【生理その2・母親嫌いが生理にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

生理の不調を癒した言葉
dc8bf8d3b1382f0f2e1f53c58097c56e_l
《人物》
20代女性、会社員
生理が来た年齢が遅く、来てからも不順で、生理痛もあると悩んでいた

《性格》
感性豊か・女らしい
人のせいにする・過去を引きずる

《原因となっている言葉》

「お母さん嫌い」
この言葉を思って育ち、その思いを成人してからも持ちつづけていました。
それが、母親になるための生理にも影響したようです。

《セラピーで処方した言葉≫

「お母さん大好き」
この言葉を20回言ってもらったところ「涙が出てきた。胸が暖かい。お腹が暖かい。腰が楽になってきた」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜に10回以上ずつ言うことと、特に生理中はたくさん言うことを提案しました。
1239a8e9be83f949ddb50b78dc14c67f_l
1ヵ月後に、
「今月の生理も遅れましたが、今までよりずっと楽でした」と言っていました。

半年後に、
「生理が順調に来るようになりました。生理痛は気にならない程度になりました。自分は本当は、母が好きなんだと思うことがあります。嬉しいです」と言っていました。

※母親に対する思考は、不妊にも影響するケースがあります。参考にしてください。

あなたも「お母さん嫌い」と思っていたら、

「お母さん大好き」と言ってくださいね。
男性は、大事な人に教えてあげてくださいね。

あなたとあなたの大事な人の生理が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【男性を引退しようとして前立腺にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

前立腺肥大症を癒した言葉
e6131d24b89e97d85734a0e4419c561e_l
《人物》
60代男性、自営業
尿が出にくく残尿感があり、前立腺肥大症と言われたと悩んでいた

《性格》
責任感がある・客観的な判断ができる
常識的・完璧主義

《原因となっている言葉》

「オレもそろそろ引退だな」
この言葉を思って、男性としての役割から退こうとしていました。

※「男性としての役割」は、
個々人の捉え方に加えて、社会通念、刷り込まれたもの、本能的なものなども含まれます。
ご自分で活用する時の参考にして下さい。

《セラピーで処方した言葉≫

「生涯オレは男性現役だ!」
この言葉を20回言うと「下腹に力が入ってきた。さっきまで感じていた残尿感が少し和らいだ」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜に10回以上ずつ言うことを提案しました。
212fc63294edb62a4303431f1f8fa78c_l
1週間後の報告で、
「残尿感は半分ぐらいになった。尿はまだ出にくい。トイレに行く回数が減った」
と言っていました。

また、1ヶ月後の報告では、
「気持に張りが出てきた。排尿時や排尿後の違和感は少し残っているが、気にならなくなった」
と言っていました。

あなたも「オレもそろそろ引退だな」と思っていたら、

「生涯オレは男性現役だ!」と言ってくださいね。
女性の方は、大事な人に教えてあげてくださいね。

あなたやあなたの大事な人の前立腺が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【生理その1・女は損だ!と思っていたら、生理痛になった!】からだ言葉セラピーカルテより

解消を諦めていた生理痛を解消した言葉

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
《人物》
30代女性、OL
良くならないものと諦めていた生理痛がひどくなり、悩んでいた
《性格》
向上心がある・理想が高い
批判的・おやじ

 

《原因となっている言葉》

「女は損だ」
何かにつけてこ、の言葉を思っていました。

 

《セラピーで処方した言葉≫

女性に生まれて最高に得している!
この言葉を10回言うと「特に何も感じない」と言っていましたが、さらに10回言うと「何だか背中やお腹や身体全体が暖かい気がする」と言っていました。

この言葉を、毎日20回以上ずつ言うことを提案しました。
79ed57bee83aa4839483d62f47f3c92c_l
半年後、
「生理痛は回ごとに軽くなって、今はさほどつらくなくなりました。体調も良くなりました」
と言っていました。

※生理痛は、
女性性を否定的に考えていると、起こる傾向があります。
生理痛が起きている時は、
その点を考慮して、ご自身に目を向けられると良いでしょう。

あなたも「女は損だ」と思っていたら、

「女性に生まれて最高に得している!」と言ってくださいね。
男性の方は、大事な人に教えてあげてくださいね。

あなたとあなたの大事な人の生理が、楽になりますように!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは