【後ろ髪引かれると後頭部が薄くなる!】からだ言葉セラピーカルテより

後頭部の髪を復活させた言葉
f7f5b957a0796d1f27c3f6a25d5b4784_l
《人物》
40代男性、商社マン
海外に赴任して元気でやっている。後頭部がずい分薄くなったと言われて気にしている。と言っていた

《性格》
優しい・責任感がある
心配性・人を蔑む

《原因となっている言葉》

「残して来ちゃったけど大丈夫かな」
独り暮らしの母親を、後ろ髪をひかれながら、本国に残してきていました。

《セラピーで処方した言葉≫

「母にも良かったと確信をもって、安心して大活躍している!」
この言葉を10回言うと「特に変化はないけれど、言葉を言うと嬉しくなる」と言っていました。

この言葉を毎日20回以上言うこと、
「残して来ちゃったけど大丈夫かな」と思ったら、即この言葉を3回以上言うことを、
提案しました。

※この言葉は、
「母」を「両親、父、妻、子供」などにかえても活用できます。
613c536b3f3c5975e395e6b6bb79a137_l
1ヶ月後の報告で、
「後頭部の髪が、少し濃くなってきたと言われました。母はすごく元気にやっているようです。安心して仕事に専念しています」と言っていました。

あなたも「残して来ちゃったけど大丈夫かな」と思っていたら、

「母にも良かったと確信をもって、安心して大活躍している!」と言ってくださいね。
(「母」を「両親、父、妻、子供」などにかえても活用できます)

あなたとあなたの大事な人の後頭部が、楽になりますように!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「からだ言葉セラピー」
病気や症状は、私達のからだが、私達に発信してくれているメッセージです。
そのメッセージを明らかに出来るのが「からだ言葉セラピー」です。
「からだ言葉セラピー」では、症状を解消するために「言葉」を処方します。

人によっては「言葉だけで良くなるのですか?」と言われます。

それは、あなた自身で体験してみてください。

ここで、紹介している症例は、実際にあった体験を元に書かれています。
※一部汎用しやすいように「言葉」を変更している場合もあります。

善は急げ!皆さんも実際に体験してみてくださいね。

「からだ言葉セラピー」について、詳しく知りたい方はこちら

からだ言葉セラピーとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です