【言いたくないことが咳に出た!】~からだ言葉セラピーカルテより~

咳を止めて喉の調子を整えた言葉
a484071d1bb1e8c03661508e112fd063_l
《人物》
30代男性、会社員
「上司といると急に咳き込み、喉が変になり声が出にくい」と訴えていた

《性格》
協調性がある・優しい
気が弱い・権威主義

《原因となっている言葉》

「言いたくない」
言う必要があることを、なかなか言えずにいました。

《セラピーで処方した言葉》

「いつも気楽に必要なことを言っている!」
この言葉を10回言うと「さっきより、喉がいがらっぽくなくなった」と言っていました。

下記の3つを提案しました。
① この言葉を、仕事の前と昼休みと夕方に10回ずつ言う
② 上司といる時は特に、この言葉を意識する
③ この言葉を、できるだけ実行する
f05f53740e1ed1465a8f63bca671ccb1_l
2週間後の報告で、
「あの日から、喉は楽になりだしましたが、やっぱり上司といる時は変でした。1週間ほどたったころ、思いきって上司に提言したら、よい反応が返ってきました。それから急に咳込みが減り、上司とも話しやすくなりました。今は全然咳込みません」と言っていました。

あなたも「言いたくない」と思っていたら、

「いつも気楽に必要なことを言っている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の喉が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【呑み込めなくて、飲み込めなくなった!】からだ言葉セラピーカルテより

嚥下の障害を解消した言葉
fc32911044ab262222245add5b28c4cb_l
《人物》
50代女性、パートタイマー
食べ物がのどにつかえてうまく飲み込めず、普段もしょっちゅうむせると悩んでいた

《性格》
自信がある・ハッキリしている
頑固・感情的

《原因となっている言葉》
「納得できないことは絶対にイヤ!」
ちょっとしたことでも呑み込むことができず、拒絶していました。

《セラピーで処方した言葉》
「寛大に考えて先ず受け入れている!」
この言葉を20回言うと「喉の奥から胸の中まで、カラダの中のほうが動いている感じだ」と言っていました。

この言葉を毎日30回以上言うことを提案しました。
f5c3f7735b742dcfaafdb1d1951509c7_l
2週間後に、
「だいぶ普通に飲み込めるようになりました。飲み込む時の違和感は少々ありますが、引っかかることはなくなりました。そう言えば、全然むせなくなりました」

あなたも「納得できないことは絶対にイヤ!」と思っていたら、

「寛大に考えて先ず受け入れている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の喉が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【意見を最後まで言わなかったら、痰がからんだ!】からだ言葉セラピーカルテより

痰がからむ喉をスッキリさせた言葉
3fe21ee9235078edaaec257d6a928670_l
《人物》
40代男性、会社員
痰がからんで喉の調子が悪く、人と話すのが億劫だと悩んでいた

《性格》
気づかいができる・友好的
憶病・日和見

《原因となっている言葉》

「これ以上言わないでおこう」
遠慮して意見を最後まで言わずにいることが、つづいていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「意見を最後までしっかり伝えている!」
この言葉を10回言うと「胸の中に力が湧いてきた気がする。喉がいがらっぽくなくなった」と言いました。

この言葉を毎日20回以上ずつ言うことを提案しました。
また、「これ以上言わないでおこう」と思った時は、この言葉を意識して実行することも、提案しました。
ca90a58df54e59795fc65c664308be77_l
1週間後に報告があり、
「ほとんど痰がからまなくなりました。教えてもらった言葉を意識して、意見を最後まで言うようにしています」
と言っていました。

あなたも「これ以上言わないでおこう」と思っていたら、

「意見を最後までしっかり伝えている!」と言って、実行もしてくださいね。

あなたとあなたの大事な人の喉が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【扁桃腺その2・期待に応えられないと思ったら扁桃腺にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

慢性化した上に悪化した扁桃腺炎を癒した言葉
426de7cec9a77c9b9fc7d44713935bf6_l
《人物》
40代男性、雑誌記者
扁桃腺をしょっちゅう腫らしていたが、この頃ひどくなったと悩んでいた

《性格》
誠実・家族を大事にする
心配性・決めつける

《原因となっている言葉》

「期待に応えてあげられなくて、かわいそう」
自分の道を選んだため、親の期待には応えてあげられないと思っていた

《セラピーで処方した言葉≫

「自分の選んだことを、心から喜んでもらっている!」
この言葉を20回言ってもらうと、「喉の痛みが和らいだ。何だか背筋がしゃんとした!」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜に10回以上言うことを提案しました。
faa2ede37114deaa92a192421766a97d_l
3日後の報告で、
「まだ何とも言えませんが、とりあえず喉は今は痛くありません」
と言っていました。

1週間後に、
「今回の炎症は、おさまったようです」
と言っていました。

2ヶ月後に、
「あの後1ヵ月ほどの間に、今迄のひどさから言うと、3割程度の炎症が1回ありました。その後は、たまに違和感はありますが、言葉を言うとおさまっています。言葉通りにはなかなか思えない時のありますが、本当はそうなんですよね~。自分も息子がいるので分かります」
と言っていました。

あなたも「期待に応えてあげられなくて、かわいそう」と思っていたら、

「自分の選んだことを、心から喜んでもらっている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の扁桃腺が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【返答しなかったら扁桃腺がはれた!】からだ言葉セラピーカルテより

扁桃腺のはれと痛みを解消した言葉
67c493d2d5c7b7e41a35a43e6cc5d7b5_l
《人物》
30代男性、サラリーマン
扁桃腺がはれて痛く、声も出しづらいと訴えていた

《性格》
集中力がある・頭が良い
自分勝手・子供っぽい

《原因となっている言葉》

「面倒くさいな」
この言葉を思って、人から聞かれたことを無視したり、ちゃんと答えていませんでした。

《セラピーで処方した言葉≫

「楽しんで丁寧に答えている!」
この言葉を10回言ってもらうと、「喉が少し楽になって、うっとおしい気分が晴れた」と言っていました。
下記の2点を提案しました。
この言葉を、その日は就寝時まで繰り返し言うこと
全快するまでは、言葉を毎日30回以上言うこと
a65e22d629b01bb19a2b826bfd4023de_l
1週間後の報告で、
「扁桃腺の痛みは、翌日半分以下になっていた。翌々日の朝は、痛みがほとんど気にならなかったが、夜になると少しはれて痛かった。今は痛みもはれもすっかりとれた」
と言っていました。

あなたも「面倒くさいな」と思って返答していなかったら、

「楽しんで丁寧に答えている!」と言って、実行もしてくださいね。

あなたとあなたの大事な人の扁桃腺が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【向上せん!と思ったら、甲状腺にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

甲状腺の機能を向上させた言葉
d409e19a8f506ddd0f428e3b41bb1f02_l
《人物》
40代女性、OL
全身の倦怠感が強くて、やる気も出ず、顔もむくんできた。
甲状腺機能低下症と言われたと悩んでいた。

《性格》
努力家・向上心がある
人と比べる・自己評価が低い

《原因となっている言葉》

「こんなにやっているのに」
結果の出ないことがつづき、この言葉を思って、自分はダメだと思っていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「自分にベストなペースで、楽に向上しつづけている!」
この言葉を10回言ってもらうと、「楽な気分になってきた」と言っていました。
さらに10回言うと、「元気も出てきたかも」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜に10回以上言うことを提案しました。
どんな些細なことでも良いから、自分がしたことを誉める提案もしました。
2959ca1a7f0dfaa77557e65cfc79bfab_l
下記は、2週間後の報告です。

些細なことで自分を誉めるのは、最初はバカバカしくてやる気がしなかったです。
毎日言葉を言っているうちに、倦怠感が少し減ってきて、ふとやる気になりました。
朝起きたことも、ご飯を食べたことも、歩いたことも、買い物したことも、何でも誉めてノートにつけました。
3日間やりつづけたら、4日目に急に元気になりました。
あの辛い倦怠感が、なくなってきました。

後に、
「検査で甲状腺の機能は正常と言われました」
と言っていました。

あなたも「こんなにやっているのに」と思っていたら、

「自分にベストなペースで、楽に向上しつづけている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の甲状腺が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【言いたいことを言わなかったら咳が出た!】からだ言葉セラピーカルテより

しつこい咳を止めた言葉
a620c38223447b645d2179596a212e83_l
《人物》
30代男性、サラリーマン
咳が止まず、時々激しく咳き込む

《性格》
気遣い上手・優しい
気が弱い・心配性
《原因となっている言葉》

「なかなか言えない」
言いたいことを、なかなか言えずにいました。
《セラピーで処方した言葉》

「気楽に言っている!」
この言葉を、その場で10回言ってもらったところ、咳がだいぶおさまりました。
さらに10回言ってもらうと、咳が止まりました。

そこで、次の提案をしました。

1. この言葉を毎日30回以上言うこと
2. 特に人と話す前には、この言葉を思ってから話すこと
18fbd2a2498263fd347943d23891636d_l
その後の報告で、
① 翌日、咳の回数がかなり減りました。喉の違和感はずっとありました。
② 3日後、喉の違和感も30%程度になりました。
③ 4日後、思いきって言いたいことを言いました。そうしたら咳も喉の違和感もケロっと消えました!

と言っていました。

あなたも「なかなか言えない」と思っていたら、

「気楽に言っている!」って言ってくださいね。

あなたの喉が楽になりますように !

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。
ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
但し、一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは