【引き受け過ぎて胃にきた!】からだ言葉セラピーカルテより

胃の痛みと重みを解消した言葉
652212c71ffe3370d4c5509e2cb1f593_l
《人物》
40代女性、公務員
胃が重たかったが、放っておいたら痛み出したと訴えていた

《性格》
働き者・判断が早い
頼めない・断れない

《原因となっている言葉》

「こなしきれないゎ、、」
言われたことを次々引き受け過ぎて、いっぱいいっぱいになっていました。

《セラピーで処方した言葉》

「余裕で楽にこなしている!」
この言葉を10回言ったところ、「痛みが少し収まってきました」と言っていました。

胃が気にならなくなるまで、この言葉を毎日30回以上言うことと、
「こなしきれないゎ、、」と思ったら、この言葉を3回以上言うことを提案し、
時には「断ったり、人に協力してもらうこと」を、よいと思って実行するようアドバイスしました。
8518dddd83cb885fd6aaf4e4cf9b34dc_l
1週間後の報告で、
「胃の痛みは度合いも頻度も徐々に減って、3日めには出てこなくなりました。重たい感じは残っていましたが、人に協力を頼んでうまくいったら、翌日からスッキリしました」
とのことでした。

あなたも「こなしきれないゎ、、」と思っていたら、

「余裕で楽にこなしている!」と言って、時には断ったり人に頼んでくださいね。

あなたとあなたの大事な人の胃が、楽になりますように !
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です