【自分を責めて胸の痛みがでた!】からだ言葉セラピーカルテより

胸の奥の辛い痛みを解消した言葉
85729eae8a3155bcfd681d8eca807bb8_l
《人物》
50代女性、ヘルパー
胸の奥深くが辛く痛み、時々強い不安感に襲われると訴えていた

《性格》
責任感がある・いちず
自分を責める・結果にこだわる

《原因となっている言葉》

「取り返しがつかないことをしてしまった」
かつて人の信頼を裏切ったことで、自分を責めていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「チャンスにして成長して、すでに信頼に応えている!」
この言葉を3分間言うと「この頃いつもある漠然とした不安感が、今消えている」と言いました。

この言葉を、毎朝、昼、夜、10回以上ずつ言うことを提案しました。
また、不安感に襲われた時は、落ち着くまで何も考えずに、この言葉を言いつづけることを提案しました。
fac8c7d49f262d1df89af2cebbeb9dd9_l
2日後に、
「朝起きてから仕事を始めるまで、この言葉を言っていたら、今までになく明るい気持ちで一日過ごせました。胸の痛みもなかったです」
と言っていました。

1ヶ月後の報告で、
「胸が辛くなる度合いも回数も、2割ぐらいになりました。不安感に襲われることはなくなりました」
と言っていました。

あなたも「取り返しがつかないことをしてしまった」と思っていたら、

「チャンスにして成長して、すでに信頼に応えている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の胸が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【依存していたら喘息がおさまり難くなった!】からだ言葉セラピーカルテより

子供の頃からの喘息を癒した言葉
06dd01de7e9553a5523ccc8a2d60adfd_l
《人物》
30代男性、会社員
子供の頃から喘息があり、発作がおさまり難くなってきたのが不安だと訴えていた

《性格》
素直・感受性が豊か
人の評価を気にする・依存傾向

《原因となっている言葉》

「自分ひとりではできない」
両親の加護のもと、子供の頃から、簡単にできることも人に依存していました。

《セラピーで処方した言葉≫

「自分のチカラで簡単にできている!」
この言葉を10回言うと「胸の奥がジワジワしたと思ったら、急に上半身が楽になった」と言っていました。

この言葉を、不安感がなくなるまで毎朝昼夜に10回ずつ言うことを提案しました。

1ヶ月後の報告で、
「今のところ喘息の発作は起きていません」と言っていました。
cd5d234d0660511899fb990392058325_l
1年後の報告で、
「今は発作が起きそうで不安になった時にだけ言葉を言っています。言うと、発作が起きても軽く、ほとんどの場合は、発作が起きる前に収まります。不安になること自体が今までの5分の1ぐらいに減りました」
と言っていました。

あなたも「自分ひとりではできない」と思っていたら、

「自分のチカラで簡単にできている!」と言ってくださいね。
親御さんは、お子さんのチカラを信頼して、自立を促すよう導いてくださいね。

あなたとあなたの大事な人の呼吸が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【オッパイその2・ 子供をつくらなかった後悔がオッパイにきた!】からだ言葉セラピーカルテより

オッパイのしこりを柔らかくした言葉
8239488923a929b37410453831b11a22_l
《人物》
50代女性、塾経営
オッパイにしこりができ、硬くなってきたと悩んでいた

《性格》
母性的・責任感がある
欲張り・心配性

《原因となっている言葉》

「私には子供がいないから・・」
何かにつけ、この言葉を思って、子供をつくらなかったことを後悔していました。

《セラピーで処方した言葉≫

「自分が最も幸せになるベストな選択をしてよかった!」
この言葉を20回言うと、「背中がポカポカしてきた。肩も胸も楽になってきた」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜に、10回以上ずつ言うことを提案しました。
40e70a41c3cad81272d0edec8c604a9c_l
1ヶ月後に報告があり、
「言葉を言っていたら、将来への漠然とした不安感が消えて、気持が楽になってきました。オッパイのしこりは最初は気になって、日に何度も触って確かめていたのですが、いつのころからか忘れるようになって….。先日気がついたら、しこりがなかったんです。いつ消えたのか分かりません」と言っていました。

あなたも「私には子供がいないから・・」と思っていたら、

「自分が最も幸せになるベストな選択をしてよかった!」と言ってくださいね。
男性の方は、大事な人に教えてあげてくださいね。

あなたとあなたの大事な人のオッパイが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【子離れしなかったらオッパイにきた!】からだ言葉セラピーカルテより

オッパイの硬いしこりを柔らかくした言葉
85729eae8a3155bcfd681d8eca807bb8_l
《人物》
40代女性、美容師
オッパイに硬いしこりができ、癌ではないがすごく気になると訴えていた

《性格》
献身的・愛情豊か
依存傾向・心配性

《原因となっている言葉》

「親なんだから、もっとしてやりたい」
大きくなった子供に対して、何かにつけてこの言葉を思って、子離れできずにいました。

《セラピーで処方した言葉≫

「楽に子離れして、自分の人生を充実させている!」
この言葉を10回言ってもらうと、「胸の中がすごくあザワザワする」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜に10回以上ずつ言うことを提案しました。
また、実際に実行すると良いと、アドバイスしました。。
eff6c508bd64a5429c50446ad1101b6a_l
2週間後の報告で、
「しこりはまだありますが、柔らかくなってきました」
と言っていました。

1ヵ月後に、
「しこりが、ほとんど消えました。子供のことが、前ほど気にならなくなり、好きなことができます」と言っていました。

あなたも「親なんだから、もっとしてやりたい」と思っていたら、

「楽に子離れして、自分の人生を充実させている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人のオッパイが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【生きるのが苦しくて息苦しくなった!】からだ言葉セラピーカルテより

苦しかった息を楽にした言葉
d5e1767096369f78656a6bb7c328cd7d_l
《人物》
50代男性、自営業
呼吸がしづらく、たびたび息苦しさに襲われる

《性格》
努力家・家族思い
頑固・心配性

《原因となっている言葉》

「生きるのは苦しい」
何かにつけて、この言葉を思っていました。

《セラピーで処方した言葉》

「楽に生きている!」
この言葉を20回言ったところ、息をする時の肩の上下動がおさまってきました。
さらに10回言ったところ、「普通に息ができている気がする」と言っていました。

この言葉を、1日に30回以上、息が楽になるまで毎日何度も言うよう提案しました。
c60420fa1c9e7daa820eaf44379f42af_l
1週間後に下記の報告がありました。
「ひどい息苦しさに襲われることは、かなり減りました。普段の息も楽になってきました。言葉を言うと気持ちがとても楽なので、つづけます」

あなたも「生きるのは苦しい」と思っていたら、

「楽に生きている!」って言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の息が、楽になりますように!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは