことを提案しました。
ea920392faedfa9da67f3204911ff8fc_l
1週間後に、
「いやぁ、おかげ様で!」と嬉しそうに報告がありました。

1ヶ月後の報告で、
「おかげ様で快調です!仕事も面白くって、楽しくって、ガンガンやってますよ。」と言っていました。

あなたも「こんなところで、もういいか」と思っていたら、

「どんどん切り開いている!」と言ってくださいね。
女性の方は、大事な人に教えてあげてくださいね。

あなたとあなたの大事な人のセックスが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【便秘その3・捨てられないストレスが便秘に!】からだ言葉セラピーカルテより

気のなる便秘を解消した言葉

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

《人物》
50代女性、公務員
今まで便秘になったことがなかったのに便秘になった

《性格》
家族を大事にする・記憶力が良い
過去にとらわれる・優柔不断

《原因となっている言葉》

「捨てられない」
この言葉を思って、他界した家族の遺品整理で、ストレスをためていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「過去を楽に手放している!」
この言葉を10回言うと、お腹が突然活性化してきました。

下記3つの提案をしました。
1. 遺品整理をする前に、この言葉を言うこと
2. 遺品整理中も、この言葉を思うこと
3. 寝る前、起きた時に、この言葉を10回以上ずつ言うこと
ef406ccd13136d0b224ca5ddabab1466_l
1週間後の報告です。
「翌日の朝、お通じがうまくいきました。いざ遺品整理を始めると、調子が悪くなりますが、今までほどではありません」

2週間後の報告です。
「お通じが快調なってきました。遺品整理もはかどっています。時には迷うこともありますが、言葉を言うと良い判断ができる気がします」

あなたも「捨てられない」と思っていたら、

「過去を楽に手放している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人のお通じが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは