【甘い考えが血糖値に出た!】~からだ言葉セラピーカルテより~

糖尿を未然に防いだ言葉
62b68547625e871425295df873fac775_l
《人物》
50代女性、経営者
不摂生はしてないと思うのに、健康診断で血糖値が高いと言われたと悩んでいた

《性格》
楽天的・自信がある
アバウト・誤魔化す

《原因となっている言葉》

「これぐらいはいいだろう」
気になるたびに甘く考えて、大事なことに取り組まずにいました。

《セラピーで処方した言葉≫

「気づいた時は常にチャンスだと思って、前向きに取り組んでいる!」
気になる大事なことをイメージして、この言葉を10回言うと「カラダが暖かくなった気がする」と言いました。

この言葉を、毎朝昼夜に10回以上ずつ言うことと、実行することを提案しました。
4f85973ea63195ba2aa06ee9814a8d1d_l
その後の報告で
「最初は言葉を言うのも実行するのも、少ししかやっていませんでした。
それでも言葉を言っているうちに、だんだんやる気も出てきて、前よりはだいぶ取り組んでいます。
先日、血糖値の再検査を受けたら、高値ですがおかげ様で正常値になっていました」
と言っていました。

あなたも「これぐらいはいいだろう」と思っていたら、

「気づいた時は常にチャンスだと思って、前向きに取り組んでいる!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の血糖値が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【やり残し感が不眠にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

寝つけない不眠を解消した言葉
1840718fc24dbbd6f21df41ccd5a8409_l
《人物》
40代男性、ビジネスマン
得意な仕事を任されて張り切っていたのに、夜寝つけなくなり、辛いと訴えていた

《性格》
綿密にできる・責任感がある
完璧主義・先を急ぐ

《原因となっている言葉》

「今日中にやっておきたかった」
仕事をやり残したという気持ちを引きずっていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「今日必要なことは、総てやり終えた!」
この言葉を20回言うと「頭と肩が楽になった」と言って大きなあくびをしました。

この言葉を、仕事を終えてから夜寝るまでに、30回ずつ言うことを提案しました。
2915775685798c67fb491ad43be17d98_l
3日後、
「寝つく時間はかわりませんが、言葉を言いながら眠ると、辛さが半分以下です」と言っていました。

1ヶ月後の報告で、
「よく寝つけるようになりました。グッスリ眠れてカラダは楽だし、仕事はもともと好きだし、楽しいです」と言っていました。

あなたも「今日中にやっておきたかった」と思っていたら、

「今日必要なことは、総てやり終えた!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の睡眠が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【邪魔されていると思っていたら、コレステロール値にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

高かったコレステロール値を下げた言葉
91ee2fb84f2f21ba116f7039bc362221_l
《人物》
30代男性、会社員
自覚症状はないがコレステロール値が高いと言われたと訴えていた

《性格》
信念がある・独自性がある
人のせいにする・思い込む

《原因となっている言葉》

「やろうとするといつも邪魔される」
邪魔されて、やりたいことがスムーズにできないと嘆いていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「協力してもらって、いつもスムーズに進んでいる!」
この言葉を10回言うと「気持が楽になった。肩から背中にかけて暖かい」と言っていました。

この言葉を、毎日20回以上言うこと、
「邪魔されている」と思ったら、直ぐにこの言葉を3回以上言って、気持ちをきりかえることを提案しました。
また、先入観をはずして、本当に邪魔されているのか考えると良いとのアドバイスもしました。
06bbac84d4b5878be7257f6719724675_l
1ヶ月後、
「この頃、邪魔されていると思うことが、ずいぶん減ってきました。結局は、できないのを人のせいにしていたんだと思います。そう思いだしてから、いろんなことがスムーズにいくようになりました。」と言っていました。

その後、
「会社の健康診断で、今年はコレステロール値が正常でした」と言っていました。

あなたも「やろうとするといつも邪魔される」と思っていたら、

「協力してもらって、いつもスムーズに進んでいる」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の血管が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【身につかない焦りで激痩せに!】からだ言葉セラピーカルテより

激やせにストップをかけた言葉
a04c660fdcc0cb60950a09c53117ba89_l
《人物》
40代男性、ビジネスマン
体重が急に減りだし止まらない。原因が解らず心配だと訴えていた

《性格》
自分に厳しい・優秀
人と比べる・結果にこだわる

《原因となっている言葉》

「いつまでやっても、こんなんじゃダメだ」
やっていることが、なかなか身につかないと、焦っていました。

※このケースでは「身につかない焦り」で痩せましたが、
逆に「身につかない焦り」で太るケースもあります。

《セラピーで処方した言葉≫

「必要なことは充分に身につけている!」

「いつまでやってても、こんなんじゃダメだ」と思っていることをイメージして、この言葉を20回言うと、
「カラダの芯が温かくなってきた。みぞおちやお腹の中も」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜、に10回ずつ言うことと、
「いつまでやってても、こんなんじゃダメだ」と思ったら直ぐに、この言葉を3回以上言うことを提案しました。
6b0b95eae15b6c479baf9b9d298fd957_l
10日ほど経って、
「体重が減るのは、どうも止まったようです」と言っていました。

1ヶ月後の報告で、
「体重は元に戻って、良い感じでキープしています」と言っていました。

あなたも「いつまでやっても、こんなんじゃダメだ」と思っていたら、

「必要なことは充分に身につけている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の体重が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【お金をドブに捨てたと思ったら下血した!】からだ言葉セラピーカルテより

下血による極度の貧血を解消した言葉
54b481ef4c4189779afb337bf7e217da_m
《人物》
40代女性、パートタイマー
下血して急激に極度の貧血状態になったと訴えていた

《性格》
献身的・身内を大事にする
本音が言えない・自主性がない

《原因となっている言葉》

「大事なお金をドブに捨てた」
身内のために不本意な出金があり、この言葉を思っていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「お金を有効に活用して得をしている!」
この言葉を20回言うと「長い目で見たら、この言葉の通りかもしれないと、少し思えてきた」と言っていました。

貧血状態が解消するまで、この言葉を毎日30回以上言うことを提案しました。
e0dfb2280e2419016774aa6f0f24aca1_l
2週間後の報告で、
「下血はすぐに止みました。貧血の方も今は正常値です」と言っていました。

あなたも「大事なお金をドブに捨てた」と思っていたら、

「お金を有効に活用して得をしている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の血液が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

 

【否定的な思考や会話が二日酔いにきた!】からだ言葉セラピーカルテより

癖になった二日酔いを解消した言葉
60830ff1528df2193461c276292b171b_l
《人物》
40代男性、会社員
アルコールには強かったのに、飲むたびに二日酔いになると、落ち込んでいた

《性格》
観察力がある・正義感がある
権威に弱い・人のせいにする

《原因となっている言葉》

「全くイヤになるよな」
この言葉を言ったり思ったりして、お酒を飲んでいました。

《セラピーで処方した言葉≫

「総てが楽しい!」
この言葉を20回言うと「気分は変わらないけどカラダが暖かい」と言っていました。

この言葉を、今から家に帰るまで何度も繰り返すことと、
お酒を飲む前、飲んでいる時、飲んだ後、この言葉を繰り返し思うことと、
普段「全くイヤになるよな」と、思った時も言った時も、その後すぐにこの言葉を3回以上言うことを、提案しました。
13c26c608a4c8fea476b8e4acf2e6b56_l
その後の報告で、
「最初はアホらしいと思ったけれど、言葉を言いつづけたら、なぜか気分がスッキリした。騙された気で実行したら、本当に二日酔いにならなくなった。だから普段も言葉を言っている」と言っていました。

あなたも「全くイヤになるよな」と思っていたら、

「総てが楽しい!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の体調が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【 頑なに自分を守ろうとしたらリンパにきた!】からだ言葉セラピーカルテより

リンパ節の腫れを引かせた言葉
f42290391584e5882a997837773505b7_l
《人物》
40代男性、自由業
耳の下あたりが腫れて痛み出し、首の付け根にも異物感があって痛い
リンパ節が腫れていると言われたと訴えていた

《性格》
信念がある・一途
人の話を聴かない・ 柔軟性がない

《原因となっている言葉》

「自分が絶対に正しいのに」
人の言うことを「非難」と思って、頑なに自分を守ろうとしていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「人の言うことを、味方のアドバイスと思って柔軟に受け入れている!」
この言葉を20回言うと、「頭が空っぽになった気がした。首や肩が楽になった」と言っていました。

この言葉を毎日30回以上言うことを提案しました。
7631704cac77881c0602e675a7035636_l
1週間後に報告があり、
「翌日、耳の下や首の付け根の痛みが減っていました。2、3日すると異物感もなくなってきました」

2週間後には、
「「病院に行ったら、快復がかなり早いと言われました。『快復』というよりも、前より調子が良くなっています」と言っていました。

あなたも「自分が絶対に正しいのに」と思っていたら、

「人の言うことを安心して受け入れて、柔軟に活用している!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の目まいが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【周囲に怯えて風邪引いた!】からだ言葉セラピーカルテより

風邪を引きやすい体質をかえた言葉
f02e4e486fef9043e4b094cb9b2edbf4_l
《人物》
30代男性、会社員
すぐ風邪を引き、ひと冬に何度も風邪を引くので、周りの人にも悪いと嘆いていた

《性格》
用意周到・理知的
気が弱い・受け身

《原因となっている言葉》

「攻撃されたらどうしよう」
何かにつけてこの言葉を思い、周囲に対して怯えていました。

※上記は、風邪を「引きやすい」人の例ですが、
それ以外にも、風邪の諸症状(発熱、悪寒、頭痛、鼻詰まり、鼻水、喉の痛み,咳など)それぞれに対応する言葉や思考の傾向があります。

《セラピーで処方した言葉≫

「周りはみんな味方だから安心だ!」
この言葉を10回言うと「肩の力が抜けて、リラックスした気分になった」と言いました。
さらに10回言うと「身体が暖かくなった」と言いました。

この言葉を、毎日30回以上言うことを提案しました。
b576fe219362eacba6c0f27cecf8a8da_l
1ヶ月後に、
「今までだったら、この時期少なくとも1度は風邪を引いているのに、今年は全然です」と言っていました。

4ヶ月後には、
「この冬は、全然風邪をひかずにすみました!周りの人が風邪をひいている時にも、大丈夫でした」と言っていました。

あなたも「攻撃されたらどうしよう」と思っていたら、

「周りはみんな味方だから安心だ!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の体質が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【糖尿その2・自分を甘やかしていたら糖尿にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

進んだ糖尿を癒した言葉
068064ad606e98975b21b3b9e3dbc1ec_l
《人物》
50代女性、自営業
糖尿が進んできた、眠気や疲れがひどく、足にしびれが出てきたと悩んでいた

《性格》
多才・楽観的
誤魔化す・先送りする

《原因となっている言葉》

「分かっているけど今はやらない」
この言葉を思って、大事なことから逃げる癖がありました。

《セラピーで処方した言葉≫

「大事なことに、今取り組んでいる!」
この言葉を「大事なこと」をイメージして10回言うと、「抵抗感がある」と言っていました。
さらに10回言うと、「足のしびれ感が少し減った」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜に10回以上ずつ言うことを提案しました。
また、実際にも実行する方が良いと提案しました。
fff3753d3e0589e2f05be9bc8a72bae3_l
1ヶ月後の報告で、
「足のしびれは気にならなくなりました。血糖値は波がありますが、少しずつ正常値に近づいているみたいです。疲れを感じる程度は、ひどい時の半分ぐらいです」
と言っていました。

あなたも「分かっているけど今はやらない」と思っていたら、

「大事なことに、今取り組んでいる!」と言って、取り組んでくださいね。

あなたとあなたの大事な人の血糖値が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【糖尿その1・自分に厳し過ぎて糖尿にでた!】からだ言葉セラピーカルテより

血糖値を下げた言葉
5d8ce5c94531bf2eb04fcf9b9e44cd37_l
《人物》
50代男性、会社員
疲れやすくて体調がすぐれず、食後にすごい眠気に襲われていた
血糖値が高いと言われたと訴えていた

《性格》
勉強家・真面目
自分を責める・依存傾向

《原因となっている言葉》

「やるべきことをやっていない」
しょっちゅう、この言葉を思って、自分を責めていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「やるべきことを、充分にやっている!」
この言葉を10回言ってもらうと、「気分が落ち着いた気がする」と言っていました。
「やるべきことで、やっていないと思うこと」をイメージして、さらに10回言ってもらうと、「すごく疲れていたのに、楽になった気がする」と言っていました。

この言葉を、毎朝、昼、夜に10回以上ずつ言うことを提案しました。
ad241f4fdb7efe4e1e71d4b88b0b2ffa_l
1週間後の報告で、
「疲れがとれてきました。食後の眠気も軽くなってきました」
と言っていました。

1ヶ月後に、
「血糖値がほぼ正常になりました。体調も良くなりました。検査で褒められました。言葉、つづけます」
と言っていました。

あなたも「やるべきことをやっていない」と思っていたら、

「やるべきことを、充分にやっている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の血糖値が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは