【邪魔されていると思ってコレステロール値にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

高かったコレステロール値を下げた言葉
39b66ad322a78ca79a2051f28d37e199_l
《人物》
30代男性、会社員
自覚症状はないがコレステロール値が高いと言われたと訴えていた

《性格》
信念がある・独自性がある
人のせいにする・思い込む

《原因となっている言葉》

「やろうとするといつも邪魔される」
この言葉を思って、やりたいことがスムーズにできないと嘆いていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「いつも協力してもらって、総てがスムーズに運んでいる!」
この言葉を10回言うと「気持が楽になった。肩から背中にかけて暖かい」と言っていました。

この言葉を、毎日20回以上言うこと、
「邪魔されている」と思ったら、直ぐにこの言葉を3回以上言って、気持ちをきりかえることを提案しました。
また、先入観をはずして、本当に邪魔されているのか考えると良いとのアドバイスもしました。
b3efcfa1944b20d2aae8ebc45405b32d_l
1ヶ月後、
「この頃、邪魔されていると思うことが、ずいぶん減ってきました。結局は、できないのを人のせいにしていたんだと思います。そう思いだしてから、いろんなことがスムーズにいくようになりました。」と言っていました。

その後、
「会社の健康診断で、今年はコレステロール値が正常でした」と言っていました。

あなたも「やろうとするといつも邪魔される」と思っていたら、

「いつも協力してもらって、総てがスムーズに運んでいる!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の血管が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【貧血その2・献身をつづけていたら貧血に!】からだ言葉セラピーカルテより

慢性的な貧血を解消した言葉
930aad1d186a3f87b5062da16b7d3510_l
《人物》
50代女性、公務員
健康な生活をしているのに、貧血が改善しないと悩んでいた

《性格》
献身的・優秀
偽善的・自己卑下する

《原因となっている言葉》

「今は自分のことはどうでもいい」
こう思って、自分のお金や時間やエネルギーを、人のために使っていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「お金も時間もエネルギーも、先ず自分を活かすために活用している!」

この言葉を10回言うと「そうだとは思うけど・・・」と言っていました。
「言葉を言うだけで良い」と納得して、さらに10回言うと、
「胸の奥から心臓の動きが伝わって来るような変な感じ」と言っていました。

この言葉を、自分でペースを決めて、毎日30回以上言うことを提案しました。
eec545b29e423532769db4e1680f86b5_l
2週間後の報告で、
「毎日の疲れ具合が以前と違ってきました。調子が良いです。言葉を言うだけでなく実行してみます。貧血の検査はしていないので実際のところは分かりません。」
と言っていました。

1年後に、
「おかげ様で、今年の健康診断で貧血は無かったです」と言っていました。
あなたも「今は自分のことはどうでもいい」と思っていたら、

「お金も時間もエネルギーも、先ず自分を活かすために活用している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の血液が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【お金をドブに捨てたと思ったら下血した!】からだ言葉セラピーカルテより

下血による極度の貧血を解消した言葉
54b481ef4c4189779afb337bf7e217da_m
《人物》
40代女性、パートタイマー
下血して急激に極度の貧血状態になったと訴えていた

《性格》
献身的・身内を大事にする
本音が言えない・自主性がない

《原因となっている言葉》

「大事なお金をドブに捨てた」
身内のために不本意な出金があり、この言葉を思っていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「お金を有効に活用して得をしている!」
この言葉を20回言うと「長い目で見たら、この言葉の通りかもしれないと、少し思えてきた」と言っていました。

貧血状態が解消するまで、この言葉を毎日30回以上言うことを提案しました。
e0dfb2280e2419016774aa6f0f24aca1_l
2週間後の報告で、
「下血はすぐに止みました。貧血の方も今は正常値です」と言っていました。

あなたも「大事なお金をドブに捨てた」と思っていたら、

「お金を有効に活用して得をしている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の血液が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

 

【人に合わせ過ぎていたら、不整脈にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

循環機能を癒した言葉
400d693838f5dcd8b23cacafde50dc49_l
《人物》
50代女性、公共施設スタッフ
脈が突然速くなったり遅くなったりする不整脈があり、時に動悸やめまいを伴うと訴えていた

《性格》
献身的・我慢強い
自分をないがしろにする・消極的

 

《原因となっている言葉》

「この人がいいようにしよう」
この言葉を思って、何でも人に合わせ過ぎていました。

 

《セラピーで処方した言葉≫

「自分の考えやペースを優先している!」
この言葉を20回言ってもらうと、「今まで何となくあった不安感が消えてきた。気持が落ち着いた。何だか頭までスッキリしたような気がする」と言っていました。

この言葉を、毎日30回以上言うことと、実際にも「自分の考えやペースを優先する」ことを提案しました。
c7b1207580903971c72d6126ff1d414f_l
1ヵ月後の報告で、
「動悸やめまいは一度も起きなかった。不整脈の頻度が今までの4割以下になった」
と言っていました。

あなたも「この人がいいようにしよう」と思っていたら、

「自分の考えやペースを優先している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の循環機能が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは