【おおっぴらにできない過去が、肛門の皮膚にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

肛門の皮膚の炎症を解消した言葉
a04a2e52baffd871297e6aba84f15c9f_l
《人物》
20代男性、会社員
肛門のまわりの皮膚が、炎症を起こしてヒリヒリ痛いと悩んでいた

《性格》
気づかいができる・慎重
常識的・取り繕う

《原因となっている言葉》

「おおっぴらにしたらマズいよな」
過去の或ることがオープンにできず、ぎこちない気持ちで人と接していました。

《セラピーで処方した言葉≫

「総て公然のことと考えて、自由に人と接している!」

「おおっぴらにしたらマズいよな」と思うことをイメージして、この言葉を20回言うと「お尻のヒリヒリ感が薄れた。肛門も楽だし、何だか背中も楽だ」と言っていました。

この言葉を毎日30回以上言うことを、提案しました。
8e6815aadbf9804fa84c4ece6006d325_l
1週間後、
「肛門の皮膚の炎症は消えました」と言っていました。

あなたも「おおっぴらにしたらマズいよな」と思っていたら、

「総て公然のことと考えて、自由に人と接している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の肛門が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは