687f8555af904dce1710bdfe94c6e6b1_l

【歯がゆい思いをしていたら奥歯にきた!】~からだ言葉セラピーカルテより~

奥歯の痛みを解消した言葉
080fb7b86a899e03743e7f820f699daa_l
《人物》
50代女性、主婦
奥歯が痛み、夜も満足に眠れないと嘆いていた

《性格》
正義感がある・積極的
被害者意識が強い・批判的

《原因となっている言葉》

「何で言わないの」
人の言いなりになっている夫に、歯がゆい思いをつのらせていました。

《セラピーで処方した言葉》

「(夫は夫にとって)必要なことを、充分に言っているからよい!
この言葉を10回言うと「あら、痛みが減ってきた」と言っていました。

この言葉を朝と寝る前に、10回ずつ言うことと、
「何で言わないの」と思ったら直ぐに、3回以上言うことを提案しました。

※( )の中は、ケースバイケースでかえて使ってください
687f8555af904dce1710bdfe94c6e6b1_l
2週間後の報告では、
「2,3日、奥歯は時々疼いていましたが、今はぜんぜん痛くないです。夫は夫らしく頑張っているんだなとも思えてきて、優しい気持ちになれました。この言葉、他のことにも応用して人間関係よくしています」とのことでした。

あなたも「何で言わないの」と思っていたら、

「(〇〇は〇〇にとって)必要なことを、充分に言っているからよい!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の奥歯が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【大事なことを切り捨てようとしたら、歯茎が出血!】からだ言葉セラピーカルテより

歯茎の激しい出血を止めた言葉
6bfeb1ede926baf8392cf90a0fc0c84d_l
《人物》
40代男性、ビジネスマン
突然、前歯の歯茎が出血して口中血だらけになり、うろたえていた

《性格》
意志が強い・即断力がある
頑固・目先の楽を選ぶ

《原因となっている言葉》

「オレにはそんなこと関係ない」
大事なことを提案してもらったのに、自分には不要だと、切り捨てようとしました。

《セラピーで処方した言葉≫

「先ず受け容れて判断している!」
この言葉を20回言って口をすすぐと「あっ!血が止まった」と言っていました。

この言葉を何度も言ってから、提案してもらったことを判断するよう提案しました。
40276b63650b9e54ece617286ca11051_l
1週間後の報告で、
「あれから歯茎は1度も出血していません。よく考えて、提案してもらったことを、やってみることにしました」とも言っていました。

あなたも「オレにはそんなこと関係ない」と思って切り捨てようとしていたら、

「先ず受け容れて判断している!」と言って実行してくださいね。

あなたとあなたの大事な人の歯と歯茎が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【口角その2・会話を避けたら口角が裂けた!】からだ言葉セラピーカルテより

裂けた口角をくっつけた言葉
03c9fc368736f87cca6967d0389dbd19_m
《人物》
20代男性、店員
口角が裂けて炎症を起こし、いつまでも治らないと悩んでいた

《性格》
慎重・真面目
引っ込み思案・苦手なことから逃げる

《原因となっている言葉》

「話すのは苦手だ」
この言葉を思って、人と話すのを避けていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「人と話すのが最高に得意だ!」
この言葉を10回言って、ゆっくり口を開けると「大きく口を開けても傷口が裂けない!」と言っていました。

口角の炎症がおさまるまで、この言葉を毎日30回以上ずつ言って、実際にも、もっと人と話すことを提案しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1週間後に報告があり、
「2日も経たずに口角の裂けたところは、くっつきました。その後も少し炎症は残っていましたが、それもおさまって、今は何ともないです。人と話す苦手意識はまだあります。とは言え前より楽です」と言っていました。

あなたも「話すのは苦手だ」と思っていたら、

「人と話すのが最高に得意だ!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の口が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【口角その1・言ってはいけないと思ったら、口角が裂けた!】からだ言葉セラピーカルテより

裂けた口角をくっつけた言葉
ef8e01afe408f1218e37c29afa854cef_l
《人物》
40代女性、派遣店員
口角が裂けて炎症を起こし、口を開けるとさらに裂け、痛みがひどいと嘆いていた

《性格》
責任感がある・慎重
憶病・人を信頼できない

《原因となっている言葉》

「絶対言ってはいけない」
あることに対して、この言葉を強い気持ちで思っていました。

「口が裂けても言えない」という言葉通り、口角が裂けてしまったのです。

《セラピーで処方した言葉≫

「必要なことだけ話しているから良い!」

この言葉を10回言うと「気が楽になった」と言っていました。
「絶対言ってはいけない」と思っていたことをイメージして、さらに10回言うと「口を開けても痛くない!」と言っていました。

下記の2点を提案しました。
口角の裂け目が塞がるまで、毎日この言葉を30回以上言うこと
「絶対言ってはいけない」と思った時は、その後すぐに、この言葉を3回以上言うこと
c69879a3c5a44e5227268dc201002515_l
3日後に、
「翌朝、口角がくっついてカサブタができていました。静かに口を開けても切れずに、1日過ごしました。次の日の夕方ごろカサブタが取れました。裂け目がキレイに塞がっていました」と言っていました。

あなたも「絶対言ってはいけない」と思っていたら、

「必要なことだけ話しているから良い!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の口が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【かみ合わないストレスが、噛み合わせにきた!】からだ言葉セラピーカルテより

噛み合わせを調整した言葉
7651d641203add4b75ed778d85f164fc_l
《人物》
50代女性、経営者
噛み合わせが悪く、アゴの関節まで痛くなってきたと訴えていた

《性格》
信念がある・情熱的
一方的・せっかち

《原因となっている言葉》

「話がかみ合わない」
仕事のパートナーや協力者に対して、何かにつけてこの言葉を思っていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「話がかみ合っている!」
この言葉を20回言うと、「奥歯のあたりの疼きが和らいできた。肩の力も抜けて楽だ」と言っていました。
話がかみ合わない相手をイメージして、さらに10回言うと、「アゴが楽になってきた」と言っていました。

この言葉を、毎日30回以上言うことを提案しました。
また、「話がかみ合わない」と思ったら、直ぐにこの言葉を3回以上言うことも、提案しました。
746145f3033e3a3c2af52e2e89fd7f70_l
2週間後の報告で、
「アゴの関節の痛みは20%ぐらいになりました。今までは、噛むとすごく衝撃があった歯が、そんなに気にならなくなりました。前より、話もかみ合っているように思います」
と言っていました。

1ヵ月後に、
「歯は、矯正しなくても大丈夫と言われたので、頑張ってみます」
と言っていました。

あなたも「話がかみ合わない」と思っていたら、

「話がかみ合っている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の嚙み合わせが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【発言を気にし過ぎたら口臭に出た!】からだ言葉セラピーカルテより

イヤな口臭を消した言葉
6a16218969d1efc7f5bbd79908125cc8_m
《人物》
30代男性、営業
イヤな口臭が気になり、人と話すのもストレスになると訴えていた

《性格》
想像力が豊か・気づかいができる
気が弱い・人の評価を気にする

《原因となっている言葉》

「怪しいと思われているかも」
自分の言うことを、人は変に思っているだろうと、想像していました。

《セラピーで処方した言葉≫

「自分の言うことは、素晴らしいと思われている!」
この言葉を20回言ってもらうと、「唾液が出てきた」「喉がジワジワする」と言っていました。

この言葉を、毎日30回以上言うことを提案しました。
また、人と話す前や話している時に、この言葉を意識する提案もしました。
027ef62d9b9aa876cec6a9c3c2e6502b_l
数日経ったころ、
「四六時中気になっていた口臭が、不思議と気にならなくなりました。ふっと、イヤな臭いがしたことがありますが、すぐ消えました。気持ちも楽です」
と言っていました。

あなたも発言を気にして「怪しいと思われているかも」と思っていたら、

「自分の言うことは、素晴らしいと思われている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の口が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【アドバイスをためらっていたら、口の粘膜にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

口内炎を解消した言葉
03c9fc368736f87cca6967d0389dbd19_m
《人物》
40代男性、ビジネスマン
口腔の粘膜が荒れ気味で、しょっちゅう口内炎になると悩んでいた

《性格》
優しい・配慮ができる
気が弱い・八方美人

《原因となっている言葉》

「言ったら、反発食らうかも」
この言葉を思って、厳しくアドバイスするのを、たびたびためらっていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「厳しく言って喜ばれている!」
この言葉を10回言ってもらうと、「唾液が出てきた」と言っていました。
さらに10回言ってもらうと、「口内炎の痛みが薄れてきた」と言っていました。

この言葉を、毎日20回以上言うことを提案しました。
また、厳しく言う必要がある時は、言う前にこの言葉を5回以上思うことも、提案しました。
e48739f4103a11b9d11f32db8a631762_l
3日後の報告で、
「口内炎が小さくなって、痛みも治まってきた」
と言っていました。

1ヵ月後に、
1. 4、5日で口内炎が消えた。
2. その後一度もならない。
3. 口の中の荒れも気にならない。
4. 厳しく言ったら「言ってもらって良かった」と喜ばれて、嬉しかった。
と報告がありました。

あなたも「言ったら、反発食らうかも」と思って、アドバイスするのをためらっていたら、

「厳しく言って喜ばれている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の口が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【歯がゆい思いをしていたら、奥歯にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

奥歯の疼きを解消した言葉
70f1825dcca944804c814cdc8f91851a_l
《人物》
40代男性、調理師
奥歯が疼き、ひどい時には食事に支障をきたす。

《性格》
真面目・努力家
感情的・一方的

《原因となっている言葉》

「もっとやってほしいのに」
この言葉を思って、身の周りの人達を歯がゆがっていました。

 

《セラピーで処方した言葉≫

「よくやってくれている!」
この言葉を10回言うと、「ほんの少しは良くなったような・・・」と言っていました。

特に歯がゆい相手をイメージして、さらに10回言ってもらおうとすると、
「嘘は言いたくない」と言いました。

「言葉」のメカニズムについて話をし、その上で言ってもらうと、
「不思議だけど痛くなくなった」と言いました。

この言葉を、毎日30回以上言うことを提案しました。
e6d72342268497a0f12338172d2374c4_l
3日後の報告で、
「奥歯は痛くなくなりました。でも、気持ちは歯がゆいですよ」
と言っていました。

その後、
「皆よくやってくれていると、思えるようになりまして。私も奥歯も楽ですよ」
という報告がありました。

あなたも「もっとやってほしいのに」と思っていたら、

「よくやってくれている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の奥歯が、楽になりますように!

(奥歯のない人は、以前奥歯のあった部位が楽になります)
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【イヤな感じだと思っていたら、舌にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

舌の痛みを消して食事を楽しめるようにした言葉
42401c6349f725225a909608b8dd7562_l
《人物》
20代女性、スーパー店員
舌が痛くて、食事をするのも辛いと訴えていた

《性格》
感受性が豊か・想像力がある
甘えん坊・許容力がない

《原因となっている言葉》

「イヤな感じ」
人に対して度々この言葉を思っていました。

《セラピーで処方した言葉》

「最高にいい感じ!」
この言葉を10回言ったところ、「口の中が楽になった気がする」と言っていました。
「イヤな感じ」と思っている相手をイメージして、さらに10回言ってもらうと、「舌の痛みが和らいだ!」と言っていました。

下記の提案をしました。
1. この言葉を、毎朝、昼、夜、10回以上ずつ言うことと
2. ふと「イヤな感じ」と思った時には、直ぐこの言葉を3回以上思うこと
d8489c213ad00187df0bbbf94ca2c010_l
その後の報告で、
「翌日から舌の痛みは半分程度になった。そのまま1週間ほど痛みがつづいたが、それから急に和らいだ。イヤな感じと思っていた人が、実はシャイなだけ、と分かったころだったと思う」と言っていました。

あなたも「イヤな感じ」と思っていたら、

「最高に良い感じ!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の舌が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【気づいたことを黙っていたら、唇が荒れた!】からだ言葉セラピーカルテより

荒れた唇を綺麗にした言葉
7850c35d96267fd31c3cb465b169d97a_l
《人物》
30代女性、美容師
「唇が荒れてどうしようもない」と悩んでいた。

《性格》
感性豊か・思慮深い
自信がない・本音が言えない

《原因となっている言葉》

「ま、黙っていよう」
この言葉を思って、気づいても言わないことがつづいていました。

《セラピーで処方した言葉》

「気づいたことを言っている!」
この言葉を10回言ってもらうと、「唇のヒリヒリ感が少し減った」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜10回以上言うことを提案しました。
特に人と会っている時は、この言葉をたくさん思うことも提案しました。
0bc885a341f70704d5da8a237b67301e_m
1週間後の報告で、
「唇のヒリヒリ感が30%ぐらいになって楽です。思いきってクリームをつけずにいたのですが、大丈夫でした」
と言っていました。

2週間後に、
「ヒリヒリ感は消えました。クリームもつけていません。気づいたことが前より言えます。見た目がイマイチなので、もっと頑張ります」
と言っていました。

あなたも「ま、黙っていよう」と思っていたら、

「気づいたことを言っている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の唇が、楽になりますように !
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは