【恋の迷いが足首にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

捻挫した足首を快復させた言葉
666be2feaabe9dc59e2d971f51a20e8e_l
《人物》
20代男性、会社員
もともと不安定でだった左足首を捻挫して、いつまでも治らないと嘆いていた

《性格》
感性豊か・慎重
優柔不断・リスクを恐れる

《原因となっている言葉》

「失敗したら、めげるよなぁ」
フラれることをつい考えてしまい、彼女に対する行動にも迷いが生じていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「良いと思ったことを実行して、最高にうまくいっている!」
この言葉20回言うと「足首がジワジワして気持ちが良い」と言っていました。

この言葉を、足首が安定して歩けるようになるまで、毎朝、昼、夜に10回以上ずつ言うことを提案しました。
980adaa7340ca295f267e6ef20277430_l
1週間後の報告で、
「翌日から、足首の腫れが引きました。今は、サポーターをしっかり着ければ、痛みもさほど感じないでゆっくり移動できます」と言っていました。

1ヶ月後、
「普通に歩けるようになりました。彼女ともうまくいっています。行動に迷うことも減ったので良かったのだと思います」と言っていました。

あなたも「失敗したら、めげるよなぁ」と思っていたら、

「良いと思ったことを実行して、最高にうまくいっている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の足首が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です