澤田 俊天(さわだ としたか)

国家資格柔道整復師

かしこい心のメカニズム学協会 代表理事 創始者

澤田

1987年に兵庫県に澤田接骨院を開院。 「本質的な治療」「病気の根本原因」を知るために、整形外科勤務、構造医学、カイロプラクティック、オステオパシー、気功、ヒーリング、スピリチュアルなど、様々な療法を学び続けたが、治療理論と実際の効果に差があることに納得がいかず、「本質的な治療」「根本原因」を、さらに探求する

自身が14歳の時に、突発性頭痛を発症。大学病院で検査するが原因不明と診断される。年に5~6回発症。病院に行き注射や投薬をするが、痛みはまったく消えなかった。(後に片頭痛とわかる)

1998年「本質的な治療」を求めて上京。

あるきっかけから「本質的な治療」を見出す。それを体験的に積み上げ、言葉だけで病気を治す「からだ言葉セラピー」を開発。この方法で30年近く苦しめられた自身の片頭痛も克服。

スクールを開講して300人以上の生徒を輩出する。医者に肝嚢胞の手術を宣告されたにも関わらず、言葉だけで完治させた卒業生もいる。

2001年 「からだ言葉セラピー協会」「かしこい心のメカニズム学協会」を設立。
「からだ言葉セラピー」を発展させた「かしこい心のメカニズム学」は、人生総てを好転させることが可能。
(か)感情・(し)身体・(こ)言葉・(い)意識・心の、5つのメカニズムを実行すると、楽に生き、願望が達成できて、幸せになります。人は悩み、苦しむために生まれてきたのではないのです。それを世界中の人々に伝えていきます。

講演500回以上。