【してもらえないと思っていたら、人差し指が痺れた!】からだ言葉セラピーカルテより

人差し指の痺れを解消した言葉
4507bc863af5c62d67194eb74f1a251f_l
《人物》
50代女性、自由業
人差し指が変だと思ったら、痺れて感覚がなくなっていたと訴えていた

《性格》
奥ゆかしい・辛抱強い
ハッキリ言わない・八方美人

《原因となっている言葉》

「何でしてくれないの」
頼んだことはもとより、当然してもらえると思ったことも、してもらえず苛立っていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「必要なことは直ぐしてもらっているからよい!」
この言葉を10回言うと「痺れが減って、指の感覚が戻ってきた」と言いました。

この言葉を、毎日30回ずつ言うことを提案しました。
3f0969d1237525e6f99ded600b7e8be0_l
1週間後の報告で「人差し指の痺れは消えました」と言っていました。

あなたも「何でしてくれないの」と思っていたら、

「必要なことは直ぐしてもらっているからよい!」と言ってくださいね。

あなたとあなたの大事な人の人差し指が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です