【飛躍できないと自分を責めて膝にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

伸び上がる時のヒザの激痛を解消した言葉
dfa2295a3774362e43f9f068b0f4925f_l
《人物》
50代女性、派遣社員
膝が痛く、伸び上がる時に激痛が襲うと訴えていた

《性格》
意欲がある・理想が高い
現象に囚われる・人と比べる

《原因となっている言葉》

「いつまでもこんなことしてちゃダメなのに、、」
自分はいつまでも飛躍できずにいると思って、自分を責めていました。

《セラピーで処方した言葉》

「自分にベストなペースで成長し、ベストなタイミングで飛躍している!」
椅子に座ってこの言葉を20回言ってから、立ち上がってもらいました。

「あんまり痛くない」と言っていました。

この言葉を、毎日30回以上、
特に、伸び上がる前や立ち上がる前には、たくさん言うよう提案しました。
b38b9e66edfd9e435a1fda48bf5ec2e1_l
3日後の報告で、
「歩いている時の膝の痛みは、5割程度になった。伸び上がる時はやっぱり痛いけど、激痛はなかった」
と言っていました。

1ヶ月後の報告で、
「その後、痛みは徐々に減った。2週間ぐらいで2割程度になった。1ヵ月たって、今はほとんど痛くない。伸び上がる時の激痛は一度も起こらなかった。軽くジャンプしても平気だった」
と言っていました。

あなたも「いつまでもこんなことしてちゃダメなのに、、」と飛躍できないことを責めていたら

「自分にベストなペースで成長し、ベストなタイミングで飛躍している!」と言ってくださいね。

あなたやあなたの大事な人の膝が楽になりますように !
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。
ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
但し、一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

【休息をないがしろにしてたら、ヒザにきた!】からだ言葉セラピーカルテより

痛くてしゃがめない膝を癒した言葉
8c54f66e2775b48376fe09646952ca90_l
《人物》
40代男性、会社員
しゃがもうとするとヒザが痛くてしゃがめない。太ももの前側も突っ張る。と訴えていた

《性格》
働き者・まじめ
自己評価が低い・心配性

《原因となっている言葉》

「ゆっくりしてなんかいられない」
この言葉を思い、何かをしていないと気が済まない癖がありました。

《セラピーで処方した言葉≫

「休息を大事にして、楽にはかどっている!」
この言葉を20回言ってしゃがもうとすると「ヒザは痛いけど今までの6割ぐらい。太ももは突っ張っていない」と言っていました。

この言葉を、ヒザの痛みが解消するまで、毎日30回以上言うことと、
「ゆっくりしてなんかいられない」と思ったら、この言葉を3回以上言ってから、休むか行動を起こすか決めるよう提案しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1ヶ月後の報告で、
「ヒザの痛みは日毎に減ってきて、1週間ほどで2、3割になり、2週間ほど経ったら消えました。太ももの突っ張りも全然気にならなくなりました。膝もですが、仕事や日常がすごい楽です」
と言っていました。

あなたも「ゆっくりしてなんかいられない」と思っていたら、

「休息を大事にして、楽にはかどっている!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人のヒザが、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

【伸び伸び行動できなくて膝にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

立ち上がる時のヒザの激痛を解消した言葉
fa76f4f296c1f7b864ff08e07553edfb_l
《人物》
20代女性、主婦
膝が痛く、立ち上がる時に激痛が襲う

《性格》
意欲がある・気配り上手
常識に囚われる・気が弱い

 

《原因となっている言葉》

「やってもいいかな」
思いきって伸び伸びと行動することが、できずにいました。

 

《セラピーで処方した言葉》

「伸び伸び行動している!」
この言葉を20回言ってから、立ち上がってもらいました。

「あんまり痛くない」と言っていました。

 

この言葉を、毎日30回以上、
特に、立ち上がる前には、たくさん言うよう提案しました。
895803ce61edc1affb202e140481ea8f_l
翌日の報告で、
「膝の痛みは6割程度になった。立ち上がる時の激痛は一度も起こらなかった」
と言っていました。

1ヶ月後の報告で、
「その後、痛みは徐々に減った。2週間ぐらいで2割程度になった。1ヵ月たって、今はほとんど痛くない。1ヵ月の間、立ち上がる時の激痛は一度も起こらなかった」
と言っていました。

あなたも「やってもいいかな」と思って伸び伸び行動できずにいたら

「伸び伸び行動している!」と言ってくださいね。

あなたの膝が楽になりますように !
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。
ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
但し、一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは